マイレンブラボー!な新国「ライモンダ」3日目♪
2009/02/12(Thu)
やっぱりマールイの後に見るのはちょっといろいろ大変だったのですが、どうしてもデニスを見たくて取ったチケットだったし・・・。

そのデニスは衣装のせいかもしれませんが、一年半前のドン・キのときより少し逞しくなったような気がします。 ザハロワを見つめる眼差しがとても優しくて落ち着いていて、もう少年の面影は全くなくなったなぁ・・・(もうじき30歳のお誕生日なんだから当たり前ですけど、ちょっと淋しい)。
とっても好調な彼の踊りにはしなやかさが増したような気がします。

新国の「ライモンダ」は初演からずっと見ているので、ザハロワのライモンダもこれで3回目です。
ウヴァーロフ、コルスンツェフ、マトヴィエンコとそれぞれパートナーも違いますが、彼女のライモンダも初演時とは全く違う。 ややおっかなびっくりでお手本通りのライモンダから、今ではすっかり自信に満ちた彼女だけのライモンダになっています。 踊りも上半身や腕の動きにアクセントが多く、情熱的なライモンダだったように思います。 それが時々雑にも見えかねないなと思いましたが・・・。 ラストの圧巻ヴァリはライモンダというより、もう「ザ・ザハロワ!」という感じでした。

そして今日の私的一番はマイレンのチャルダッシュ!!
脚の動きがためがあって美しくて素晴らしく、踊りのニュアンスも思いっきりハンガリアンでした! 客席に向ける熱のこもった視線も、うーたまらん!
あとはサラセンの寺島まゆみさんの弾けた踊りがラブリーで上手!

と、まぁ、今日はこんなところで。
(コメントのお返事、遅れていましてすみません。 明日までお待ちくださいませ)

今回のライモンダのウェルカムフラワーです。
ライモンダ0212

この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<新国「ライモンダ」 2月12日(ザハロワ&マトヴィエンコ)の感想 | メイン | マールイ「白鳥の湖」 1月24日(ペレン&ヤフニューク)の感想>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/1386-55f1dfdb

| メイン |