2016/06 ≪  2016/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2016/08
オールスター・バレエ・ガラ プログラムA 7月23日
2016/07/31(Sun)
「カルメン組曲」より
振付:A.アロンソ
音楽:ビゼー/シチェドリン
ウリヤーナ・ロパートキナ、アンドレイ・エルマコフ


なんとも往生際が悪いというか・・・、こんな事を願ってはいけないのだけれど、最後の最後までロパートキナのパートナーが急遽ダニーラに変わったりしないかしら!と願いつつサイトをチェックしつつ迎えた初日でございました・・・。 
ロパートキナは彼女らしい凜とした雰囲気に妖艶さが入り混じるようなカルメンで、もうちょっとすれた強さのようなものがあれば尚良かったとは思いますが、ロパートキナですものね。 細かいステップにも大胆な動きにも肢体の美しさが生きている踊りはさすがです。 ただエルマコフの演技と踊りがあまり冴えなかったのでドラマという意味では物足りず、念願のロパートキナのカルメンなのにいまいち感動がなかったのが残念。 


「ジゼル」よりパ・ド・ドゥ
振付:M.プティパ
音楽:アダン 
ニーナ・アナニアシヴィリ、マルセロ・ゴメス


登場したジゼルに一瞬誰?と思ってしまったほどニーナの身体が厚い。 チュチュは膨らませないで自然な形に落としておいた方が重量感が軽減されたのではないかと。 そんなヴィジュアルのせいもあり、精霊というよりもまだこちら側から去ることのできないマリア様的な母性と慈愛に満ちた生身のジゼルに思えました。 それでも彼女の動きは柔らかくてとても綺麗でした。
そしてそんなニーナをしっかりとサポートしてジゼルとして舞わせたゴメスの献身には背筋を正したい気持ちに。 バレリーナをサポートする男性ダンサーの鏡の中の鏡のような人ですね。 ゴメス自身はサポートだけに力を使い果たしたわけではなく、きっちりアルブレヒトとしてそこに立っていたし、踊りにも余裕があり、大きなジャンプにも関わらず着地の足音がとても静かなのには感心させられました。 
通常のパ・ド・ドゥにジゼルとアルブレヒトの別れのシーンを付け足して物語性を強く持たせたのも効果的だったと思います。


「Tango y Yo」
振付:E.コルネホ
音楽:ピアソラ
エルマン・コルネホ  


自作であるだけに彼のチャーム120%という感じでしたが、特に動から静へのムーヴメントの転換がとても綺麗だったのが印象的。 帽子の使い方も小粋でかっこいい。


「トリスタン」よりデュエット<トリスタンとイゾルデ>
振付:K.パストール
音楽:ワーグナー
スヴェトラーナ・ザハーロワ、ミハイル・ロブーヒン  


個人的にはこの日の白眉。 
細く長く美しい手足、整った美しい顔立ちと、神様もこれ以上与えるものはないでしょうというくらいの完璧な容姿でこれほどのパフォーマンスを見せられたら、もうため息しか出てきません。 しなやかな肢体での表現は圧巻でした。 これほど音楽と一体になって、振付と音楽を自分の身体に取り込んでしまったようなザハロワは初めて見たような気がします。
ロブーヒンも優しく堅実なサポートとしっかりした踊りで素晴らしかったです。 


「レクイエム」より
振付:K.マクミラン
音楽:フォーレ
アレッサンドラ・フェリ
(ソプラノ:安藤赴美子) 


マクミランが敬愛するジョン・クランコを追悼して創作したソロ、パ・ド・ドゥ、群舞など7曲からなる1幕バレエの第4曲で、ソプラノ独唱(慈悲深いイエスよ)に振付けられた作品との事です。
フェリはまるで純真無垢な少女のようで、純粋な祈りの気持ちがそのまま鎮魂の踊りとなっているようでした。 ただ席がかなり前の方だったせいか、ソプラノの音量が若干大きく感じ、時々そちらに気を取られてしまいました。 もう少し後ろだったら気にならなかったかな?


「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」
振付:G.バランシン
音楽:チャイコフスキー
ジリアン・マーフィー、マチアス・エイマン


軽快で明るいはずの音楽がなぜが錘でもついているかのように重く感じられ、管のソロもどんよりした感じで、特にアダージョは踊りの振付と音楽の乖離具合がかなりストレスでした。 ジリアンとエイマンの呼吸もいまひとつ合っていないというか、エイマンが少し遠慮がちのように見えて序盤は爽快感が少し足りない気がしましたが、ジリアンの調子が尻上がりに良くなった後半は良かったです。 彼自身の踊りはさすがのエレガントさでジャンプの踏み切りや着地の柔らかさが印象的。

[休憩]

「トッカーレ」
振付:M.ゴメス
音楽:伍家駿 
カッサンドラ・トレナリー、マルセロ・ゴメス
(ヴァイオリン:小林美恵、ピアノ:中野翔太


今年6月に亡くなった、ABTのスポンサーの一人で、2012年にこの作品が初演された際にも多大なる援助をして支えたというMr.Fred Shenへのオマージュとして上演。
シャンパンゴールドのレオタード姿のトレナリーはやや小柄で身体能力のとっても高そうなダンサーです。 複雑そうなステップも軽快でリフトされた時の体のコントロールも上手かったです。  磐石なサポートぶりの上半身裸のゴメスには筋肉美を堪能させてもらいました。


「グルックのメロディ」
振付:A.メッセレル
音楽:グルック
ウリヤーナ・ロパートキナ、アンドレイ・エルマコフ
 

ペレンとマラトも最近よく踊っている作品ですね。 ロパートキナのポーズの美しさ、上品さが際立ちます。 ストールを優雅にたなびかせるロパートキナはまさしく天上の女神の神々しさでした。 
エルマコフは担ぎ手としての任務は無事遂行。 
ロパートキナが選んだパートナーという事は重々承知していても、ダニーラだったらカルメンだってグルックだって、もっともっとロパートキナが輝いたわ!!と諦めがつかない自分はどーしようもない・・・。 でも、2作品を見て、そしてすべての演目を見終わった後に心底そう思ったのでした。


「海賊」より寝室のパ・ド・ドゥ
振付:K.セルゲーエフ/A.M.ホームズ
音楽:アダン他
ジリアン・マーフィー、マチアス・エイマン


ジリアンのピンクのひざ丈ドレスがチャイパドと似ていたので、色なりデザインなり違えば良かったのに。 ガラで海賊のこのシーンを上演するのは珍しいですよね。 しっとり熱く互いの高まる想いは伝わって来たけれど、エイマンの雰囲気にはコンラッドがあまり合ってはいないし、リフトばかりで踊りの見せ場がなくてもったいなかったなぁ。


「ロミオとジュリエット」第3幕より寝室のパ・ド・ドゥ
振付:K.マクミラン
音楽:プロコフィエフ
アレッサンドラ・フェリ、エルマン・コルネホ 


フェリにとってはマクミランのジュリエットは自分の分身といってもいいのかもしれないですね。 プロコフィエフの音楽が流れればすぅーっとすぐその人生に入り込めるような。 ロミオへの愛情、悲しみ、切なさ、彼を失うかもしれない恐怖のようなものすら入り混じったジュリエットの感情をものの見事に振付にのせてしまっている。 年齢による衰えなども微塵も感じさせなかったと思います。 コルネホとは身長のバランスも良く息もとても合っていたのですが、彼のロミオは自分の好みではなかったので・・・。


「瀕死の白鳥」
振付:M.フォーキン
音楽:サン=サーンス
ニーナ・アナニアシヴィリ
(チェロ:遠藤真理、ピアノ:中野翔太)


ニーナの瀕死をチェロとピアノの生演奏で見られるなんて贅沢ですね。
なんと言ったらいいのか・・・、近づいてくる死に堂々と向かい合っている強さのようなものを感じてしまいました。 あぁいう波打つような腕の白鳥を久しぶりに見たなぁ。 


「海賊」よりパ・ド・ドゥ
振付:M.プティパ
音楽:アダン/ドリゴ
スヴェトラーナ・ザハーロワ、ミハイル・ロブーヒン


この日のトリにふさわしい、なんとも華やかで輝かしく美しいザハロワのメドーラ。 ここまでチュチュはニーナの白鳥だけだったので、彼女のゴージャスなチュチュ姿にこれぞクラシック・バレエ~~と心も弾んでしまうほど。 一つ一つのクラシックラインも非常に美しく、めりはりの効いたシャープな動きも素晴らしかった。 ロブーヒンもソフトにダイナミックなアリを好演。 クラシックのパートナーとしてはザハロワは若干大きすぎるような気もしますが、サポートは万全ですね! 


フィナーレはペアが次々に出てきてそれぞれの作品の一部を踊るというよくある演出。 途中から入り乱れてしまったのでぶつかるんじゃないかとちょっとハラハラしましたが。 フェリとコルネホはBプロのル・パルクのキスシーンを早々に♪ 疲れも見せずに快速のピケターンを披露してくれて相変わらずのサービス精神旺盛ぶりを見せてくれたニーナにも感謝です。
この記事のURL | バレエ鑑賞記 2016年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
来年3月にニーナ・アナニアシヴィリの最後のクラシック・ガラ
2016/07/24(Sun)
昨日はオールスター・バレエ・ガラのAプロを見て来ました。
ニーナもフェリも類稀なプリマという事を改めて感じさせ、ロパートキナも良かったんですが、自分的にはザハロワの圧巻のパフォーマンスにいたく感動した公演でした。 いろいろな事に今充実の時を迎えているのかなぁ。 本当に素晴らしかったです。
そして公演の後は地元で飲み会。 地元の飲み会は電車の時間など気にするものはな~んにもないですから、久々午前様でした・・・。 今日はちぃーと辛い感じ(笑)。

さて、会場でもらったチラシの中に来年の3月中旬に予定されているニーナ・アナニアシヴィリの公演案内がありましたのでお知らせ。

ニーナ・アナニアシヴィリの軌跡 ~最後のクラシック・ガラ~
3月16日(木)~20日(月・祝) 東京文化会館大ホール


ニーナにとって最後のクラシック・バレエのステージとなる公演だそうです。

Aプログラム
 3月16日(木) 19:00
 3月18日(土) 15:00

 「白鳥の湖」より第2幕・4幕
 「セレナーデ」
 「眠れる森の美女」より/ほか 

Bプログラム
 3月19日(日)   14:00
 3月20日(月・祝) 14:00

 「タイス」パ・ド・ドゥ
 「モーツァルティアーナ」
 「ドン・キホーテ」より/ほか 


ジョージア国立バレエ団ほか、豪華ゲストダンサー出演予定との事。

一般発売は10月の予定ですが、料金は以下の通り
S席18,000円、A席14,000円、B席11,000円、C席8,000円、D席5,000円(税込)

てっきり主催はジャパン・アーツかと思っていましたが、TBSです。 
このチラシの先行申し込み書が最速先行予約だそうで、チケットスペースのHPにはまだ情報の掲載はないようですが、調整中の演目、出演者等は決まり次第HPなどでお知らせとの事です。
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バレエの王子さま 7月15日
2016/07/19(Tue)
15日の初日に見て来ました。 会場が文京シビックホールだという事をすっかり忘れていて、危うく上野に行ってしまうところでした。  終演は何時くらいだろうとサイトを確認した時に気がついて助かりましたが・・・。


- 第1部 -

オープニング
振付:ロマン・ノヴィツキ― 
音楽:オスバルド・フレセド
全員


幕が上がるとそこにはシムキンが。 彼がこの場をしきって他のダンサーを紹介するのかと一瞬思ったけれど、順番に出て来て踊ってははけ、また出て来て踊ってちょっとポーズを取ったりかっこつけてみたりと思い思いに。 最後に皆がそろって顔見せ終了♪


「バレエ101」
振付:エリック・ゴーティエ
音楽:イェンス・ペーター・アーベレ
ウラジーミル・シクリャローフ


振付のゴーティエはモントリオール生まれでコンテンポラリー作品で才能を発揮したダンサーだそうですが、この作品は2006年に発表しいくつかの賞を受賞した出世作の一つとの事です。
最初の英語のナレーションをこの公演の案内の英語での場内アナウンス?と思って聞いていたら、バレエ用語はフランス語だけど云々・・・、クラシックの基本ポーズを1から100まで紹介していく・・・正確には101だけど・・・云々、もう始まっていたのですね。
シクリャローフの太股が意外に(マリインカの来日でもあまり彼は見ていない)しっかり太いのにちょっとびっくりでしたが、あのくらいの太さがなければダメかしら?とも思うかなり足にきそうなハードな作品。 1番から100番まで順番にポーズを取った後は、ナレーションが挑発的に指令するランダムな番号のポーズを言われるままにとり続ける・・・。 これがまたかなり速いスピードなので、なんかもうシゴキのレベル?(笑) 爽やかな余裕の笑顔から、だんだん引きつり気味な笑顔に変るシクリャローフ。 それでもポーズは美しかったです。 ただ、人形の手足胴体がバラバラになっていたオチである101番のポジションは個人的にはいささか悪趣味に感じられ受けつけず。


「水に流して」
振付:ベン・ファン・コーエンベルグ
音楽:エディット・ピアフ
サラ・ラム


コンテではあるけれど、クラシックの要素も取り入れられた粋な作品。 サラ・ラムがとても楽しそうに音楽と戯れているようなのも良かった。


「ファイヤーブリーザー」
振付:カタジェナ・コジルスカ
音楽:ルドヴィコ・エイナウディ
ダニエル・カマルゴ


シュツットガルト・バレエ団でダンサーとしても活躍したコジルスカがカマルゴのために振付けた作品との事。
カマルゴは昨年のシュツットガルトの「ロミジュリ」でマキューシオを見た時に跳躍力と軽快な身のこなしが素晴らしいと思ったダンサーですが、この作品はそんな彼の身体能力の高さを見せるためのような作品。 カマルゴは必要以上に力むこともなくパワフルにしなやかに表現するのが凄いなと。 いいダンサーですね! この人の踊りをもっと見たくなりました。


「予言者」(世界初演)
振付:ウェイン・マクレガー
音楽:テリー・ライリー
エドワード・ワトソン


上半身裸で黒の長タイツというカマルゴと全く同じスタイルのワトソンを見た瞬間には、なぜ同じようなものを続ける?とも思いましたが、さすがはワトソンで、あっという間に彼独特のストイックで危うく深みのある世界に持っていく。


「タンゴ」よりソロ
振付:ハンス・ファン・マーネン
音楽:アストル・ピアソラ
ウラジーミル・シクリャローフ


上下とも黒。 上は若干ゆったりしたブラウス系に黒のタイツで先ほどの101のがっちり体型とは違い、ほどよく締まって細く見えます。 少年っぽさがすっかり消えた年相応の男性らしい顔つきに色気も見えて、ダンスにも切れがあって、気持ちも乗っていてとても良かったです。


「同じ大きさ?」
振付:ロマン・ノヴィツキ― 
音楽:ハズマット・モディーン/ウェイド・シューマン/バハムート
ダニエル・カマルゴ、レオニード・サラファーノフ、ダニール・シムキン


シュツットガルト・バレエ団のプリンシパルであるノヴィツキー振付作品で、昨年のバレエ団のガラでも上演されていたのですね。 3人の若者が他の2人を出し抜こうとして奮闘するユーモラスな小品との事。
出し抜くといってもそこに狡猾さとか抜け目なさというようなものはなく、気の知れた仲のいい友達同士がちょっとふざけてみたみたいな感じかな? 3人とも楽しそうなんだけど、技の競い合いは真剣そのもの。 表情豊かなシムキンとすっとぼけた感じのサラファーノフに対し、ご本家のカマルゴがわりと生真面目路線なのがちょっと意外だったのですが、これ、シュツットガルトのダンサーによるスタンダードはどんな感じなんだろう?


「マノン」より"第3幕のパ・ド・ドゥ"
振付:ケネス・マクミラン
音楽:ジュール・マスネ
サラ・ラム、 エドワード・ワトソン


「同じ大きさ?」までの流れからは全く繋がらない「マノン」の沼地のPDD。 バレエフェスのようなガラでもここだけを持ってくるのは大変なのに、ここでこれ?みたいな唐突感が大きすぎ・・・。
それでもラムとワトソンの没入度は半端なく、アクロバティックなリフトも危なげなく決まって、最後には思いっきり惹き込まれてしまいました。 ワトソンの役者的技量は凄いですね。 


- 第2部 -

「エチュード」
振付:ハラルド・ランダー 
音楽:カール・チェルニー/クヌドーゲ・リーサゲル

(ゲスト)
エトワール:マリア・コチェトコワ
レオニード・サラファーノフ
ウラジーミル・シクリャローフ
ダニール・シムキン

白の舞踊手(ソリスト):沖香菜子 岸本夏未
東京バレエ団


東京バレエ団のメンバーもここ数年でけっこう変わっていて、最近は見る機会が減っているのでソリストとして名前が出ているダンサー以外で分かるダンサーがめっきり少なくなってしまいました。
奈良さん、乾さん、吉川さんしか自信がない・・・。 最初のバーレッスンで足の上げ方やポーズが好みのバレリーナがいたのだけれど誰なのかな? 沖さん、岸本さんはじめ、女性ダンサーたちの踊りはとても安定していたし、コール・ドとしての動きも綺麗だったと思います。 男性ダンサーは、もっとみな身長が高くてラインが綺麗だったらば・・・と思わない事もないですが、こればかりは仕方がない。
コチェトコワはもうちょっと女王然としていても良かったけれど、踊りの安定感は抜群でキレもあり3人のパートナーたちとのコンビネーションも問題なく見事だったと思います。 シクリャローフはシルフィードのサポートだけでしたが、愛らしいコチェトコワに爽やかな甘さが加わってロマンティックシーンの演出にちゃんと一役買っていましたね。 ここでは上下白の衣装で、衣装によっての印象の違いというのも改めて感じた事でありました。 シムキンは余裕を感じさせる踊りなのだけれど、相方がサラファーノフだったのがちょっと気の毒だったような気がしないでもない。 サラファーノフも圧巻という見せ方ではなかったですが、しなやかでエレガントでやはり素晴らしいダンサーですね。


フィナーレ
振付:ロマン・ノヴィツキ― 
音楽:ジョルジュ・ビゼー
全員


540連発していたシムキンに、大サービスというより本番で出し切れていなかったのかな??とも思ったり。



とても充実した公演でしたが、最初にバレエの祭典の速報でマックレーとサラファーノフ出演の「バレエの王子様」と発表した時点では、いったいどんな構想があってどんな公演を手がけたかったのだろうと疑問に思わずにはいられなかったです。
バレエで王子様と言ったらクラシック作品でお姫様とのPDDと思っちゃいますよね。 一人のダンサーの冠ガラではないとタイトルの付け方も難しいのでしょうが、あまりにタイトルのイメージと内容がかけ離れていると、「こんなはずじゃ・・・」とか、「それなら見たかったのに・・・」という事にもなってしまうし。
個人的にはやけに上機嫌なシクリャローフと笑顔を見せないカマルゴ(緊張していたようには感じなかったけどなー)の対照的な二人が印象的でしたが、カマルゴにかな~り興味を持ちました。 もちっと身長があったら理想的ですが、今後どのようなダンサーに成長していくのか楽しみです。 シュツットガルト・バレエ団を離れる彼をこれからも見られる機会があると良いのですけど。

この記事のURL | バレエ鑑賞記 2016年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シクリャローフのゲストプリンシパル取り消し
2016/07/16(Sat)
来年のマールイの来日はなしとの事に意気消沈して、しばらくミハイロフスキー劇場のHPも見ていなかったのですが、来シーズンからゲストプリンシパルになる予定だったシクリャローフが個人的な諸事情によりという理由で契約を取り消したそうです。 7月9日付けで劇場のNewsに掲載されています。 こちら
シクリャローフは昨日からの「バレエの王子様」に出演しており、チラシに使われている昔の写真と違って年相応の男性らしい顔つきになって頼もしい雰囲気になってきたなぁぁなどと感心したりしたばかりですが、いろいろと難しい問題もかかえているんですね・・・。
先日ゲストプリンシパルになったと記事をあげてしまいましたので、遅まきながらアップデート致します。

さて、本日はボリショイの夢倶楽部WEB単券発売でした。 あれからいろいろ考えてセット券申し込みは止め、白鳥とパリの炎を1公演ずつ見ることとしたので、さきほどブロック指定で購入しました。 それぞれまずまずの席が取れたので良かったです。 あとは自分の前の人の座高が高くないのを祈るのみ!(笑)

この記事のURL | バレエ・マールイ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
シクリャローフがマールイのゲストプリンシパルに
2016/07/05(Tue)
ミハイロフスキー劇場は「眠りの森の美女」で来シーズンの幕を開けますが、その初日、9月13日のデジレ王子にウラジミール・シクリャローフがキャストされているので、おや?と思ったら、来シーズンよりミハイロフスキー・バレエのゲストプリンシパルになるようです。 こちら。 12月3日の「ドン・キホーテ」のバジルも踊る予定。 シクリャローフは来期はゼレンスキーが監督となるミュンヘン・バレエと契約をしたとの事なので、ペテルブルグにおいてはマリインスキーではなくミハイロフスキーで踊るという事なのでしょうか?  ルジマトフ、サラファーノフ、ワシーリエフ、シクリャローフ、フォーゲル、セミオノワが劇場のダンサーとして出演するマールイの舞台、ほんとーにケフマン体制になったこの10年の間に変りましたねぇ。
さて、来シーズンは11月に「ラ・シルフィード」の新作プレミアが予定されています。 ブルノンヴィル版をメッセレルが改訂するのですね。
この記事のURL | バレエ・マールイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ボリショイ2017年日本公演 主演キャスト
2016/07/02(Sat)
ボリショイのキャストが発表になりました。 こちら

ジゼル
 6月04日(日)13:00 エフゲーニヤ・オブラスツォーワ/イーゴリ・ツヴィルコ
 6月04日(日)19:00 スヴェトラーナ・ザハーロワ/デニス・ロヂキン
 6月05日(月)19:00 エカテリーナ・クリサノワ/ウラディスラフ・ラントラートフ

白鳥の湖
 6月07日(水)18:30 オルガ・スミルノワ/セミョーン・チュージン
 6月08日(木)13:00 エカテリーナ・シプーリナ/アルチョム・オフチャレンコ
 6月08日(木)19:00 スヴェトラーナ・ザハーロワ/デニス・ロヂキン
 6月11日(日)18:00 ユリア・ステパノワ/アルチョム・オフチャレンコ
 6月12日(月)18:30 オルガ・スミルノワ/セミョーン・チュージン

パリの炎
 6月14日(水)19:00 エカテリーナ・クリサノワ/ウラディスラフ・ラントラートフ
 6月15日(木)19:00 エカテリーナ・シプーリナ/イワン・ワシーリエフ


そして上がるだろうなぁと思っていたチケット代は、

ザハロワ出演日(6月4日ソワレ、6月8日ソワレ)
S¥26,000 A¥22,000 B¥19,000 C¥15,000 D¥11,000

ザハロワ出演日以外
S¥24,000 A¥20,000 B¥17,000 C¥13,000 D¥9,000


という設定。 ザハロワの芸術を堪能する至極の公演との事で各席種2000円増し。 ロパートキナですらそんな事はなかったのに・・・。 

今日届いた夢倶楽部のDMに同封されていたチラシは、サイト掲載のものと同じで裏側の出演者にはマーシャもニクーリナもロブちゃんもヴォルチコフもそのままですが、発表されたキャストには名前がありません。
マーシャ、来ないの?

チケットの申し込みもどうしたものか・・・。 3演目は見る予定なのでチケット代が安くなってプログラムもつくセット券は魅力だけれど、席が選べない。 26列なんて当たっちゃったら悲しいしなぁ。 
ほぼ1年先のキャストに変更がない事を願う事の方が無理ってものだし、だったら日程で!とも思いますが、東京公演は金・土がひとっつもないし、日曜日も夜だったり、何気にきつい。 今のところ白鳥のスミルノワだけは決めていますが、後はどうしようかな・・・。
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |