2016 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2016 05
ミハイロフスキー劇場5月公演主要キャスト
2016/04/27(Wed)
ミハイロフスキー劇場5月の主要キャストが発表になっています。
新作「I Love You Peter’s Great Creation」のプレミアが25日から4公演予定されていますね。 マリインスキーでも3月31日に1949年に創作されたロスティラフ・ザハーロフ版をユーリ・スメカロフが改訂した「青銅の騎士」のプレミア公演が行われていますが、ミハイロフスキーはアメリカ人振付家Lar Lubovitch がプーシキンの「青銅の騎士」にインスパイアされて創作した作品との事です。 読んでいませんが、Lubovitchのインタビューもサイトに掲載されています。
http://www.mikhailovsky.ru/en/press/news/escape_from_the_flood/
どんな物語になるのでしょうね? マリインカの方はダニーラがプレミア初日のピョートル大帝役だったのですよね~~(見てみたい!!)。 でも、大帝も踊る役なのかしら???


5月02日M チッポリーノ
        チッポリーノ:アレクセイ・クズネツォフ
        ラディショーシュカ:アンナ・クリギナ
        マグノリア:イリーナ・コシェレワ
        さくらんぼ伯爵:マリオ・ラブラドール
5月02日S チッポリーノ
        チッポリーノ:イワン・ザイツェフ
        ラディショーシュカ:ヴェロニカ・イグナツェワ
        マグノリア:アナスタシア・ソボレワ
        さくらんぼ伯爵:ヴィクトル・レベデフ
5月04日 白鳥の湖
       オデット/オディール:アナスタシア・ソボレワ
       ジークフリート:ヴィクトル・レベデフ
5月05日 白鳥の湖
       オデット/オディール:エカテリーナ・ボルチェンコ
       ジークフリート:レオニード・サラファーノフ
5月06日 白鳥の湖
       オデット/オディール:アナスタシア・ソボレワ
       ジークフリート:ヴィクトル・レベデフ
5月07日 白鳥の湖
       オデット/オディール:エカテリーナ・ボルチェンコ
       ジークフリート:レオニード・サラファーノフ
5月11日 バッハへのオマージュ
       マラト・シェミウノフ、サビーナ・ヤパーロワ
       タチアナ・ミリツェワ、レオニード・サラファーノフ
5月12日 バッハへのオマージュ
       マラト・シェミウノフ、サビーナ・ヤパーロワ
       ヴァレリア・ザパスニコワ、レオニード・サラファーノフ
5月13日 バッハへのオマージュ
       マラト・シェミウノフ、サビーナ・ヤパーロワ
       タチアナ・ミリツェワ、レオニード・サラファーノフ
5月15日 Invisible / Prelude / White Darkness
       イリーナ・ペレン、レオニード・サラファーノフ
       アンジェリーナ・ヴォロンツォーワ、マラト・シェミウノフ
5月25日 I Love You Peter’s Great Creation
5月26日 I Love You Peter’s Great Creation
5月28日M I Love You Peter’s Great Creation
5月28日S I Love You Peter’s Great Creation
この記事のURL | マールイ劇場プレイビル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イワン・ワシーリエフのトリプルビル 写真とTVニュース
2016/04/21(Thu)
4月15日と17日にエルミタージュ劇場で上演されたイワン・ワシーリエフのTriple Billの写真が劇場サイトに上がっています。 こちら

そしてロシアテレビ局による短いニュースがこちら

劇場サイトにはプレミア公演に出演したダンサーのインタビュー記事もあって、ペレンが「どういうわけか自分は薬物中毒がテーマの作品にいつもキャストされる」と言っていたのが可笑しかったのですが、抽象的なナチョのWhite darknessと違ってワシーリエフのMorphineはしっかりしたストーリーとそれぞれに明確な性格付けがあるので、自分の演じる役のイメージについてワシーリエフとかなり話し込んで作り込みをしたと言っています。

写真を見る限り、衣装はシンプルだけどセンス良さそう。 ちょっと狂気入ったヤパーロワちゃんも気になるし、コシェレワもコシェレワだ!(笑)。
ダンサーたちが意見も言い合っていい雰囲気で作り上げた作品みたいなので、いつか見られるチャンスがあればいいなと思います。
この記事のURL | バレエ・マールイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新国立劇場「ドン・キホーテ」キャスト
2016/04/20(Wed)
5月3日から始まる新国立劇場「ドン・キホーテ」のキャストが13日に発表になっていました。
新国のドンキは3年ぶりなんですね。 前回は米沢&福岡、川村(好きだったんですぅ、懐かしいぃぃぃ!)&厚地ペアを見たのですが、今回は初日の米沢&井澤ペアと楽日の小野&福岡ペアを見に行く予定です。 ドンキは役が多いから、2ペア行けばほとんどのダンサーが見られるので嬉しいですねー。
何度も見ている鉄板小野&福岡ペアもドンキで見るのは初めてなのでとっても楽しみなんです。 マイレンも二日とも見られるし、菅野さんと奥村さんのガマーシュも期待大♪ 

5月3日(火・祝)14:00
キトリ:米沢 唯
バジル:井澤 駿
ドン・キホーテ:貝川鐵夫
サンチョ・パンサ:髙橋一輝
ガマーシュ:菅野英男
ジュアニッタ:柴山紗帆
ピッキリア:飯野萌子
エスパーダ:マイレン・トレウバエフ
街の踊り子:長田佳世
メルセデス:本島美和
ギターの踊り:堀口 純
ジプシーの頭目:小柴富久修
二人のジプシー:福田圭吾、木下嘉人
森の女王:細田千晶
キューピッド:五月女 遥
ボレロ:丸尾孝子、中家正博
第1ヴァリエーション:奥田花純 
第2ヴァリエーション:寺田亜沙子

5月4日(水・祝)14:00               
キトリ:小野絢子
バジル:福岡雄大
ドン・キホーテ:貝川鐵夫
サンチョ・パンサ:八幡顕光
ガマーシュ:奥村康祐
ジュアニッタ:奥田花純
ピッキリア:細田千晶
エスパーダ:小柴富久修
街の踊り子:寺田亜沙子
メルセデス:堀口 純
ギターの踊り:益田裕子
ジプシーの頭目:マイレン・トレウバエフ
二人のジプシー:池田武志、宇賀大将
森の女王:木村優里
キューピッド:広瀬 碧
ボレロ:寺井七海、林田翔平
第1ヴァリエーション:五月女 遥
第2ヴァリエーション:柴山紗帆

5月5日(木・祝)14:00               
キトリ:米沢 唯
バジル:井澤 駿
ドン・キホーテ:貝川鐵夫
サンチョ・パンサ:髙橋一輝
ガマーシュ:菅野英男
ジュアニッタ:柴山紗帆
ピッキリア:飯野萌子
エスパーダ:マイレン・トレウバエフ
街の踊り子:長田佳世
メルセデス:本島美和
ギターの踊り:堀口 純
ジプシーの頭目:小柴富久修
二人のジプシー:福田圭吾、木下嘉人
森の女王:細田千晶
キューピッド:五月女 遥
ボレロ:丸尾孝子、中家正博
第1ヴァリエーション:奥田花純
第2ヴァリエーション:寺田亜沙子

5月7日(土)14:00               
キトリ:木村優里
バジル:中家正博
ドン・キホーテ:貝川鐵夫
サンチョ・パンサ:八幡顕光
ガマーシュ:菅野英男
ジュアニッタ:柴山紗帆
ピッキリア:飯野萌子
エスパーダ:小柴富久修
街の踊り子:寺田亜沙子
メルセデス:本島美和
ギターの踊り:堀口 純
ジプシーの頭目:マイレン・トレウバエフ
二人のジプシー:福田圭吾、木下嘉人
森の女王:細田千晶
キューピッド:五月女 遥
ボレロ:丸尾孝子、林田翔平
第1ヴァリエーション:奥田花純
第2ヴァリエーション:柴山紗帆

5月8日(日)14:00               
キトリ:小野絢子
バジル:福岡雄大
ドン・キホーテ:貝川鐵夫
サンチョ・パンサ:八幡顕光
ガマーシュ:奥村康祐
ジュアニッタ:奥田花純
ピッキリア:細田千晶
エスパーダ:小柴富久修
街の踊り子:寺田亜沙子
メルセデス:堀口 純
ギターの踊り:益田裕子
ジプシーの頭目:マイレン・トレウバエフ
二人のジプシー:池田武志、宇賀大将
森の女王:木村優里
キューピッド:広瀬 碧
ボレロ:寺井七海、林田翔平
第1ヴァリエーション:五月女 遥
第2ヴァリエーション:柴山紗帆
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
うちのチューリップ(4) 乙女桜 & トリコレット
2016/04/18(Mon)
富山オリジナルの「乙女桜」は背丈40センチほどで花びらの下の方はクリームがかった白で上がピンクのフリンジです。
 
2016041606.jpg

2016041607.jpg

2016041608.jpg


合わせた「スプリンググリーン」がかなり早く咲き出したうえに思った以上に背丈が伸びてしまったのでちょっとバランスが悪かった感じ。 
2016041609.jpg

でも、スプリンググリーンの花持ちが良くて乙女桜が咲くまで綺麗なままで待っていてくれて本当に良かった。
2016041610.jpg


白系は他に「白雲」4球と名無し3球を植えたのですが、どちらも背丈が高くカップも大きめ。 なので重かったらしく最後は四方八方にだら~んと首を下げちゃいました。
2016041601.jpg

2016041604.jpg


8球植えたスプレーで遅咲きの「トリコレット」は11日頃からようやく色づいて、これからが見頃です。 
2016041602.jpg


真ん中で一番先に咲きだす花の周りに3,4個のつぼみをつけていいます。 全部咲きそろったら鮮やかでボリューム感があるでしょうねぇ。  
2016041603.jpg

2016041605.jpg


<追記>
4月19日はこんなで、
2016050202.jpg


一番多くの花が咲いていたのが23日でした♪
2016050201.jpg




熊本・大分の地震、一刻も早く地震活動が終息してくれるとよいのですが・・・。 交通網も遮断されている場所が多く物流も滞りがちですが、十分な救援物資が必要な人の手元に早く届きますように。
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
うちのチューリップ(3) カーニバルデリオ & 楊貴妃
2016/04/13(Wed)
トムポーズ&明日香が一押しと言いながら、咲いてみればどれもこれもみんな可愛い

ほんの少しクリームがかった白に赤いフレームが入る「カーニバルデリオ」は華やかなチューリップで目を惹きますが、驚いた事に芳香なのです。 
2016041301.jpg


2016041307.jpg


チューリップって香りを楽しむものではないと思っていましたが、庭に出るとフリージアに似た甘い香りが漂っていたので??と思って種類ごとに匂いをかいでみたところ芳香の主はこのカーニバルデリオでした。

明るい陽光のもとでは黄が強く見えますが、夕方近くになると白っぽく見えます。 葉には白い縁取りがあるんですね。
2016041305.jpg

2016041308.jpg

2016041302.jpg


名前につられて思わず買ってしまった「楊貴妃」。 遠めでは薄いピンクですが、白地にピンクの混合のような感じ。 
2016041304.jpg


球根のパッケージの写真だともう少し細長い、バレリーナやバラードくらいの大きさのユリ咲きかと思っていましたが、ちょっと小さめ。 昼間はパッと開いちゃって、ちょっと原種系を思わせます。
2016041303.jpg


今回はカーニバルデリオ、ケープタウン、名無しの濃いピンクさんとの組み合わせでしたが来年は楊貴妃を中央にまとめ、周りに濃い紫系のビオラを植えてみようかな?
2016041306.jpg


ストロングラブは2球のみ。 黒みがかったとても深い赤で強い愛の炎というイメージですね♪ 
2016041309.jpg

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
うちのチューリップ(2) トムポーズ & 明日香
2016/04/11(Mon)
今年のチューリップで一番のお気に入りはトムポーズと明日香。 なのでこの2品種の変化の様子を残しておきたいなと

6日の朝はトムポーズのピンク色が少しずつはっきりと。
2016041006.jpg


9日はまだ6本中5本の明日香がつぼみのまま。
2016041003.jpg


10日昼頃。 明日香もすべてが開花。
2016041011.jpg


明日香のアップ。
2016041004.jpg


トムポーズは花びらの内側に白や黄の斑点やら線が入っています。 これは昭和記念公園で見た時は気がつかなかったな。
2016041002.jpg


2016041101.jpg


3時頃。 
2016041012.jpg


この日は太陽の光が弱いので花びらもすぼみがちですが、全開よりもこの程度がチューリップらしくて一番好き♪

というように休日はチューリップに釘付け状態(笑)なんですが、平日はせっかく咲いている花を楽しめないのでトムポーズ4本と明日香3本を切って花瓶に挿しました。 これなら会社から帰って来て家の中でたっぷり見られますものね~~。


4月始めに色づいていたおチビなケープタウン(こちらは6日の朝撮影)
2016041007.jpg


は、ちょっとだけ背丈が伸びてこぶりな花を咲かせました。 縁取りの赤が思ったよりも幅が広い。
2016041008.jpg


寄り添うように咲いていた紫が濃かったレムズフェイバリットもこんな感じに。
2016041010.jpg

球根は二球だけしか植えていないのですが、この品種はスプレーというより一つの球根から複数の茎が別々にでてきて花を咲かせるみたいですね。

ボンザ・マーガレットのローズピンクもさらに花が増えました。
2016041009.jpg

さくらも5,6輪咲き出し、チェリーもつぼみが赤くなってきています。
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
4月9日 東西狂言の会
2016/04/10(Sun)
東西狂言の会
会場:三鷹市公会堂 光のホール
2016041001.jpg

解説:高野和憲


「膏薬煉」 
 都の膏薬煉:茂山あきら
 鎌倉の膏薬煉:茂山茂
「吹取」
 何某:野村万斎
 男:深田博治
 女:月崎晴夫

   --- 休憩 ---

「六地蔵」
 すっぱ:野村万作
 田舎者:竹山悠樹
 すっぱ仲間:深田博治/飯田豪/岡聡史



昨日は三鷹市公会堂に「東西狂言の会」を見に行ってきました。
昨年見に行った友人から聞いてとても良さそうな公演だったので是非行ってみたいと楽しみにしていた公演でした。  一般発売で残っていたチケットはわずかというほど人気のある公演だったのでマークル会員の友人にチケットを取ってもらえてラッキーでした。  
この「東西狂言の会」は20年前に三鷹市芸術文化センターが完成した際の杮落としで野村万作さんに「三番叟」を上演してもらった事がきっかけで翌年から毎年開催されているのだそうです。 近年は芸術文化センターではなく3年前に改修工事を終えて綺麗になった公会堂の方での開催です。
公会堂は改修後初めて行きましたが、以前と変らぬ扇方に配置された客席は、段差も十分にあって(7列以降)舞台がとても見やすかったです。 椅子も幅にゆとりがあって座り心地も良かった! 

狂言は今回初めて見たのですが、3作品ともあらすじは予めさらっておき、解説の方も見どころを教えてくれましたので、楽しく見る事ができました。 万作さんが仰る古い日本語もこの3作は分かりやすかったですし、最初は分からない言葉や言い回しも何度か聞くうちに、そのシチュエーションから意味を理解する事ができますしね。 
「膏薬煉」では茂山茂さんのよく通る朗々とした声が素晴らしく、対する茂山あきらさんは少し甲高くて可愛らしい感じの声が印象的でした。
「吹取」は落ちが見え見えでしたが、万斎さんの笛の音色もよろしく。
人間国宝の万作さんの演技を見る事ができた「六地蔵」は、真面目な田舎者と詐欺師のすっぱたちのドタバタがひたすら可笑しい楽しい作品でした。 

和泉流(野村家)と大蔵流(茂山家)という二つの流派の東西の狂言を一度に見る事ができる公演も、今では三鷹だけになってしまったのだそうですが、その貴重な公演の次回の予定もすでに来年の5月3日に決まっているそうです。 また来年も行こうと思います。
主催のHPには万作さんのインタビューが掲載されています。 こちら
この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
桜&クリスマスローズ 見頃の花々
2016/04/05(Tue)
土日ともいまいちの天気予報だったので、とりあえず雨が降っていなかった土曜日に近くで桜を見てきました。

2016040303.jpg


観戦スペースの後方にぐるっと植えられているソメイヨシノを間近で見られるように、今年も武蔵野陸上競技場が4月10日まで一般解放されているのですが、以前より立ち入る事のできるスペースが狭くなっていてちょっと残念。 マナーが悪くなったからというような理由じゃないといいですが・・・。 桜は満開の樹がほとんどでしたが、隣接しあっている木々でも日の当たり具合の差なのか、一部7分咲きくらいの樹もありました。 
枝ぶりも良い木ですが、花もみっしり状態。
2016040302.jpg

2016040301.jpg


そして今年の桜、なんとなくいつもよりわずかにピンク色が強くなっているような気がしました。 

競技場の近くには道路の両側に比較的樹齢の高い樹のサクラ並木があり、この日も多くの人が思い思いに花を愛でていました。
2016040502.jpg

2016040501.jpg


芽吹く力は凄いというか、幹のあちこちから可愛らしい花を咲かせているんですよねー。
2016040304.jpg

2016040307.jpg


そしてしばらく歩いたところにある大企業の敷地の周りに沢山植えられているクリスマスローズもちょうど見頃でした。 
2016040305.jpg

2016040306.jpg

クリスマスローズって育てるのが難しいと聞いた事がありますが、こんなにわさわさ地植えされているとそうでもないのかなー?と思ったりして家でもやってみようかな?? 1ヶ月くらい前に花やさんで買ったものは上手く水揚げができず、一晩でしなっとしてしまったので初めて湯あげをしてみました。 湯あげといってもつけておく時間などにいろいろ違いがあるみたいなのですが、私はお湯が冷めるまで入れっぱなしにしておきました。 とりあえずは茎に力が戻ったので良かったのだと思いますが・・・。
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
2016 うちのチューリップ(1)
2016/04/02(Sat)
チューリップ、どんどん咲き始めています♪

今週の後半に咲いたのがレムズフェイバリット。
2016040206.jpg

品種紹介の写真だと白地に紫の絞り模様がほとんどですが、うちのは逆っぽい。 ぱぁっと開いたらどんな感じだろう? 

アプリコットビューティーも8本すべてが咲き出しました。 去年と比べると今年はちょっと小ぶり。
2016040201.jpg


そしてこちらのキュートなピンクの花。 
2016040205.jpg

2016040208.jpg

ホームセンターかどこかでついつい買い足しちゃった球根だったかも? 名札をつけるのを忘れたので品種が分からず。 
手前赤い弁縁の入った黄色いおチビさんはケープタウン。
2016040209.jpg



秋に植えたピンクと赤のネメシアは先月中旬ころからたくさん花をつけ始め、シクラメンも負けじと次々に開花して乱れ咲き状態。
2016040203.jpg


ボンザ・マーガレットのローズピンクもだいぶ増えた♪  花の色も濃くなってより鮮やかに。
2016040202.jpg

2016040204.jpg


さて、苗を買ってきたパンジーの中からチューリップが・・と先日書いたのですが、もう一本ありました。 背が低くてパンジーの中に埋もれているので今日まで気が付かなかった。 笹の葉っぱみたいに葉の両脇が白くて、つぼみもそんな風。 すっごいサプライズでけっこう嬉しい!!
2016040207.jpg

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |