DANZA最新号
2008/07/31(Thu)
DANZAの最新号をもらってきました。
表紙とカバー・ストーリーはヨハン・コボー。 彼の着ているTシャツの絵がちょっとびみょーにユニークだ・・・。

今年の2月にボリショイ劇場で上演したコボー再演出の「ラ・シルフィード」は、ロイヤル以外では初めての上演だったそうですが、狭いデンマーク王立劇場で踊れるように作られた上下の動きが多いこの作品を、ボリショイの大きいステージを使いつつ、作品本来の意図やスタイルに忠実に踊らなければならなかった事はボリショイにとっても大きな挑戦だし、彼にとっても素晴らしい経験だったとの事。
コボー版は、オリジナル版が再演を重ねるうちに失ってしまった部分を復元させたそうです。 数年前に当時のスコアが発見されて、そのスコアにブルノンヴィル手書きの指示があったのでそれを参考にしながらブルノンヴィル・ステップを入れた振り付けで埋めていったとの事。 一番の特徴は第1幕、第2幕の両方にPDDを加えたことだそうです。 その他、2ページにわたる彼のインタビューはとても興味深い内容です。

エトワール・ガラを降板する前にとったレティシア・プジョルのインタビューとナターリヤ・オーシポワのインタビューも中身が充実。 オーシポワは子供の頃は体操に夢中だったのに背中を痛めてしまったせいでバレエに転向したのですね。 バレエを始めても体操への未練はなかなか捨て去ることができなかったのだそうです。 現役のダンサーで目標にしているのが同じエネルギーを感じるヴィシニョーワだそう!
二人で1ページと短いながらも、「ル・パルク」で来日した際のルグリとル・リッシュの会見の様子も載っています。 ルグリは来シーズンもオペラ座で踊ることが決まり、念願かなってクランコの「オネーギン」がレパートリーに入ったそうです。

5月~7月の公演レビューでは、新国立劇場の「ラ・バヤデール」、「白鳥の湖」、パリ・オペラ座「ル・パルク」、モーリス・ベジャール団、牧阿佐美バレエ団「ドン・キホーテ」、英国ロイヤルバレエ、ルジマトフのすべてなど多くの公演のレビューと写真があります。 しか~~し、シヴァコフのバジル&エスパーダの写真はなし(悲)。 何でよ、ゲストだよ!!

今後の公演予定も盛りだくさんに紹介されていますが、とっても興味を惹かれたのが豊田シティバレエ団のグランドバレエ「乙姫伝説~うらしま~」。 創立20周年を迎え、芸術監督の諏訪等さんの舞踊生活45周年の記念の年に諏訪さんが「日本が世界に誇れる創作バレエにしたい」という熱意をこめて制作した作品だそうです。1幕が海岸、2幕が竜宮城。 マルチサウンドシステムを導入して海の音や鳥の声を立体的に聞かせ、レーザー光線も使用し、ロボットまで登場?するのだそうな・・・。
(あるところの「竹取物語」がとても恋しくなりました・・・(笑)  おはらいばこにしないで~~!)
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
出遅れた・・・
2008/07/30(Wed)
すっかり忘れていたのですが、26日(土)はシュツットガルト・バレエ団公演のチケット一般発売日だったんですよね・・・。 さきほどあわててチケットぴあとイープラスをチェックしたところ、観たいと思っていた「眠り」の初日のチケットがS席、A席は完売状態・・・。 ひぇ~~、甘かったです  「眠り」は他の日はまだ両席ともあります。が、「オネーギン」は初日と最終日がS、A共に完売です。 キャスティングで観客の反応がはっきり出ちゃった感じですね・・・  やー、フォーゲルの王子を見たかったんだけど失敗失敗!!  フォーゲル君、なんとなくポリーナちゃんについてくるみたいな思い込みでいたら8月のドン・キも空振ったし、今回も甘く見ていたわ~~。 やっぱりファンは多いのですね。
う~~ん、敗者復活戦に(あるのか?)は真剣に臨むぞ!

あと一つ、絶対に出遅れてはならないのは来年1月31日(土)のシヴァコフの「ジゼル」。 県民ホールのサイトによればチケットの一般発売は8月23日(土)、チケット代はS席14,000円 A席12,000円 B席9,000円 C席7,000円 D席5,000円です。
ミハイロフスキー劇場ガラは申込用紙をDLしてさっさとFAXで申し込んでしまいましたが、神奈川の公演は単券の対象でしたっけ? ぼけてるなー、全く頭になかったわ・・・(ごめんね、シヴァ)。 でも、今まで神奈川のチケットって光藍社さんで買ったことなかったな。
確認しなくちゃ!

光藍社さんといえば、マールイ公式サイトにコシェレワのインタビューがアップされています。 こちら。 写真の下のコメントがなんともグッドです♪
夏の公演で「ルースカヤ」を踊るんですね! 初めて踊る演目と言っていますが、マールイの公演でルースカヤって今まで誰か踊った事あったのだろうか? 誰の振り付けなんだろう? 楽しみなり。
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
DVD新作リリース情報
2008/07/29(Tue)
DVDでーた8月号が出たので、新しいリリース情報など。(先月と重複しているものあり)

8月06日「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ 
      「燃えよ!ピンポン」 クリストファー・ウォーケン、マギー・Q
      「ウォーター・ホース」 ブライアン・コックス、アレックス・エテル
  08日「ノーカントリー」 トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム
  20日「バンテージ・ポイント」 デニス・クエイド、、マシュー・フォックス
  22日「大いなる陰謀」 ロバート・レッドフォード、トム・クルーズ、メリル・ストリープ
  27日「アメリカン・ギャングスター」 デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ
9月03日「ダージリン急行」 オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ
  10日「紀元前1万年」 スティーブン・ストレイト、カミーラ・ベル
  12日「フィクサー」 ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン
  17日「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」 ダスティン・ホフマン、ナタリー・ポートマン 
     「ミスト」 トーマス・ジェーン、マーシャ・ハーデン
  24日「ブラックサイト」 ダイアン・レイン、ビリー・バーク、コリン・ハンクス 
  26日「つぐない」 キーラ・ナイトレイ、ジェイムズ・マカボイ
     「スパイダーウィックの謎」 フレディ・ハイモア、メアリー・ルイーズ・パーカー
10月03日「NEXT ネクスト」 ニコラス・ケイジ、ジュリアン・ムーア、ジェシカ・ビール
       「リボルバー」 ジェイソン・ステイサム、レイ・リオッタ
  
「燃えよ!ピンポン」 ウォーケン様・・・、またこういう映画に・・・。 ダン・フォグラーがおばかな主人公、ウォーケン様は卓球トーナメントを仕切る卓球好きの武器密輸業者の黒幕を怪演との事です・・・。 こういう役を演じている限りこの人は役者として意気軒昂なんだろうね・・・。 どうか普通のいい人も演じて下さいませ!(懇願)
「ダージリン急行」 ウエス・アンダーソン監督のオフビートなロードムービー。 絆を取り戻そうと再会した大人になりきれない3兄弟のトラブル続きのインド旅行を描いた味わい深い作品だとか。
「ブラックサイト」 ダイアン・レインがネット犯罪捜査官を演じた犯罪サスペンス。 アクセスの増加に伴い拘束された人間に投与する薬物が増量され、その人物が死に至るまでをサイトで中継するという公開殺人犯との闘い。
「つぐない」 プライドと偏見のジョー・ライト監督と再び組んだキーラ主演の文芸ドラマ。 切なさの中にキーラの美しさが非常に際立っていたと評判だった映画。 
「スパイダーウィックの謎」 人間と邪悪な妖精の争いに巻き込まれた3姉弟の冒険ファンタジー。 さまざまな妖精は粘土モデルとVFXによって作られているそう。 実はこの映画の予告を見て、間違えて見てしまったのが「パンズ・ラビリンス」。 確かに妖精はでてきたけれど内戦後のスペインが舞台のダーク・ファンタジーでしたが、とても印象深い映画でした。
この記事のURL | 映画雑記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミハイロフスキー、ロンドンツアー無事終了!
2008/07/28(Mon)
マールイのロンドンツアーもあっという間に終わってしまいました。 話題性という点で大きな役割を果たした「スパルタクス」からクラシックバレエの代表作である「ジゼル」へと良い流れを作り、作品を慎重に選んだ「トリプルビル」で華やかな雰囲気の中、幕を閉じたようです。
成功おめでとう!! ダンサーの皆さん、お疲れ様でした。 特にデニスとイーラ! 怪我もなく無事に終了したようで本当に良かったです♪


スパルタクス初日のプレスレビューはBallet coのレビューのページにたくさん上がっています。 こちら
グリゴロヴィチ版がベースにあったり、純粋なバレエ作品を期待していた方たちには概ね不評(笑) 
女性の衣装についてヴィクトリア・シークレットから飛び出してきたような・・と書いてあった記事もあったな!(笑)
初日のレビューばかりでしたがようやく2日目の舞台のレビューが一つ上がりました。 こちら

そしてプレスではありませんがスパルタクス最終公演のレビューがこちら
やっぱり美味しい役はサビーナなんですかね・・・。


ジゼルの初日のレビューは個人の方のブログですが(海外だからこの際いいですよね・・・)二つほど。 こちらこちら。 

初日は、予定通りマトヴィエンコ夫妻の主演で、ヤパーロワとヤフニュークがぺザントPDD、シェスタコワがミルタを踊ったそうです。 
これは教えていただいた情報ですが、ロマチェンコワが初日と2日目マチネで二人のウィリ、2日目マチネのぺザントPDDはロマチェンコワとプロームが踊ったとの事です。


こちらが最終日トリプルビルのレビュー。 スパルタクスもジゼルも書いていらっしゃった方ですがとても詳しく書かれているので勝手に抜粋させてもらいました。

<第1部>
「騎兵隊の休息」
マリア:アナスタシア・ロマチェンコワ
ピエール:アントン・プローム
テレーズ:オリガ・セミョーノワ
連隊長:アンドレイ・ブレクバーゼ
少尉or騎兵大尉:ウラジーミル・ツァル

この演目がイギリスで上演されるのは初めてだとか・・・
キャストがわかったのはこれだけですが、主役の2人はとても良かったようです。
さらに連隊長、少尉、騎兵大尉の3人組がテレーズに迫る様子が楽しくて、特にブレクバーゼは客席からの爆笑を誘ったようです。
以前見た、彼のあの脚をくねくね打ち合わせる踊りは本当に面白かったもの!
肉体的にもかなりきついですよね、あれ!
コール・ドも良かったようです。
このレビューを書いた人は「是非また観たい!」くらいこの作品をとっても気に入ったようで、40分のこの作品があっという間に終わってしまったように感じたとの事。

<第2部>
「人形の精」 
サビーナ・ヤパーロワ、マキシム・ポドショーノフ、マキシム・エレメーエフ
そこそこ面白く男性の演技には満足のようですが、ヤパーロワちゃんのチュチュが酷いらしく、まるでマシュマロとトルコ菓子を足して2で割った・・・って、何?
「Dragonfly」
アンナ・Zhuravlyova
こちらも衣装が酷かったらしい・・・。
「エスメラルダ」
エカテリーナ・ボルチェンコ、ニコライ・コリパエフ他
スタンダードなエスメラルダのPDDとは違うそうで・・・特に面白みもなかったとの事。
「海と真珠」
アンドレイ・ヤフニューク
ヤフニュークのダンスは良かったと。 パートナー不明。
「春の水」
イリーナ・ペレン、マラト・シェミウノフ
ペレンがこの演目を踊るとは思いませんでした。 彼女に合っているとは思えないけどな・・・。 時間が短いのでお疲れペレン用だったのだろうか?
何の変哲もないタイトルと振付のギャップにかなりびっくりし、この作品を見ている間中、ずっとハラハラしていたそうです(笑)
「海賊」よりPDD
アナスタシア・マトヴィエンコ、デニス・マトヴィエンコ
実はこの演目はプログラムには載っていなかったのだそうです。(サイトではしっかりデニスのアリが大写しになっていたのにね・・・)

<第3部>
「パキータ」
エカテリーナ・ボルチェンコ、マラト・シェミウノフ、サビーナ・ヤパーロワ他
普通には良かったと。 コール・ドがここへきて少し雑になった模様。 さすがにお疲れかな? マラトは春の水が終わって少し気が抜けてしまったのかな???  ボルチェンコは魅力的で良かったようです。 4人のソロも良かったようですが、特にヤパーロワの良さが目立ったみたいですね。


Ballet coのレビュー専用スレッドにもいつのまにかたくさんポスティングがあがっています。
この記事のURL | バレエ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
篤姫
2008/07/27(Sun)
毎週日曜日は篤姫を見るのを楽しみの一つとしているのですが、篤姫の周りでいろんな色を添えてくれていた、無くてはならない人たちがどんどんいなくなってしまいますねぇ。 物語の中とは言え、寂しいものがあります。 
今日限りで初瀬が姿を消してしまいました。 好きなキャラクターだったんだけどな・・・。 篤姫の言動に振り回されっぱなしで、おろおろハラハラしていた最初のころのあのリアクションがたまらなく好きだった(笑)。
篤姫と家定の初々しいラブラブぶりがもう見られないのもつまらないですが、豪華絢爛だったり可憐だったりした篤姫の衣装が落飾後に地味なものになってしまうのが残念。
上様を死なせないで!という嘆願メールが相次いだという家定人気は今も冷めやらぬようで、NHKは過剰なほどの回想シーンを挟み込んで対応しているようですが(笑)、いつまでその手が使えるだろうか? 坂本竜馬(玉木宏)が出てくるまでかしらん? 北大路欣也の勝海舟で年配層も射程範囲っつー事ですか? そういえば堺雅人さんは前回新撰組で山南敬助を演じたときも助命嘆願書が数多く寄せられたと聞いています。
来週は幾島がファイナルを迎えるんですね。 悲しいなぁ・・・。 私はこの人は死ぬまで篤姫の側に仕えたのだと思っていたので宮尾さんの原作を読んだ時には松坂慶子も途中でいなくなっちゃうのかとプチショックでした。 
原作といえば、薩摩編を篤姫と一緒に盛り上げてくれた瑛太小松帯刀は原作には全く出てきません。 それもびっくりでした。 西郷吉之助も間接的に名前が出てくる程度だったし・・。 あ、菊本はあのまんまでした。 篤姫の父上には側室もいたので篤姫には彼女を慕う於才という妹たちもいてとてもかわいがっていましたっけ。 ほんの7,8才の頃から、篤姫には周りの人を気遣う心と、物事をきちんと見る才が備わっていた事を示すエピソードも多かったです。
そんなわけで、後半も原作とはどの辺がどう違うのか、家定があと何回出てきてくれるのか、大好きな稲森いずみちゃん滝山の今後の活躍などなどいろいろと楽しみではあります。 
この記事のURL | 雑記 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
ABT「海賊」 7月19日の感想
2008/07/26(Sat)
<プロローグ>
紗幕ごしに見える海賊船。 Kバレエ>マリインスキー>>ABT>>>>マールイくらいに立派な船だ(笑) しかし、順調に航海中の乗組員は楽しそうだし、大嵐は起こらないし・・・と思っているうちにプロローグが終わってしまった。 ABT版、最初に船は難破しないのね・・・。
舞台装置転換の間、幕前を奴隷商人に追い立てられるように歩いて行くメドーラ。

<1幕>
無事、下船した(笑)海賊たちは奴隷市場に姿を現す。
ビルバンドの踊り。 サッシャ・ラデツキーは手脚が綺麗に伸びて跳躍も高く、切れのある踊り。 特別長身ではないけれどスリムで体型のバランスの良いダンサーで気に入ってしまった。 ちょい悪入った俺様系演技もとても良かったです♪
続いてゴメス@コンラッド登場。 でかい・・・! ここでのソロは若干エンジンがかかっていないようで少しもったりした感じを受けたけれど、静止した時のラインが美しい。

イスラエルやパレスチナの踊りの代わりなのか、ここにオダリスクの踊りが入る。 腕の動きはやはりパルトが一番綺麗だけれど、体の動きには3年前ほどの流麗さがなく3番目のヴァリは少しきつかったように思う。 3人の中で一番身長が低く最初にヴァリを踊ったバレリーナ(マリア・リチェットかクリスティ・ブーンかわからず)のきびきびした踊りが良かった。
この子たちは要らない!と言うパシャ(ずんぐりとして愛嬌のあるマリインスキー系、すっきりと渋いマラーホフ@マールイ系ではない・笑)に不満顔の3人はまるで白鳥の花嫁候補のようだった・・・。

ならばこれでどうだと言わんばかりに自信満々でギュリナーラを連れてくるランケデム。 そしてギュリナーラとランケデムのPDD。 ギュリナーラのミスティ・コープランドは丸みを帯びた体型が少し気になるけれど、体が柔らかく丁寧に踊っているのはよく分かった。 
なんといってもここで客席の視線を釘付けにしたのはランケデム役のゲンナジー・サヴェリエフ。 娘たちを売り飛ばす快感に浸りながら気分も最高潮で超絶技巧てんこ盛りの舞! 衣装がもうちょっとすっきりと体を包むようなものならもっとシャープに見えただろうと思うと残念だけれど・・・。 空中で凄い勢いで方向転換する技はファイブフォーティーというのだそうです。

メドーラのニーナ。 ベールを取った時のあまりの美しさにパシャが失神するのも納得(笑)の匂いたつような華やかさと可愛らしさ。 コンラッドとはお互いを認めた時から恋に落ちた模様・・・。 パシャを適当にあしらっている様子など、他の女性たちもそうだけれど、売られる身の悲愴感というようなものはあまりない。 ニーナは踊りも快調でぬるめに流れそうなシーンも高速ピケターンなどで締めていた。

一旦はパシャにメドーラを買われてしまったものの、そこは海賊、コンラッドはアリにメドーラを略奪するように命じ、言われたとおりにアリがメドーラを連れ戻してくるのだった。 いかつい雰囲気もあるゴメス@コンラッドの行動としては異議なしだけれど、カレーニョのアリはそんな悪い事ができそうな雰囲気じゃなかったな(笑)

<2幕>
コンラッドの洞窟。
いきなりパ・ド・ドロワが始まったのにはびっくり。 ゴメスは1幕よりも調子が上がって体も軽く、ふわっとした高いジャンプの着地音がしないのが素晴らしい。 ニーナの踊りも素晴らしく、あたり一面の蕾だった花が一斉に咲き出してしまいそうなほどの温かいオーラが舞台上に漂っていた。 ゴメスに支えられての回転はこんなに速く回れるのかと思うほど高速で軸も全くぶれない。 グランフェッテは前半は3回に1回膝を曲げ、後半はスピードを一気に上げてすべてシングルの綺麗なフォームで回りきりました。 カレーニョは奴隷らしく控えめな目線を保ち恭しくメドーラとコンラッドに仕えストイックな色香を放出しながらの演技。 ピルエットも軸が真っ直ぐで速くて美しい。

コンラッドが先頭にたった海賊ダンスがなかったのはちょっと物足りなかったけれど、ビルバンドの踊りやフォルバンは男性ダンサーの本領発揮でとても楽しかった。 やはりビルバンドのサッシャ・ラデツキーが踊りに切れと美しさがあって目を惹く。

メドーラとコンラッドのPDD。 ニーナはアクロバティックな振り付けもしなやかな動きでダイナミックに決めていた。 ゴメスは表情豊かに優しくニーナをサポートしている。 足首がとても柔らか且つ強靭そうで、大きなジャンプでも音をさせず着地し、すべるように滑らかに次のパに移っていた。 そして袖に消えていくとき、やったぜ!という感じで許される範囲でのガッツポーズを決めていったゴメス! チャーミング!!

メドーラの言うとおりに開放してしまった女奴隷や宝物を巡ってコンラッドとビルバンドが対立するのは他の版と同じだけれど、睡眠薬を振り掛けた花作戦を持ち出すのはここではビルバンドでランケデムは実行犯。 とはいえ、自分では手をくださず小さな女の子2人を使ってメドーラに花束を渡させていた(笑) 
先に見張り番で薬の効果を確かめるのも同じだけれど、この日の見張り番の倒れっぷりが凄かった(笑) 本当に一瞬にして体中の力が抜けて気を失ってしまったわ!
メドーラが得体の知れない男からもらった花束をコンラッドに捧げてしまうのはどーよと突っ込みたくなる事があるので、こうやって子供からもらったものなら自然な流れかも? でも、子供たちはランケデムに脅されでもしたのかおどおどしてたけどね!(笑)

<3幕>
パシャの宮殿。 こちらのギュリナーラもやっぱりこの生活をけっこう楽しんでいるよなぁー。 コープランドが上手い!
ランケデムに連れられたメドーラを目の前にしたパシャは大喜び! 無邪気だ・・・。 
ステッキを持ったパシャをからかいながら踊るニーナの笑顔のキュートな事と言ったら・・・
お酒を飲みすぎて眠くなったのか、踊って疲れてしまったのか、「寝る~」と言って(笑)下手前方の大きなクッションにダイブしたとたんに眠りに落ちるパシャ。 こちらもとってもかわいい!
パシャの夢の中の華やぎの園。 
コープランドは技術のしっかりしたところを見せてくれる。 ニーナの踊りは3幕になってもまったく勢いが衰えることなく、テンポの速さも伸びやかで美しいムーブメントも驚嘆やため息を誘うだけ。 意外だったのはコール・ド。 黄色のチュチュ組もピンク組も思ったよりも揃っていて、舞台上で気持ちが一つになっているように見えてとても気持ちが良かったです。
巡礼者に変装してメドーラを助けに来たコンラッドたちはあっという間にパシャたちを追い払ってしまう。 コンラッドと作戦の成功を喜ぶビルバンドの手首に巻きつけられた包帯を見つけたメドーラが、洞窟でのビルバンドの犯行をコンラッドに告げるなりコンラッドはビルバンドを躊躇なく拳銃で撃ち殺す。 すぐ撃っちゃうのね・・・。 なんとなくこの辺は西部劇のノリでもあったような・・・。
船出。 
嵐はここで起きるのだった(←やっぱ、つきもんでしょ、海賊に!) 荒れ狂う波に大きく揺れる船。 マストの先でブラブラ揺れているものがあると思ったらマストに登り見張りをしていたらしい海賊の人形(笑)。 しばらくして風に飛ばされていってしまいました・・・。 ま、あってもなくてもいいですけどね。
船は壊れて大海原に沈み、海賊たちも海に放り出される。 
どこかの浜辺まで流されたのか、岩の上にうち上げられたメドーラが目をさますと、コンラッドが岩にしがみついたまま気を失っている。 メドーラに揺り動かされて我に返ったコンラッドとメドーラがお互いの無事を喜びあって、ジ・エンド。


ABTの男性プリンシパル&ソリストの卓越したテクニックと充実した演技をたっぷりと楽しませてもらった「海賊」でした。 そこに大輪のひまわりのようなニーナの輝きが加わって、本当に素晴らしい舞台でした。
そしてカーテンコールでのニーナの人柄にノックアウトされ、彼女がまた日本で踊ってくれるなら絶対に見に行こうと思ったのでした。 2010年の2月に「ロミオとジュリエット」をひっさげてグルジア国立バレエが来日する予定なので楽しみです。 

キャストはこちら
 
この記事のURL | バレエ鑑賞記 2008年 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
マールイ in London / マールイガラ&コルプガラ in Tokyo
2008/07/25(Fri)
ミハイロフスキー劇場のロンドンツアーも今日から後半となり、演目もスパルタクスからジゼルに変わります。

今日、ロンドンにいるプロームが、「ツアーを紹介する映像を一つ見つけたよ。 ロシア語だけど多分興味があると思って」というメールを送ってくれました。 本当に親切ないい人ですね!
こちらがそのニュース映像です。
会場であるコロセウムでのモーニングクラスのためにやってきたダンサーやレッスンの様子も映ります。 この劇場はコヴェント・ガーデンよりも大きいロンドンで一番大きな劇場なのだそうです。
オシペンコ、マトヴィエンコ、ルジマトフのインタビューがありますが、マトヴィエンコはコスチュームに関して「一幕の中だけで3回も衣装変えがあるんだ・・・」とちょっと気をもんでいるようです。 体に身につけなければいけない細かいパーツも多いですものね。
残念ながらロンドンの方たちも興味をもっていたらしいトラの出演は、群衆&動物保護のために許可が下りなかったようです。

Ballet co GalleriesのJohn Rossさんのページの中に22日のドレスリハーサルの写真がたくさんあがっています。 こちら
いや~、ぺレンが薄化粧になったわー!と喜んでいろいろ見ていてドレスリハーサルと気がつきました・・・。 リハとはいえ本番さながらの写真が全部で30枚あって、たっぷり楽しめます♪

けいちかのおもちゃ箱さんに22日と23日のスパルタクスをご覧になったくまのみさんが書き込みをされています。 こちらです(けいちかさん、了解下さりありがとうございました!) 事前に発表していた通りのキャストだったようです。 
スパルタクス役のTurkoとクラッスス役のカスヤネンコの感じがつかめて嬉しいですね♪ プログラムも興味あるなぁ、欲しいなぁ!!

まだプレスのレビューなどを探す余裕がないのですが、週末に時間があったらトライしてみようと思います。 もし、何かご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さいね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、こちらは来年のマールイ来日関係です。
光藍社さんのサイトに1月21日(水)のミハイロフスキー劇場ガラの先行予約のお知らせが載りました。
で、さらにびっくりした事には、20日(火)に「奇才コルプの世界」と題したイーゴリ・コルプのガラが予定されています。 1月、果たして自分はサバイバルできるんだろうか???

ミハイロフスキー劇場ガラ 1月21日(水) 18:30 オーチャード・ホール

ガラではルジマトフが「アダージェット」を踊るそうです。

<予定演目>
「スパルタクス」よりアダージョ 音楽:A.ハチャトゥリアン 振付:G.コフトゥン
「アダージェット」 音楽:G.マーラー 振付:N.ドルグーシン <ルジマトフ出演>
「ドン・キホーテ」よりグラン・パ・ド・ドゥ 音楽:L.ミンクス 振付:M.プティパ
「ダッタン人の踊り」 音楽:A.ボロディン 振付:M.フォーキン/G.コフトゥン
「海賊」第2幕より 音楽:R.ドリゴ 振付:M.プティパ/V.チャブキアーニ  ほか



奇才コルプの世界 1月20日(火) 18:30 オーチャード・ホール

<出演予定>
イーゴリ・コルプ(マリインスキー劇場バレエ)
ユリア・マハリナ(マリインスキー劇場バレエ)
オクサーナ・シェスタコワ(レニングラード国立バレエ)
ナタリヤ・マツァーク(キエフ・バレエ)   ほか

<予定演目、音楽はテープ使用>
「白鳥」
音楽:C.サン=サーンス 振付:R.パクリタル
「グラン・パ・クラシック」
音楽:D.オーベール 振付:V.グゾフスキー 
「ブランコの二人」<世界初演作品>
音楽:J.S.バッハ 振付:R.パクリタル
「海賊」
音楽:R.ドリゴ 振付:M.プティパほか
「ザ・グラン・パ・ド・ドゥ」
音楽:G.ロッシーニ 振付:C.シュプック   ほか

ただし、WEB先行販売は「ガラ公演セット券」となっていて単券の販売はないようです。
DMの方なら20日、21日の公演の単券が買えるのでしょうか? すでに全幕を購入していてここでまたセット券というのは金銭的にもスケジュール的にも辛いです・・・。

この記事のURL | バレエ | CM(11) | TB(0) | ▲ top
ABTの白鳥・・・
2008/07/24(Thu)
微妙です・・・。 主役二人以外は・・・。
以下、雑感ですが、ネタばれにもなりますし、ほとんど褒めてないので、それでも興味あるぞ!という方だけどうぞ↓にお進み下さい。





えーと、まず、プロローグの最後と物語のエンディングのセンスがよろしくないです。
ケヴィン・マッケンジー版の特徴ともいえる二人のロットバルト。 邪悪な魔物であるロットバルトと人々を虜にする力を持ったハンサムな人間の姿をしたロットバルト。 この緑色の邪悪な方の見てくれは、映画「ザ・フライ」で主人公が転送ポッドの実験に失敗したような感じ。 バットマンが転送ポッドを試した時にハエではなくてミドリカメムシがポッドに紛れ込んでしまい悲惨な姿になったという、そんなイメージ(←ってわかります?)です。
プロローグでイケ面ロットバルトに魅了され騙されて太い木の幹の巣に連れ込まれたオデット姫。 そこまではいいけれど巣から出てきた魔物のロットバルトが腕にかかえているのはぬいぐるみ?の白鳥。 首がぴくぴくしていてまるで絞め殺しているように見えました。 ちょっとえげつない。

エンディングは湖に飛び込んだオデットと王子が天国で結ばれるんだけど、夜が明けて昇っていく太陽(子供がよく描くような○のまわりに線をつけた天気予報マーク)を描いた幕越し、その太陽の○の中に二人が浮かび上がるってどうよ・・・。 すんごくチープで思わず笑ってしまった。

普通、1幕のトロワは、主役も踊る事があるレベルのダンサーが踊るべき役だと思うのですが、今日の3人は3人ともコール・ドからの抜擢でした。 ソリスト昇進を期待されているダンサーなのかもしれませんが、今日の踊りを見る限りはちょっとなーでした。
舞踏会の花嫁候補(ロットバルトと絡んだりして踊りはしますが)にソリストを二人投入するなら、こっちに入れて欲しかったですね。

湖畔の白鳥たち・・・。 う~~~む。 ABTだからしょうがないと思うべきなのか・・・。 でも群舞よりも
小さな4羽と大きな2羽の方が問題ありのような気がする。

イケ面ロットバルトのゲンナジー・サヴェリエフはお疲れなのか海賊のときのような圧倒感がなかったです。 残念。 まぁ、振り付けもあんまり面白くないしね。

舞踏会での各国の踊りはデイヴェルティスマンらしい弾け方と華やかさが足りません。 特にスペインは黄色の衣装も変だったけど踊りがつまらなかった。

イリーナはテクニックに秀でていて、どちらかというとアレグロ系でオディールの方がきらきら輝いていました。 マキシムは少し華が足りない気はしますが端正でそつのない踊り。 

まー、こんな感じでチケット代は半分なら許すという感じでした。


オデット/オディール : イリーナ・ドヴォロヴェンコ
ジークフリード王子 : マキシム・ベロセルコフスキー
王妃 : ナンシー・ラッファ
家庭教師 : クリントン・ラケット
王子の友人 : ブレイン・ホーヴェン
ロットバルト : ロマン・ズービン,ゲンナジー・サヴェリエフ

≪第1幕≫
パ・ド・トロワ : メリッサ・ト-マス,シモーン・メスマー,ブレイン・ホーヴェン

≪第2幕≫
小さな白鳥 : ジェマ・ボンド,サラ・レイン,アン・ミルースキー,レナータ・パヴァム
2羽の白鳥 : クリスティ・ブーン,カレン・アップホフ

≪第3幕≫
式典長 : クリントン・ラケット
ハンガリーの王女 : ミスティ・コープランド
スペインの王女 : サラ・レイン
イタリアの王女 : ジェマ・ボンド
ポーランドの王女 : イザベラ・ボイルストン
チャールダーシュ : マリアン・バトラー,パトリック・オーグル
             ニコール・グラニーロ,エリーナ・ミエッティネン,ローレン・ポスト,サラ・スミス
             トビン・イースター,ルイス・リバゴルダ,アロン・スコット,エリック・タム
スペインの踊り : メラニー・ハムリック,ヴィターリー・クラウチェンカ
サラワニー・タナタニット,アレクサンドル・ハムーディ
ナポリの踊り : ジョゼフ・フィリップス,トビン・イーソン
マズルカ : ニコラ・カリー,ルチアーナ・パリス,デヴォン・トイチャー,メアリー・ミルズ・トーマス
: グレイ・デイヴィス,ロディ・ドーブル,トーマス・フォースター,ショーン・スチュワート
ロットバルト : ゲンナジー・サヴェリエフ

≪第4幕≫
オデット : イリーナ・ドヴォロヴェンコ
ジークフリード王子 : マキシム・ベロセルコフスキー
ロットバルト : ロマン・ズービン
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
2008/07/23(Wed)
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」
原題 : INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL (2008年 米 122分)
監督 : スティーブン・スピルバーグ
出演 : ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、ケイト・ブランシェット、カレン・アレン
鑑賞 : 7月11日 (新宿プラザ)

インディ

1957年.相棒マック(レイ・ウィンストン)に裏切られ、スパルコ(ケイト・ブランシェット)率いるソ連工作員の魔手から危うく逃れたインディ(ハリソン・フォード)。大学も強制休職となり街を出ようとしていた彼に、マット(シャイア・ラブーフ)という若者が声をかけてきた。いわく「伝説の古代秘法“クリスタル・スカル”を手に入れられる」という。その言葉を信じ、インディはマットと共にペルーへと向かう。 そこでようやくクリスタル・スカルを手に入れるものの、待ち構えていたスパルコたちに捕らえられてしまい…… (goo映画より)。

ハリソン・フォードもインディも好きだし、過去3部作のファンとしては19年ぶりの新作が楽しみな一方で、60代半ばというハリソンがファンの中のインディのイメージを壊さず上手く年齢を重ねて行ったインディ足りえるのか、あれからいろいろな映画を見てきた自分がすんなりインディの世界に戻れるのかなど不安要素も少なからず・・・。

20年近くの歳月を経て蘇ったインディの新たな冒険とはどんな過去の遺産との遭遇なのかと思って迎えた冒頭はいきなりロックンロールにオールドカー ・・・。 そうか、これがインディの時代だよなと
改めて懐かしい気持ちになり半世紀前にすんなりタイムスリップ。

インディ1

19年ぶりのハリソン@インディはいきなり捕らわれの身で登場・・・。 やはり月日を感じさせるなぁ・・・。
いきなりのアクションもそれなりに見せてくれましたが、なかなかしんどそうでもある。 スパルコの命に従いインディは倉庫内にある多くの木箱の中から異常なほどの磁気を発している一つの箱を見つける。 スパルコがその木箱を開けてみると「ロズウェル1947」と書かれた棺のようなものがあり、さらに棺をあけるとそこにはどうみても地球外生命体のような物体のミイラが・・・。 と、これだけで物語の落し所がわかってしまったのは少し残念だった。
あのスカルはエイリアンの頭の形とそっくりだよなー

次々といろいろな事件がおこり、アクションシーンもこれでもかというくらいに用意され、話の展開も飛ぶように速いし、おきまりの有り得ないシーンもほどよく散りばめられていて全く厭きさせないのだけれど、ちょっとハラハラドキドキ感に欠ける。
ロシアのナンバー2、ドフチェンコがもっとぞくっとするような冷血漢だったら緊張感も高まっただろうか? その辺を適度に補ってくれたのがウーガの戦士たち。 壁や天井が姿を変える様にしてわらわら現れるのがけっこう不気味だった。

年齢を感じさせると書いたハリソン・フォードだけれど、物語が進んでいくにつれ、やはりこの人の大らかでセクシーで男臭い魅力はハリソンだけのものと再認識させられる。 まぁ私にとってこの人は、たぶん永遠にハン・ソロなのだけれど!
しょっぱなからエンディングはわかってしまったし、マットとの関係もそれしかないだろうというくらい察しがつきやすいものだったけれど、ハリソン@インディの健在ぶりをこの目で確かめられてやはり見て良かったと思った一本でした。

今回の悪役、ロシアの麗人武官スパルコを演じるケイト・ブランシェット。 抜群の存在感を放っていたのだけれどこういうまるごとエンターテイメントな映画の役まで彼女にもっていかれちゃうのかと思わないこともなかったり。 ロシア風なまりのある英語をごく自然にしゃべっているところがさすがだし、おかっぱ風ボブの彼女はエリザベスを演じた人とも思えない変貌振り!
あっさりインディを裏切ったかと思えばまた行動を共にするマックを演じるのはレイ・ウィンストン。 多少面影はあるものの、あのベオウルフはどれだけCGで別人にしちゃったのか・・・。
カレンの息子のマット役のシャイア・ラブーフ、「アイ、ロボット」、「コンスタンティン」、「ボビー」、「ダイ・ハード4」、「トランスフォーマー」とけっこう出演作品を見ていたことに驚くけど、ボビー以前は記憶になし。 売れているようだけど個人的には好きなタイプではないし(笑)、まだまだハリソンの帽子を受け継ぐのは早いわよ!!
マットのシンボル、革ジャンにグリースはマーロン・ブランドやジェームス・ディーンにあこがれる世代を印象付けるためのものなのですね。
この記事のURL | 映画(あ行) | CM(2) | TB(5) | ▲ top
マールイロンドンツアー まもなく開幕!
2008/07/22(Tue)
スパル

宣伝にもなりますし?、無断借用させていただいちゃいました♪(お許しを)♪

マールイのロンドンツアーの初日開幕まであと約5時間となりました。
スパルタクス上演のために総勢何名の関係者がロンドン入りしたのでしょうね?
相も変わらず気になるのはミラ&シャキーラ母子も海を渡るのか・・・ということですが、Ballet.coには今回トラの出演はないらしいという書き込みも・・・。
あちらの方もけっこう気になっているようですね(笑)

レビュー用のスレッドもこちらにできているようですが、スパルタクスの写真の他になぜかチッポリーノ写真が出ています。 なんでジゼルじゃないの?
レモン王子のマラトと警察官だったけ?のシヴァコフの写真ではありますが・・、これがクラッススとアルベルトには結びつかないでしょ!(笑)
明日からこのページも要チェックですが、ロンドンの観客の反応はどんななんでしょうね。

すべてのダンサーが、自分らしく、持てる力をすべて発揮できる素晴らしい舞台になることを願います。 そして誰も怪我や病気などで辛い思いをする事がありませんように
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
PCのその後と新宿ピカデリー
2008/07/21(Mon)
金曜日に突然ネットワークに繋がらなくなってしまったデスクトップですが、どーにも思うようにならないのでウィンドウズを再インストールしようとしたら、コンピューターがCDを読み込まない。 仕方なくカスタマーサービスに電話でSOS。アドバイスを受けても全くダメ。 昨日PCデポに持ち込んで見てもらったところマザーボードに障害があるようなのでメーカーに修理に出さないと駄目との事でした。 お盆もあるので一ヶ月くらいはかかるだろうし、修理代に関しては予想がつかないとまで言われてしまいました。 
ノートやネットカフェがあるとはいえ、いろいろなソフトを入れていたPCが一ヶ月も使えないのはかなり不自由だしストレスフルなので、買い替えサイクル的には少し早かったのですが、故障したPCを郵送して修理をしてもらっても金額的には大差ないという話だったので新しいデスクトップを購入することに決め、今日秋葉原に行ってきました。

11時過ぎ頃家を出たのですが、思っていた以上に道がすいている・・・。
エコ発進してしばらくの間エコモードで走っているような人もいて、ところどころ進み具合が遅いところもありましたが、かなり早く着いてしまいました。 
先日の事件がちらっと頭をかすめましたが、歩行者天国はなくなってしまったもののゴチャゴチャ賑わっていたのはいつもどおりでした。

そんなわけでPC環境は元通りになったのでメールも通常のアドレスに送っていただいて問題ありません。
普通のキーボードを思い切りたたけるようになってしあわせ~~♪


途中靖国通りを走っているとき、シネコンとして生まれ変わったばかりの新宿ピカデリーの前を通りました。 1000席以上あったピカデリー1の後方の席で、大スクリーンを少し見下ろす角度で見るのが好きだったのですが、全部で10館入っている新ピカデリーでは一番大きな劇場でも座席数は580席です。 その一番大きな劇場にはプラチナシート23席とプラチナルーム2室(各2名)が設けられていてプラチナ客専用エレベーター利用でビップ気分に浸れるらしいです(笑) 先日ニュースで見ましたが、プラチナルームは1室3万円だそう! でも3万円もするのにスクリーンを真正面から見る位置ではなく両端というのがなんだかなーでもありますが・・・。 空室である確立が高いと読んでの事なんだろうか?
座席表を見る限り、どの映画館もセンターブロックの椅子の並べ方に工夫は見られないんですよね。 勾配もたいしてなさそうだし。 綺麗なロビーやおしゃれなショップも良いのですが、画面が見やすい&目に優しいという事にももうちょっと配慮して欲しいな。 
今年一杯で新宿プラザも閉館となり、昔ながらの大スクリーンの映画館は新宿ミラノだけになってしまいます。 時代の趨勢とはいえ、淋しいものがあります。
この記事のURL | 雑記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
公演チラシから
2008/07/20(Sun)
昨日の公演会場でもらってきたチラシからいくつかピックアップ。

まずはマールイ冬公演。
6月下旬の新国「白鳥」の会場でもらったチラシが1枚のペラペラなものだったので、今年はこれで通すの?とちと淋しい思いだったのですが、ちゃんと出ましたね! 三つ折りのチラシ。 例年は白鳥が表紙なので湖バックのブルー系の表紙なんだけど今年はライモンダが表紙で舞台セットの背景画のためにちょっと暗いトーン。 余談ですが、2003年から自分が行った公演と主だった公演のチラシを48枚袋がついているポケットファイルに保存してあります。 時々思い出したように開いてはいろいろなことを懐かしく思い出したりしていますが、このクリアファイルは今までに100円ショップで買った一番の優れものかもしれない(笑)
で、マールイのチラシの中身ですが、演目ごとの写真のジゼルでは、しっかり民代さんとコルプのツーショット写真(合成ではなさそうです・笑)。 「海賊」、ちっちゃく映っているコンラッドはツァルかな?
東京公演スケジュール一覧では、未定だった1月10日ソワレのオデットがコシェレワとなっていました。 ゲスト公演初日の15日のメドーラはいったい誰? そしてしつこい独り言ですが、東京公演のシヴァコフ、なんとかなりませんか・・・・、ふぇ~~ん。 あとステパノワの名前が主演キャストの中にないのも淋しい。
中旬予定と発表されていたミハイロフスキー劇場ガラは1月21日(水)、オーチャードホールにて18時30分開演予定となっています。 チケット代は15,000円。 見る側としてもコール・ドの次くらいにタイトスケジュールだな・・・。 日本では未発表の作品も含めた豪華なプログラムが用意されるとあります。 ひょっとしてスパルタクスのPDDとか見られるかしら? その日だけの出演のためにマトヴィ来日なんてないだろうか・・・。

12月のボリショイ公演のチラシもフィーリン出演予定変更後の新しい見開きチラシが出来ていました。
「明るい小川」にフィーリンのロマンティックチュチュ姿の写真があります♪

11月下旬に「眠れる森の美女」と「オネーギン」を公演するシュツットガルト・バレエ団。
チケットの一般売り出しが来週土曜日26日に迫ってますが、どうしようか悩みどころ。 チラシにも写真が載っているフォーゲルのデジレには大いに惹かれます・・・。 「オネーギン」のレンスキーも捨てがたい・・・。 
同時期に彩の国さいたま芸術劇場で予定されているナチョ・ドゥアト スペイン国立ダンスカンパニー 「ロミオとジュリエット」にも行きたい。
でも、12月のボリショイと1月の怒涛のマールイを控えてこの3連休に2日家を空けるのもいろいろと難しいところもあり、思案のしどころだなぁ。

2009年10月にはニューヨーク・シティ・バレエの5年ぶりの公演が予定されているようです。 詳細は後日発表との事。 nycb2009@kyodotokyo.comに空メールを送ると詳細が決定しだいメールで連絡してくれるそうです。

ABTの公演プログラムに来年のマリインスキーの公演の広告がありました。 2009年11月で演目が「白鳥の湖」と「眠りの森の美女」。 う~~~ん・・・、3年ぶりの来日の全幕公演がこの二つだとしたらちょっとつまらないなぁ。 「白鳥」が必須ならもう一演目は「バヤデルカ」か「ドンキ」が良かったけれど、ドンキだとボリショイと同じになるので招聘元としてはうまくないのかな? それにしても、あともう一演目、魅力的なトリプルビルくらいは用意して欲しいなぁ! 
ロパートキナの写真を使っている以上、彼女を絶対呼んでくださいねー!!


 号外、号が~~い 
おロシア人さんにコメントで教えていただきました(ありがとうございます)。 ルダチェンコが祭り班に参加しているとの事です!! うーれしぃ~~! 
おロシア人さんの記事はこちらです。
この記事のURL | バレエ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ブラボー! ニーナ!!
2008/07/20(Sun)
ABTの「海賊」初日を見て来ました。
ニーナ、ゴメス、カレーニョの主役3人が素晴らしい出来でしの楽しい舞台でした。

ABTの「海賊」は初見ですが、冒頭とラストが私的スタンダードのマリインスキー、マールイとは違いました。
ネタばれになりますが・・・・、
まず、しょっぱなの海賊船の難破シーンがなかったのに肩透かし(笑)

主役3人が素晴らしかったと書きましたが、その中でもニーナのパフォーマンスは踊り、演技ともにびっくりするほどの素晴らしさでした。
特にパ・ド・トロワでゴメスのサポートを受けた回転は目を見張るほどの高速で軸も全くぶれない。 コンラッドとのパ・ド・ドゥでも肢体の動きはとてもしなやかなのにダイナミック。 1幕から3幕までスピードもジャンプの高さも全く衰える事はありませんでした。 50歳になっても60歳になってもいつまでも今のまま踊っていられそうに思うくらい。

ゴメスは男気が溢れまくっている熱い海賊の首領でした。 踊りは柔らかでダイナミック。 ラインも綺麗でした。

カレーニョは踊るシーンが少ないけれど、彼らしいノーブルさ溢れるアリでした。 俺様オーラみたいなものはなかったけれど、慎み深い色気?とでもいうのか魅力的。

その他、個人的に気に入ったのがビルバンド役のサッシャ・ラデツキー。 手足の動きがとても綺麗で跳躍も高く、演技もとても良かった。

そして、特筆すべきはカーテンコール。 主要キャストのダンサーたちが何度も何度も出てきてくれては丁寧なレヴェランスを繰り返してくれたのですが、客電もつき、もう終わりかなと思ったときにゴメスが出てきてくれて、カーテンの中に向かって「えー、それいくの、まじ?」みたいな表情を見せたと思ったら、ニーナが走りこみダイブを披露。 一作品踊り終えても余力たっぷりで、ものすごいファンサービスをしてくれました。 観客も総立ちで大喝采、幸せな気持ち一杯で家路に着きました。


コンラッド (海賊の首領) : マルセロ・ゴメス
ビルバント (コンラッドの友人) : サッシャ・ラデツキー
アリ (コンラッドの奴隷) : ホセ・マヌエル・カレーニョ
ランケデム (市場の元締め) : ゲンナジー・サヴェリエフ
メドーラ (ギリシャの娘) : ニーナ・アナニアシヴィリ
ギュリナーラ (パシャの奴隷) : ミスティ・コープランド
セイード・パシャ (コス島の総督) : ヴィクター・バービー
海賊の女 : マリアン・バトラー
海賊たち : アレクセイ・アグーディン,グラント・デロング,ケネス・イースター,ジェフリー・ガラデイ,
        アレクサンドル・ハムーディ,ブレイン・ホーヴェン,パトリック・オーグル,アイザック・スタッパス
海賊の女たち : ジェマ・ボンド,カリン・エリス=ウェンツ,ツォンジン・ファン,アン・ミルースキー,
           ルチアーナ・パリス,サラワニー・タナタニット,カレン・アップホフ,ジェニファー・ウェイレン
オダリスク : マリア・リチェット,クリスティ・ブーン,ヴェロニカ・パールト
赤い服の衛兵 : ミハイル・イリイン,ジョゼフ・フィリップス,アレハンドロ・ピリス=ニーニョ,ルイス・リバゴルダ
商人たち : ダニエル・マンテイ,コリー・スターンズ,ショーン・スチュワート,ロマン・ズービン
市場の女たち : ユン・ヨン・アン,ニコール・グラニーロ,イサドラ・ロヨラ,アマンダ・マグウィガン,
           エリーナ・ミエッティネン, ローレン・ポスト,クリスティーン・シェヴチェンコ,デヴォン・トイチャー,
           メアリ・ミルズ・トーマス,キャサリン・ウィリアムズ
海賊の踊り : マリアン・バトラー,サッシャ・ラデツキー,海賊たち
フォルバン : マリアン・バトラー,サッシャ・ラデツキー
         カリン・エリス=ウェンツ,ルチアーナ・パリス,アレクセイ・アグーディン,アイザック・スタッパス
パシャの助手 : アレハンドロ・ピリス=ニーニョ
黄色い服の女たち : マリアン・バトラー,マリーヤ・ブイストロワ,ツォンジン・ファン,アン・ミルースキー,
              レナータ・パヴァム,カレン・アップホフ
オレンジ色の服の女たち : カリン・エリス=ウェンツ,メラニー・ハムリック,シモーン・メスマー,ルチアーナ・パリス,
                 メリッサ・トーマス,ジェニファー・ウェイレン
赤い服の女たち : ジェマ・ボンド,イザベラ・ボイルストン,ニコラ・カリー,ニコール・グラニーロ,
エリザベス・マーツ,ジャクリン・レイエス,ジェシカ・サーンド,ヒー・セオ,サラ・スミス,
            サラワニー・タナタニット,デヴォン・トイチャー,リーヤン・アンダーウッド
この記事のURL | バレエ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ABTブログ(コレーラ関係追記あり) /  業務連絡
2008/07/18(Fri)
昨日よりABTの公演が始まりましたが、公演ブログがものすごい勢いで更新されています。 今日一日でガラのリハレポ、ダンサー紹介、ガラを見に来た著名人のコメントや19日から21日海賊のキャストまで、10件近く記事があがっています。 こちら
海賊のキャスト表には子どもたち役で出演するバレエ・シャンブルウエストのお子さんたちの名前までちゃんと出ているんですね。 舞台に出るお子さんたちにとっても良い記念になりますね!

アンヘル・コレーラが怪我のために来日ができなくなって明日以降の公演では以下のようなキャストが変更が出ています。 コレーラの怪我があまりシリアスなものでないとよいのですが・・。


≪海賊≫ アリ役
  7月19日(土)18:30 ホセ・マヌエル・カレーニョ
  7月21日(月・祝)13:00 エルマン・コルネホ

≪白鳥の湖≫ ジークフリート王子役
  7月25日(金)18:30 イーサン・スティーフェル

≪びわ湖公演オールスター・ガラ≫
  7月26日(土)18:00
    「ドン・キホーテ」 アンヘル・コレーラ → エルマン・コルネホ
    「ラビット・アンド・ローグ」 エルマン・コルネホ → サッシャ・ラデツキー

≪大阪公演 海賊 アリ役≫
  7月27日(日)15:00 ホセ・マヌエル・カレーニョ

**追記**
コレーラファンのいちぞーさんより、いちぞーさんのブログにいちぞーさん独占インタビューのコレーラの記事をアップしたとのお知らせをいただきました。 こちらのブログです。
雨に悩まされた旗揚げ前公演の様子や、その公演、日本への来日ができなくなってしまった経緯などコレーラが率直に語ってくれています。 ご興味のある方、ぜひご一読下さい。



そして業務連絡です。
家のデスクトップがネットワークに繋がらないため、メールを見ることができません。
お急ぎの方はお手数ですがブログのメールフォームよりメールをいただけるようお願い致します。 goo mailで受け取れますのでラップトップよりアクセス可能です。 尚、本日昼ころまでにいただいたメールには目を通してあります。
ノートパソコンってほとんど使ったことがないのでキーボードが上手く使えなくてイライラするし、時間がかかるし・・・。
家人曰く、デスクトップの状態は重症との事で、明日公演から帰ってくるまでに直るのだろうか?
つーか、直してね!
この記事のURL | バレエ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
野茂投手、現役引退
2008/07/17(Thu)
日本人大リーガーの草分け的存在だった野茂英雄投手が本日現役引退を表明したそうです。

私は野茂投手を球場で実際に見たのは1度きりですが、1990年、彼が近鉄に入団した年の横浜スタジアムでのオールスターゲーム第1戦だったのでよく覚えています。 あのトルネード投法を目の前で実際に見られた事にけっこう感激したものでした!

野茂がドジャーズに入団して活躍をし始めた頃からNHKでも大リークの試合を数多く放映するようになりました。 それによって大リーグが一挙に身近なものとなり、他のプロ野球選手が自分もあそこで試してみたいという夢を次々に叶えていったんですよね。
私的にもご贔屓の選手が何人か出てきて、野茂の登板試合以外にも楽しみが増えていきました(笑)。 今、松井を除く一押し大リーガーはジーターですが、あの頃はマイク・ピアッツアだった!

野茂投手の大リーグでの記念すべき1勝目はドジャーズに入団した1995年の6月2日、ドジャースタジアムでのメッツ戦に2-1で勝利した試合です。 それを記念した5000個のリミティッド・エディションの記念ボールがこちら。
            nomo.jpg                nomo1.jpg

LAに野茂を応援に行った友人からもらった大切なものです。

彼のメジャー13年の成績は123勝109敗(日米通算では201勝155敗)。 メジャーで2度もノーヒット・ノーランを達成しています。 
1996年ロサンゼルス・ドジャース 9月17日の対ロッキーズ戦
2001年ボストン・レッドソックス  4月4日のボルチモア・オリオールズ戦


3,4年前からはあまり活躍する姿を見る事ができなくなっていましたが、選手生活は米国で全うするという姿勢だけは変わらなかったですね。 メジャーのマウンドが何より好きなのだそうです。
彼はすでにNOMOベースボールクラブというアマチュアの野球チームを設立運営しているので、今後どのように野球に携わっていくのか気になるところです。
何はともあれ、長い間お疲れ様でした!
この記事のURL | スポーツ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
アニハーノフさんの近況
2008/07/16(Wed)
アニハーノフさんをよく知る人から彼の近況を教えてもらいました。
Now he works in Filarmony theater との事なのですが、Filarmonyというちょっと怪しいスペルは多分「フィラルモーニア」とペテルブルグの人たちに親しまれているショスタコー・ヴィチ記念サンクト・ペテルブルク・アカデミー・フィルハーモニーの事だと思います。 ウェブサイトはこちら
現在発表されている公演スケジュールでアニハーノフさんが指揮をするのは2009年1月11日です。

今でも拙ブログにアニハーノフさんの名前で検索していらっしゃる方が多く、彼の近況が気になっているファンは多いのだろうと思い今日の記事としましたが、もし、この情報が間違っているというような事をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけると助かります。

7月11日のサンクト・ペテルブルグ タイムスにマールイのロンドンツアーの記事がありました。 新演出のジゼルについての解説がメインですが、その中に
The Mikhailovsky Theater’s new “Giselle” was prepared under the aegis of its music director and conductor Andrei Anichanov
という一節がありました。 アニハーノフさんの作品に対する深い理解と愛情に支えられて出来上がった作品でもあるのですね・・・。 来年の1月の公演ではそんな事も心において鑑賞したいと思います。
この記事のライターは7月1日の「ジゼル」を観たようですが、サビーナのジゼルは優雅で情緒豊かだったと評しています。 パートナーのセミョーン・チューディン(誰なの~~?)についてもとても実力のあるダンサーでサビーナのパートナーを見事に務めたとあります。

余談ですが、
巨匠ユーリ・テミルカノフ氏が芸術監督主席指揮者を務めているショスタコー・ヴィチ記念サンクト・ペテルブルク・アカデミー・フィルハーモニーは、、11月7日(金)にNHKホールで庄司紗矢香さんをゲストに迎えての公演予定があります。 庄司さん、大好きなヴァイオリニストなので聴きに行きたいと思っている公演です。
この記事のURL | バレエ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
クララ付録DVDインタビュー ロマチェンコワ編
2008/07/15(Tue)
彼女のインタビューは、お子様向けとしては少し内容が難しいかもしれません。 ここに起筆するのもちょっと大変・・・。  でも、舞台前のレッスンの様子などが豊富に収録されていてとても貴重な映像です!

ロマチェンコワのインタビューをかいつまんでご紹介 

バレエは好きだったけれどワガノワに入学したのは偶然。
普通のバレエスタジオで習っていたときにそこの先生にワガノワを受ける事を勧められたけれど、自分にできるかどうかわからないし気が進まず不安だった。 最終的には母の勧めで入学を決めた。
家族にはバレエ関係者はいなく両親は二人とも医師で、祖父は文学者。 自分は読書がとても好き。バレエを習う上で教養を身につけると共に音楽や芸術に触れることも大切だけれど、たくさんの美しいものに触れていくのが大事。 自然の中に桜が咲いているのを美しいと感じたり、ちょっとした美しいものに触れるとそういったものが心の中でハーモニーを奏でる。 その美のハーモニーがいずれはステージ上に表現となって現れる。
散歩が好き。 自然の中をゆったり歩きながら自分自身の心の中の様々な感情の動きというものを感じていくのが好き。 ツアー中も散歩は欠かさない。 外を歩き心のバランス、平静さを保つように心がける。


どんな事を目標に踊っているか
とにかく誠実にやれるだけのことを精一杯やるのが自分のポリシー。 たとえバレエ団がどんなに変わったとしても自分は変わらない。 それは自分の性格のせいもあるし、自分のスタイルというものも少しずつできてきていると思うので自分は変わらないでいたい。 自分自身に誠実に、自分の中にある自分に合わせていくのが大事。 そして人々に喜びを与えて行きたい

好きなダンサー
学生時代から好きなロパートキナは今もあこがれ。 彼女の事が好きなのは彼女がとても心豊かで賢い女性だと思うから。

子供たちには
クラシック、コンテンポラリーなどいろいろなものを見て欲しい。 いろんなバレエ団のパフォーマンスを見てそれを自分の中で意識して比較したりする事も凄く大事。

トゥ・シューズについて
履いているのはグリシコ。 新しくおろすときはまず履きやすくする為に靴の底を手で曲げて柔らかくする。 甲が前に出すぎてしまわないようにゴムを斜めにつけて前ぐりを糸でかがる。 滑り止めに革を貼る。

ロマチェンコワにとってバレエという芸術に触れさせてくれたご両親の存在はいろいろな面で大きいようです。 文学者のおじいさまの血筋か、表現がとても詩的というか哲学的というか・・・。 ナイーブな感じも受けました。 彼女の踊りを「潔い」とか「端正」とか表現する事が多かったのですが、どうしてなのかが何となく分かったようにも思いました。
今年の夏、彼女に会えないのが余計に淋しくなってしまいましたわ・・・。
この記事のURL | バレエ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
クララ付録DVDインタビュー コシェレワ編
2008/07/14(Mon)
付録DVD見たさにクララ8月号を買いました。
インタビューが収録されているダンサーはフィリピエワ、コシェレワ、ロマチェンコワ、ツァオ・チー、佐久間奈緒さんの5人です。
まだ、コシェレワとロマチェンコワしか見ていませんが、各々10分くらいあってびっくりするほど充実した内容です。 おまけにオーチャードホールでのバーレッスンやドン・キの2幕夢の場のレッスンの様子など、マールイのダンサーがたっぷり見られるのでとってもありがたい。 ロマチェンコワ編にはシヴァコフも3秒くらい映りました(笑)

コシェレワのインタビューをかいつまんでご紹介 

10歳でバレエ学校に入学しバレエを始めたけれど、最初の一年間は足が痛いし両親のもとに帰りたくていつもいつも辞めたいと思っていた。
2年目からはだんだん楽しくなってきたけれど、本当に楽しいと思えるようになったのは自分がなにか「できるな!」と思えるようになった14歳ころ。 好きな授業はクラシックバレエの授業でキャラクテールはそれほど好きではなかった。
踊りたい役というのは年齢によって違う。 ある役を踊りたいのに踊らせてもらえない事があっても10年後にやっと踊れた時にその時でよかったんだと思うこともあるし、若い頃に踊ったものを後から踊ってその違いを感じてみたり、人によって違うけれど踊る役に関してはだんだんこなしていくべき順序というのがあるように思う。
最近は踊りたいと思っていたオーロラを踊ることもできたし、ライモンダも踊った。 白鳥、ジゼル、海賊、バヤデルカと自分が踊りたいと思っていたものはほとんど踊ることができた。
舞台では是非心を観てもらいたい。 ダンスには心が大事。 自分が満足して踊ればその満足感を観客も共有してくれる。 体がきつかったり気持ちがついていかない時もあるけれど、毎回ベストな心の状態で舞台に臨めるように努力している。


バレエを習っている人へのメッセージとして
バレエという芸術はとても大変で、ときに希望を失ってしまうような事もあるだろうし、場合によってはバレエと関係ない周りのいろいろな事に振り回されることもあると思う。 その中でしっかりと自分を強く持って努力を惜しまず練習に励み頑張ってください。 そうやって努力を続けていって観客があなたのダンスを見て喜んでくれたらそれが大きな喜びになります。 それを忘れず自分を信じて下さい。

トウ・シューズについて
履いているのはグリシコ。 シューズをおろすときは、滑らないようにまず先のところに革を貼って白い糸でかがる。 その材料は日本で買う。
足のかたちは甲が低すぎもしないし出すぎてもいないちょうど良い形で強くて回転しやすい足。 こんな足を与えてくれた神様に感謝している。
シューズは工場からダンサー個人あてに箱で届くので今は個人的に注文をつけられる。 自分はかかとの部分を縫わずに広がっている状態でオーダーしている。



コシェレワは可愛らしい顔のイメージとはちょっと違う低めの落ち着いた声で、きちんとして真面目な受け答えは彼女の人柄そのものでしょうし、とても知的な話し方でした。 学校時代の思い出を語っているときはなんとなく目が潤みかけているようにも見えたり・・、バレエを習っている人へのメッセージは、まさに彼女自身、そうやって自分を奮いたて励ましながらバレエ人生を歩んできたという事なんでしょうね。
映像にはバーレッスンの他にオシペンコ先生とのレッスンやプハチョフとの眠りのPDDの練習の様子などもあります。
この記事のURL | バレエ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
マールイ公式サイト&ボリショイブログ
2008/07/12(Sat)
マールイ公式サイトにヤパーロワとヤフニュークのインタビューが上がりました。 こちら

ヤパーロワちゃん、私も今回の来日でとっても好きになりました♪ 連日出演にもかかわらずいつでも笑顔を絶やさずまじめに一生懸命踊っていた姿がとても印象深いです。
やっぱりコレゴワとはタッチキンに共に所属していた時期があったのですね。 タッチキンを出て別々のバレエ団に所属する二人がマールイの日本公演で一緒の舞台に立つというのも面白いものですね。 快活で人なつっこそうなヤパーロワちゃんとは対照的に言葉も少なめでシャイな感じのヤフニューク。 いずれマールイが「チッポリーノ」を持って来てくれる時には是非彼らの主演舞台も観たいです! 彼らはイギリスではとても人気があるようなので、あと10日に迫ったマールイのロンドンツアーでも頑張って欲しいです。 ジゼルでぺザントPDDとか踊るのかな?
華麗なるクラシック・ハイライトでは「サタネラ」、「眠りの森の美女」よりフロリナ王女と青い鳥のグラン・パ・ド・ドゥなどを踊るそうです。 楽しみなり!

マールイ情報がもう一つ。 7月10日発売のクララ8月号の付録「あこがれダンサーのインタビュー」DVDにコシェレワとロマチェンコワのインタビューが収録されているそうです。 わお!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

本当にどうなる、というかどうする気なんだろう(←JA)と思っていた12月のボリショイの、フィーリン関連の変更キャストが発表になりましたね・・・。 こちら
ふ~~~む!です。

ドン・キホーテ(12月3日(水)18:30)
   セルゲイ・フィーリン → デニス・マトヴィエンコ
白鳥の湖(12月6日(土)18:00)
   セルゲイ・フィーリン → アルテム・シュピレフスキー
明るい小川(12月10日(水)19:00) 
   エカテリーナ・クリサノワ → ニーナ・カプツォーワ
   アンドレイ・メルクーリエフ → デニス・マトヴィエンコ
   ヤン・ゴドフスキー → セルゲイ・フィーリン

当初、すべての演目をマーシャと3日、6日、9日の日程で踊る予定だったのが、「ダンチェンコの芸術監督に就任する事になったので日本公演には一部のみ参加、その中で一つでも多くの公演に出演したい」という意向でこうなったそうですが・・・。
一つでも多く出たいならドンキと小川に出て欲しかったと思うのですが、そうなると滞在期間が長くなってしまうからというのもあるのでしょうね。 マーシャ&フィーリンすべて取っている私としては、どーーしてもドンキはフィーリンで観たかったのですが、マーシャとのコンビがどうなんだろう?とは思うものの、デニスならベストな代役です。 「白鳥」は・・・、こういうこともあるよね・・・って感じですかね? 頼むから姿勢だけは美しくね!
個人的にはそんな感じですが、メルクリ君が見たくて10日のチケットを取った方には予期せぬ変更ですよね・・・。 デニスには白鳥も踊ってもらってメルクリもクリサノワもそのままというわけにはいかなかったんでしょうかね? そしたら私ももっと嬉しかったけどな!
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
グアンタナモ 僕達が見た真実
2008/07/12(Sat)
「グアンタナモ 僕達が見た真実」
原題 : THE ROAD TO GUANTANAMO (2006年 英 96分)
監督 : マイケル・ウィンターボトム、マット・ホワイトクロス
出演 : アルファーン・ウスマーン、ファルハド・ハールーン、リズワーン・アフマド
鑑賞日: 6月21日 (DVD)

グアンタナモ

パキスタン系イギリス人のアシフは、結婚式を挙げるため友人のローヘル、シャフィク、ムニールを誘い、パキスタンへ向かった。そこで隣国アフガニスタンの様子を知った彼らは、実情を見るために国境を越える。その直後、米軍の空爆が始まった。混乱の中、ムニールは行方不明になり、残った3人はタリバンとまちがえられ、捕虜になる。やがて彼らの素性を怪しむ米軍により、3人はキューバのグアンタナモ基地へと移送される…。(goo映画より)

アシフ、ローヘル、シャフィク本人たちのインタビューをまじえてドキュメンタリー色を強く出しながら、彼らの2001年9月から2004年3月までの3年半を再現ドラマで描いた優れた一本だったと思う。

映画を見ている間も見終わった後も、このようなことが起こっていいわけがないと重い気持ちになり言葉を失う。
グアンタナモ1


イギリスで普通に暮らしていたパキスタン系英国人が、結婚がきっかけで彼らのルーツであるパキスタンを訪れた際に、米国の軍事介入で混乱が生じている隣国アフガニスタンの実情を知り、困っている人たちを助けたいという、意気さかんな若者らしい純粋な気持ちで足を踏み入れたアフガニスタンで、なぜあんな事にまきこまれなければならないのか・・・。

混沌の中、誰が味方で誰が裏切り者なのかもわからず、気がついたときはタリバンと行動を共にしていたために北部同盟軍に捕まり、アラブ系の外見が災いしてアルカイダのメンバーと疑われ米軍に拘束される。 ロックしてしまえば中は真っ暗闇、高温、酸素不足の貨物用のコンテナに押し込められ、
拘留地に到着するなり外から機関銃の容赦ない銃撃を受けるという信じられない行為を奇跡的に生き抜いた彼らを待っていたのは二つの収容所での過酷な日々。
とりわけキューバのグアンタナモ収容所での人を人とも思わない扱い、アルカイダのメンバーであると自白させるだめだけの容赦ない拷問は想像を絶する。 
屋外のコンクリートの上に並べられた檻のような監房はサソリやタランチュラに刺される危険にもさらされている。 
9.11後、凶悪なテロリストが人知れずその正体を隠しながら米国の日常生活に紛れ込んでいる可能性に怯える心情は理解できるけれども、その見えない敵をあぶりだすための手段を間違えれば、また惨事は繰り返されるということをしっかり認識するべきだ。
ここまで捩れて歪んでしまった現状をほんのわずか良くしていくことさえ不可能に思える今、せめて人を人として扱い、人として対応していかなければアメリカに正義も何もないだろう。
言い知れぬ恐怖を味わい無念の死を遂げたただの市民が世界中に数多くいるという事実を私達はきちんと知っていないといけないのだと強く思う。

尚、昨年6月時点での話ですが、ローヘルは空港へ行く度に2,3時間も拘束され、検査や質問を受けなければならないのだそうです。 彼の事を無罪として釈放したのなら、彼らにあの過酷で屈辱的な3年半の出来事を思い出させるような行為は許されないはずです。 
この記事のURL | 映画(か行) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マールイのアンドレイ・ブレクバーゼからのメッセージ
2008/07/10(Thu)
うみーしゃさんのもとに、私たちがとっつぁんと慕う(笑)マールイのブレクバーゼから日本のマールイファンへの手紙が届きましたので(嬉しい!!!!!)、うみーしゃさんの補足メッセージと共にご紹介します。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*
皆様のメッセージをどうもありがとう。とても嬉しく読みました。
私も、今回は日本に行けなくて寂しかったですよ。
もう何年も、私はあなたたちのすばらしい国を訪れています。
(初来日は1981年でした)私は日本と、優しい日本人が大好きです。
わたしがまだ小さかった頃、両親が日本に行っておもちゃを買ってきてくれました。
それは今でも持っています。
そんなことから、子供の頃から日本は私にとって身近なものなのです。
だから私のやってきたことが日本の人たちに喜んでもらえてとても嬉しいんです。
これはアーティストにとって最も大切なことなんですよ。
改めて、心あたたまる、ほろりとするようなお手紙をどうもありがとう。
とても明るい気持ちになれました。
もし大変でなければ、私の演技に対して感想を言ってくれた人たちにお礼を伝えて下さい。
これからも、日本の皆様や皆様の近しい人たちにたくさんの喜びの日々と健康が、
お仕事での成功と才能ある芸術家たちのすばらしい公演がありますように。
 もしかしたらまた日本にいけるかもしれません。
そのときは日本の皆様にお会いできるというお楽しみ付ですね!

敬意を込めて
アンドレイ・ブレグバーゼ

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*

ルーズリーフを破ったメモの裏表に書かれたメッセージですが、その素朴さがさすが(笑)
とっつぁんの筆記体の判読に3日かかりました。(←いや~、本当にお忙しいところをありがとうございました! キリル文字の手書きの筆記体なんて暗号といっしょだわよね。 愛!ですね by M)

これまでのとっつぁんの役どころとMさんのサイトに集まる方々からヒアリングした感想と、「マールイの女性バレリーナは皆美しくてみとれてしまう。 でも、男性陣はとてもおもしろくて、バレエが回転やポーズやパ・ドゥ・ドゥだけじゃないことを教えてくれた」というようなことを(多分)書きました。(笑)
大阪で受付に預けておいたのですが(マラさんの手紙と一緒に託した)、無事ブレグバーゼさんに届いたようです。ありがとう!是非また日本にきてね!

うみーしゃ



思わずこちらも目頭が熱くなりました・・・。
思いがけずうみーしゃさんからの手紙を受け取り、その内容に感動したとっつぁんが筆を執らずにはいられないというお気持ちだったのでしょうね。
私たちの思いがそのまま彼に伝わって、さらに温かくなってこちらに戻ってきたのですね・・・。 
気持ちが伝わるって本当に嬉しいな、素晴らしいなと心から思いました。
うみーしゃさん、本当にありがとうございました。
彼が子供の頃にご両親が日本に来たなんて・・・、日本で買ったお土産のおもちゃは何だったんだろう? それを今でも大切に持ってくれているというのが嬉しいなー。
来年の1月に是非他のメンバーと一緒に来日してくれるといいですね。 海賊の、不敵な笑みを浮かべて狂ったように鞭をたたきまくる奴隷商人のとっつぁんにまた会いたい!(笑)

この記事のURL | バレエ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ABTブログ、新記事続々・・・
2008/07/09(Wed)
ABTの来日公演開幕まで約一週間となり、ジャパンアーツのブログも急ピッチで更新中です! こちら
ダンサーのインタビューは、パロマ・へレーラ、ジュリー・ケント、マルセロ・ゴメス(でも、インタビューしたのがほとんど1年前ってのはどうかと思うけど・・・。 まぁ1年前に聞いても今聞いても答が変わらなさそうな質問ばかりですけどね・・・。)が掲載されています。 ABTのロットバルトは二人のダンサーによって踊られると聞いていて、どんな感じに分けるのだろうと思っていたのですが、ゴメスの言葉を借りれば、「ぬめぬめとした薄気味悪い悪魔のロットバルトと、舞踏会に登場する颯爽とした貴族ロットバルト」に分けられているんだそうです。 ちなみにゴメスは後者。 ぬめぬめとした薄気味悪い悪魔のロットバルトっていうのは、湖畔に出てくるふくろうの化け物の方という事ですよね・・・。 ぬめぬめか・・・。 英語で何て言っていたんでしょうねぇぇぇ?

NYからの公演レポートとしてへレーラ&コレーラの「ラ・バヤデール」があがっています。 日本ツアーではオールスター・ガラでミシェル・ワイズとディヴィット・ホールバーグが第1幕3場のパ・ド・ドゥをコール・ドつきで踊るそうです。

さらに最新情報として加治屋百合子さんの出演予定日が以下のように発表されています。

7月17日19:00開演「オールスター・ガラ」“ラビット・アンド・ローグ”カルテット役
7月18日19:00開演「オールスター・ガラ」“ラビット・アンド・ローグ”カルテット役
7月20日13:00開演「海賊」“ギュリナーラ”
7月21日(祝)13:00開演「海賊」“オダリスク”
7月23日18:30開演「白鳥の湖」“パ・ド・トロワ(王子の友人)”
7月25日18:30開演「白鳥の湖」“パ・ド・トロワ(王子の友人)”

私は19日の「海賊」と24日の「白鳥」ソワレに行く予定ですが、両日とも外してしまってます・・・。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

話は変わり・・・、今夜ミハイロフスキー劇場では「白鳥の湖」が予定されていますが、ジークフリート王子は当初の発表のまま(笑)コリッパーНиколай Корыпаев です! 今夜がデビューなのかどうかはわかりませんが、今シーズン最後の白鳥! 是非良い舞台をネ!!
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミハイロフスキー、マリインスキー 公式サイト対決(笑)
2008/07/08(Tue)
ちょっと用があってマリインスキーのHPを覘いたら、あら、こちらもリニューアル! 
トップページのデザインがミハイロフスキー劇場のオフィシャルサイトとどことなく似てますね。 フラッシュが上部にあって、下方に注目の公演がピックアップされている。 今、こういうのが流行りなんですかね? それとも運営会社が同じだったりして!(笑) ただ、プレイビルやダンサーリストなど、タイミングで上手く開かなかったりしてまだちょっと不安定なのかな?

さて、ARTSWORLD presenntationsのマールイ、ロンドンシーズンの広告のページ、ここに掲載されているデニスのスパルタクスの写真がツアーのポスターなのでしょうか? この写真だとバレエというより演劇の1シーンのようでもありますが、なんといっても一大スペクタクルですからね・・・(笑)
記事の内容はすでにBallet coなどで紹介されている既出のものなので、目新しい事はありませんが、一番下にプレスレビューとして3つの動画が紹介されています。 いずれもロンドンツアーのプロモビデオですが、一番最初のものはマールイ劇場の日頃のレッスン、リハの様子などが収められていてマールイファンにはちょっと嬉しい映像です。 ルジマトフ、プロームやロマチェンコワ(だと思いますが)、デニスとアナスタシア、エスパーダはひょっとしてゲストの時のメルクリエフ? って事は大道の踊り子はアルブーソワ? バーレッスンでカメラが寄っているのはペレンかな?
スパルタクスの指揮者であるカレン・ドゥルガリアンの自信満々なインタビューも面白い。
あーしかし、しつこいですが、ペレンはスパルタクス本当にでずっぱりなんだろうか??? 
ロンドン公演のチケットは大雑把にみて、スパルタクスが75ポンド(15,750円)~10ポンド(2,100円)、ジゼルが70ポンド(14,700円)~10ポンド、トリプルビルが65ポンド(13,650円)~10ポンドのようです。 スパルタクスはピーテルの方が全然高いのね・・・。
劇場内での座席のわりふりはこんな風にシンプルで色で分かりやすく区別されています。 ロンドン行きたいなぁ・・・観たいなぁ!!

この記事のURL | バレエ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
やっぱり大ショック・・・
2008/07/07(Mon)
どよよ~~んとした一日でした・・・。
天気じゃなくて私の気持ち。
フェデラー、ついに負けてしまいましたね・・・。 ショックだぁぁぁ。
あまりここでは騒いではいませんが、実はと~~ってもフェデラー好きなんです。 風格があって猛々しくてクールで美しい彼のテニスそのものが凄く好き!
結局昨夜は2セット連取されたところで、気持ち的にも体力的にももたずに寝てしまいました。
朝起きたらカップにキスしているフェデラーが見られるかも・・・などというちょっぴりやけくそ?な希望を持って・・・。 4時間48分という考えただけでも気が遠くなりそうな長時間にわたる死闘を繰り広げていたとはつゆ知らず・・・
2セットを終えた時点で、フェデラーが自分のテニスをできない、ゲームを支配できないという感じが強くて、ダメかなと思ってしまいました。 フェデラーが調子が悪いとかそういうんじゃなくて、それだけナダルが圧倒していたように見えた。 しかしなんであんなに守備範囲広いんだぁぁぁ! しかもナイスガイ、ナダル・・・。
フェデラーは「来年もまた戻ってくる」と言っているので、それを信じてトロフィーを奪い返す瞬間を待ちたいと思います
来年は月曜日、休みを取っておこう!
この記事のURL | スポーツ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
スポーツいろいろ
2008/07/06(Sun)
シーズン開幕以来、今年はメジャー・リーグの話題には触れなかったのですが、現在故障者リストに入っている松井の膝の状態が非常に心配です。
トーリ監督からジラルデイ監督に変わって、松井の試合出場回数が減るんじゃないかとのシーズン当初の心配が杞憂に終わり、コンスタントに試合に出ながら文句ない結果を残していただけにとても残念です。 前半戦中の復帰は難しいようですが、一日も早くよくなりますように!
松井がいないメジャー・リーグなんてつまらないよ!

女子バレーのワールド・グランプリ、予選ラウンドが終了し日本は2勝7敗と惨憺たる状況。 この大会は若手中心で臨んだりとベストメンバーで戦っていない試合が多いとはいえ、負けた試合はアメリカ戦を除いてほぼ完敗。 キューバから1セットをとっただけ・・・。
9日からは日本で決勝ラウンド(日本は開催国なので成績に関係なく参加)が始まりますが、世界の強国相手にどれだけ通用するのか、かなり不安になってきました。 栗原の調子が今ひとつというか、
なんとなく自信喪失気味なのが気になります。

さーそして!!
ウィンブルドンの男子決勝が始まりました。 3年連続同じカードのフェデラーvsナダル。
今年はフェデラーのウィンブルドン6連覇という偉業がかかっていますが、おそらく今までの対戦でフェデラーにとっては一番ハードな闘いになるのが間違いないほどナダルが進化している。 フェデラーファンの私は去年の試合さえ心臓が飛び出しそうで見ていられなかったのに・・・。
という事でどこまで見られるかわかりませんが、中継に集中しようと思います。
この記事のURL | スポーツ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
突然ですが、「シルヴィア」観て来ました♪
2008/07/05(Sat)
ちょっとした事情があって、本日マチネの「シルヴィア」のチケットをいただいたので、今回見送ってしまったロイヤルの公演を見る事ができました。 お客さんも思ったより入っていました。 一階はぎっしりだったし、2階以上の階もかなり埋まっていたと思います。


シルヴィア(ディアナのニンフ): サラ・ラム
アミンタ(羊飼い): フェデリコ・ボネッリ
オリオン(邪悪な狩人): ヴァチェスラフ・サモドゥーロフ
エロス(愛の神): ブライアン・マロニー
ディアナ(狩り、純潔の女神): マーラ・ガレアッツィ

第1幕
シルヴィアのお付き: 崔 由姫、ヘレン・クロウフォード、フランチェスカ・フィルピ、小林ひかる、
             クリスティン・マクナリー、ローラ・マカロッチ、ララ・ターク、サマンサ・レイン
第2幕
オリオンの女官: ヘレン・クロウフォード、サマンサ・レイン
奴隷: エルンスト・マイズナー、ジョナサン・ワトキンス
第3幕
山羊: イオーナ・ルーツ、ジェイムズ・ウィルキー
シルヴィアのお付き: ヘレン・クロウフォード、フランチェスカ・フィルピ、崔 由姫、小林 ひかる、
             ローラ・マカロッチ、クリステン・マクナリー、サマンサ・レイン、ララ・ターク
ケレスとイアセイオン: イザベル・マクミーカン、エルンスト・マイズナー
ペルセフォネとプルート: カロリン・ダプロット、ヨハネス・ステパネク
テレプシコーラとアポロ: シンディ・ジョーダン、エリック・アンダーウッド


この作品自体はアシュトンだしとても見たかったので、ダーシー・バッセル、ロベルト・ボッレ主演のDVDも買っていたのですが、開封すらせず・・・。 昨夜、慌てて見た次第です。
当たり前の事ですが、ピンポイントが多い映像とはちがい、いつでも舞台全体が見られるので、アミンタはシルヴィアが踊っている様子をチラチラ覗いていたのね!とかいろいろ発見があって楽しかったです(笑)。
で、実際舞台を見て1幕から3幕まで、神話の世界をたっぷりのダンスで楽しくみせてくれるこの作品がとても気に入りました。 ドリーブの音楽がとても素晴らしくて、振り付けともよく合っていたと思います。 ただその振り付けは難しいですねー。 この体勢からその角度に持っていくか!というような動きが随所に・・・。 シルヴィアのパはトウ・シューズの具合がよくないと絶対怪我するだろうなというものばかりだし・・・。

シルヴィアを踊ったサラ・ラムはダーシーのような華はないけれど、比較的小柄ながらバランスのとれた体を大きく使ってのびのびと踊っていました。 3幕の最後はきつそうでしたが、テクニック的にもわりと安定していたと思います。(この役、エフセーエワに踊らせてみたいと、またしても詮無い事を・・・) アミンタのボネッリはちょっと気が弱そうだったけれど、シルヴィアを見つめる目がとても優しくて踊りもそつなくまとめていました。 サポートもとてもしっかりしていて良かった。 サラ・ラムとの並びもとてもいいんじゃないかと思います。 オリオンのサモドゥーロフは踊りにダイナミックさが少し欠けるような気がしましたが、それよりどこかいい人そうで、あまり邪悪には見えなかったのが残念といえば残念かも。
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新国立劇場「白鳥の湖」 6月27日の感想
2008/07/04(Fri)
オデット/オディール:スヴェトラーナ・ザハロワ
ジークフリード王子:アンドレイ・ウヴァーロフ
ロートバルト:市川透
王妃:坂西麻美
道化:グリゴリー・バリノフ
家庭教師:ゲンナーディ・イリイン
王子の友人:本島美和、丸尾孝子、マイレン・トレウバエフ
小さい4羽の白鳥:さいとう美帆、本島美和、寺島まゆみ、小野絢子
大きい4羽の白鳥:厚木三杏、西川貴子、丸尾孝子、堀口純
スペインの踊り:西川貴子、楠元郁子、芳賀望、冨川祐樹
ナポリの踊り:さいとう美帆、小野絢子、江本拓
ルースカヤ:丸尾孝子
ハンガリーの踊り:西山裕子、マイレン・トレウバエフ
2羽の白鳥:厚木三杏、堀口純

<プロローグ>
白いドレスに身を包み、刺繍?をしている王女ザハロワの美しいこと! なにやら不吉な気配を感じて王女の様子を見に来た侍女?2人のスタイルの良さにもビックリしてしまう。 視点がずれているとは思いつつそんなところに感心してしまいました。 さすが新国だわ。

<1幕1場>
ダンサーたちの衣装は周りの木々と調和したグリーンを基調とした爽やかな感じの衣装。
東京バレエ団を退団した古川さんのいつもと変わらぬ笑顔を発見。 すっかり馴染んでいる感じでした。
トロワは本島美和、丸尾孝子、マイレン・トレウバエフ。 マイレンの体がふわっと浮き上がるようなジャンプと、スッと柔らかく上げられた脚が爪先までまっすぐ美しいのにうっとり。 ボール・ド・ブラも綺麗で優雅。 本島さんも丸尾さんも無難に踊っていたけれど、もう少し踊りにアピール感が欲しかった気もします。
バリノフ君の道化は2003年に酒井さんと山本さんの舞台で見て以来、5年ぶりです。 肉がついて体つきが丸くなったのかな? もう少し動きに切れがあれば良かったと思うけれど、最後のピルエットは軸もしっかりしていて、見事な回転で客席を沸かせていました。 
ウヴァーロフ、大きいです!(笑) 家庭教師と連れ立って歩く時に両手を後ろに組んで歩く姿は、成年式を迎える王子としてはあまりにも老成して見えてしまうので、新国立での舞台では止めた方がいいかもです。 
ラストの彼のソロは少し体が重く、重心が上手く取れていないようで回転も若干乱れ気味。 疲れているようにも見えてちょっと心配になった。

全くの余談ですが、シンプルで感じのいいセットの中に3対か4対置かれた白鳥の置物。 首が太く頭も大きいその姿にハシビロコウを連想してしまいなんとなく舞台に集中できないサイテーな自分に活!

<1幕2場>
ザハロワのオデットは初めて見た3年前とはかなり違った印象を受けた。 硬質で完璧なフォルムを持ち、触れても凝視してもならないような神々しさは薄れ、その時に感じるままを表現しているような開放感と生身の人間っぽさがあった。 アームスの動かし方が少し派手になったかな?
ザハロワとウヴァーロフの並びはさすがに美しい。 けれどもお互いの気持ちの投げ方、受け方がいまいち双方向ではないような雰囲気だったのが残念だった。

小さな4羽はけっこう大きい(笑)! でもよく揃っていて綺麗でした。 4人が主役を踊れるダンサーというのも贅沢ですねー。

<2幕1場>
花嫁候補は厚木、真忠、寺島、本島、寺田というこれまた豪華なメンバーです。 一人一人少しずつ違うデザインの白いドレスとココシュニックがいずれも素敵でした。 王子に選ばれなかったあとの細かい演技も見ていてとても楽しかった。
スペインを踊った芳賀さん、踊はとても良いのだけれど、スパニッシュなエッセンスがもちょっと欲しかった。 踊りこなせばどんどん良くなると思います。
ナポリは小野さんの可愛らしさが目立ちました。 
ハンガリーはマイレンの濃厚色気目線に思わずこちらの顔が緩んじゃって・・・。 西山さんはわざとマイレンを見ないようにしてたんじゃないかと思ってしまうくらい(笑)。
マズルカはちょっとおとなしすぎかも。

黒鳥のPDD. ザハロワはオディールの自分を楽しみながら踊っている感じで妖艶な悪女ぶりも板について表情豊か。 グラン・フェッテはシングルで前に進み出てきましたが、スピード感があって良かった。 右足をとてもシャープに90度に上げていました。
ウヴァーロフもここのヴァリでは調子が出てきたようで、ポジションも正確だったし柔らかくてダイナミックな踊でした。

ラスト、王子が自分に愛を誓ったのを見届けたザハロワ@オディールの、他人を不幸のどん底へ突き落としてやったという快感の表情がツボ。 愉快で愉快で涙が出そうだわ!という顔でした。

<2幕2場>
舞踏会からの舞台転換のために内幕を降ろし、王子のソロ。 マールイでいうと一幕1場から2場に移るときみたいな感じです。

2羽の白鳥は厚木さんも堀口さんも丁寧な踊りで良かったのですが、ここで素晴らしかったのはコール・ド。 黒鳥も混ざり隊列を組みながら少しずつ前進してくる時の首の角度や足の動きの揃い様が身震いしそうなくらい素晴らしかったです。 新国立劇場のコール・ドはどんな演目でも必ずそういう瞬間があるんですよね。

許しを請う王子を悲しみながらも優しく受け止め、絶望の中にも凛とした気高さ失わないザハロワのオデットがとても美しかった。 最終場はオデットと王子が互いを思い合う切ない気持ちもよく伝わってきました。

ただ、ハッピーエンドに向かうあの演出は好みではなかったです。 
マリインスキーばりに王子がオデットを肩にかついでロットバルトに向かう。 マリインスキーはその後オデットが倒れ王子がロットバルトの羽をもぎ取るけれど、こちらは弱ったロットバルトをさらに二人が追い詰めていき、死をも恐れず愛を貫くという二人の心が感じられないままザハロワの勝ち!!という具合でしたから・・・。
最後は少し手を入れてみたらどうでしょうか?


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

寺島姉妹のサイトに花嫁候補など、「白鳥の湖」の舞台の写真があがっています。
この記事のURL | バレエ鑑賞記 2008年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
中越沖地震ガラブログにダンサーからのメッセージ など
2008/07/03(Thu)
新潟中越沖地震チャリティー・バレエガラコンサートのアーツ企画の方のブログをしばらく見ていなかったら、出演予定のダンサーからのメッセージなど、いろいろと新しい記事があがっていました。 こちら
ガリーナ・ステパネンコにはドンキのPDDを踊ってもらえるようにお願いしているそうです。
マハリナからのメッセージには今の彼女が望む事として「舞台で踊ること…。 大好きな日本で過ごすこと…」とあります。 そして今日届いたばかりのホットなメッセージはイリヤ・クズネツォフから! 彼はこのガラに出演する事を一番最初に決めてくれたダンサーだそうで、今回は海賊のコンラッドを踊る事が決まっているそうです。 マハリナとの「マノン」も交渉中との事で是非是非実現させていただきたいです!!

ちょこちょこっとページがアップされ充実しつつあるミハイロフスキー劇場のHPですが、ソリストの個々のページが少しずつできています。
エイフマンから移籍してきたべラ・アルブーソワ。 美人だわ~~! クチュルクのような大きな目でもうちょっとシャープに大人っぽくした感じ? 冬は来日するのかな?
マスロボエフの写真はちょっとワイルドでいつもと違う雰囲気。
他に写真があがっているのはロマチェンコワ、ペレン、ステパノワだけですが、前のHPのようにそれように撮った写真ではなくそれぞれてきとーな(笑)写真を載せています。 早く他のダンサーの写真やプロフィールもアップしてくださいねー。



当日はすっかり忘れていましたが、7月1日でブログを始めて3周年でした。
多くの人に支えられ励まされながら、自分自身でも楽しんで更新を続けられている事に喜びを感じています。 いつも遊びに来てくださる方々、本当にありがとうございます。
7月1日に開設したのは全くのたまたまなのですが、1月1日の元日と7月1日のちょうど半年に一回、新たな気持ちでリフレッシュできるのもとてもいい感じです♪  どうぞ皆様、これからもよろしくおつきあい下さいませ。

この記事のURL | バレエ | CM(10) | TB(0) | ▲ top
カリフォルニアのファミリーワイナリー CLINE
2008/07/02(Wed)
fivered.jpg


ジンファンデルと南仏系の品種を組み合わせるのを得意とするカリフォルニア、CLINEのOAKLEY fiveREDS 2003を飲みました。
情けない事に購入したお店と価格を控えないままボトルをすててしまったのですが、品川アトレのDEAN & DELUCAか恵比寿のワインマーケットのどちらかで購入。 2000円前後だったと思います。

名前のとおり、赤ぶどう5品種のブレンドですが、その構成は、2005年もので Merlot 77%、Alicante Bouschet 10%、 Mourvedre 8%、 Sangiovese 3%、 Zinfandel 2%となっています。 私の飲んだ2003年のワインも使っている葡萄の品種は全く同じです。 メルローが主体なのもおそらく間違いないと思います。
単独で用いられる事があまりないと思われる「Mourvedre ムールヴェードル」という品種はスペインで2番目に重要な品種で、果実味豊かなのが特徴だそうです。 同様に「Alicante Bouschet アリカンテ ブーシェ」も主にブレンド用に用いられ、果肉の赤い葡萄だそうです。

こちらのワインは非常に飲みやすい口当たりの良いミディアムボディーで、とてもフルーティーな味わいでした。 ステーキやトマトソースがベースの魚料理にも合うとの事です。
この記事のURL | ワイン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バレエまつり出演者変更
2008/07/01(Tue)
「親子で楽しむ夏休みバレエまつり」の出演者変更のお知らせが出ました。
ペレンとシェミウノフは、やはり22日からのロンドンツアーに参加するために日本公演への出演は30日(水)の所沢公演からになり、19日から29日までの公演にはステパノワとプハチョフが出演するそうです。

詳しくは光藍社さんのこちらのページへ。

ステパノワとプハチョフは夏の間に2度日本に来てくれる事になったんですね。 夏休みはちゃんと取れるのかな?
ペレンとマラトもロンドン公演を終えてすぐに日本に来てくれるのは嬉しいです。 ただかな~りタイトなスケジュールになってしまうのでちゃんと体を労わってね~。 劇場持ちでビジネスとか奮発してくれるかしら?? マラトは脚が長すぎるから大変だよね・・・。
あとは、すでに発表になっているメンバー以外の参加メンバーとプログラムを早く発表して欲しいです! 「くるみ割り人形」のマーシャはやはりステパノワとペレンが踊るんですかね?? どの場面を持ってくるのか・・・、いずれにしても二人のマーシャというのもある意味貴重??
ま、詳細がわかるのはルジすべが終わってからですかね?
そのルジマトフのすべて2008のプログラムとキャストもようやく発表になりましたね。
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |