マールイアンケート結果発表♪
2008/03/30(Sun)
このたびは、ミハイロフスキー劇場バレエの来期公演に関するアンケートにご協力いただきまして本当にありがとうございました。
ブログのコメント欄に書き込んで下さった方、鍵コメやメールにてご意見をお寄せくださった方など18名の方からのご意見を聞く事ができました。 
ずいぶん時間がかかってしまいましたが、ようやく皆様からいただいた愛情溢れる膨大なリクエスト(笑)をまとめましたので、簡潔に分かりやすく纏められたとは思えないのですが、お時間がありましたらご覧下さいませ。
(この記事の下の記事から項目順に1ページずつとなっています。 尚、7の皆様の生の声はピンクの文字の部分をクリックしていただくとアンケートを募集していた記事に飛びますので、その記事のコメント欄をご覧下さい。 また今回のアンケート結果発表の記事はカテゴリーを「マールイアンケートのまとめ」としておりますので、ご活用いただければ幸いです。)

1. 2008~2009年(次回冬季)の来日公演で見たい全幕作品とキャスト
2. 希望するトリプルビル等「特別プログラム」
3. ミハイロフスキー劇場管弦楽団(指揮:アンドレイ・アニハーノフ氏)公演へのリクエスト
4. DVDを発売して欲しいボヤルチコフ作品 / 新作
5. バレエ団の日本公演に関連して光藍社さんへのお願い
6. バレエ団への切なるお願い
7. 皆様の生の声(このアンケートに対し、ブログにお寄せいただいたコメント)
この記事のURL | マールイアンケートのまとめ | CM(9) | TB(0) | ▲ top
1.2008~2009年(次回冬季)の来日公演で見たい全幕作品とキャスト
2008/03/30(Sun)
いつも通りであれば2008年12月~2009年1月,2月に行われる次回の冬季来日公演で、皆さんが是非見たいと思っている全幕作品を希望人数(全体数18名)の多い順に並べました。 希望キャストなどは細かいリクエストをそのまま書き出させていただきましたが、一部拾い上げていないものもありますのでご了承下さい。 

Раймонда ライモンダ 11名
 ステパノワ(ライモンダ)、プハチョフ(ジャン)、シェミウノフ(アブデラフマン)
 ペレン(ライモンダ)、マトヴィエンコ(ジャン)、コルプ(アブデラフマン)
 ペレン(ライモンダ)、コルスンツェフ(ジャン)、コルプ(アブデラフマン)  
 少なくとも3公演トリプルキャストで

Дон Кихот ドン・キホーテ 8名
 キトリ: エフセーエワ(3名)、ペレン、ステパノワ、ロマチェンコワ
 バジル: シヴァコフ、プハチョフ、プローム
 ドン・キホーテ: シェミウノフ、マラーホフ
 ガマーシュ: マラーホフ、コリパエフ
 ロレンツォ: ブレクバーゼ、フィリモーノフ
 エスパーダ: シヴァコフ、マスロボエフ、ツァル、ヴェンシコフ
 クチュルク&ミハリョフの里帰り公演
 3公演トリプルキャストで

Золушка シンデレラ 6名
 姉妹:: ペレン&ステパノワ (3名)
 シンデレラ: ロマチェンコワ
 父: クリギン(3名)
 王子: モロゾフ 
 
Баядерка バヤデルカ 6名
 ペレン(ニキヤ)vsシェスタコワ(ガムザッティ)&シヴァコル(ソロル)
 シェスタコワ(ニキヤ)vsペレン(ガムザッティ)&プハチョフ(ソロル)
 3公演トリプルキャストで(ニキヤのゲストは不可)

Лебединое озеро 白鳥の湖  5名
 ペレン&シヴァコフ  (2名)
 コチュビラ&ルダチェンコ  (2名) 
 オデット: ミリツェワ(2名)、シェスタコワ、ロマチェンコワ
 スペイン: マラーホフ&ヴェンシコフ

Спящая красавица 眠りの森の美女 5名
 エフセーエワ&シャドルーヒン (2名)
 デニス・マトヴィエンコ&アナスタシア・マトヴィエンコ
 4人の王子:シヴァコフ、クリギン、リャブコフ、モロゾフ
         クリギン、チェスノコフ、ヴェンシコフ、オマール
 指揮: アニハーノフさん限定(大多数)

Тщетная предосторожность リーズの結婚 5名
 リーズ: ミリツェワ、ヤパーロワ
 アラン: コリパエフ、ヤフニューク

Спартак スパルタクス 4名
 マトヴィエンコ(スパルタクス)、コルプ(クラッスス)
 マトヴィエンコ(スパルタクス)、ペレン(フリーギア)でのプレミア公演になるであろう日のメンバーで

Ромео и Джульетта ロミオとジュリエット 4名
 ヤフニューク&ヤパーロワ
 ティボルト: フィリモーノフ

Жизель, или Вилисы ジゼル 4名
 ジゼル: コチュビラ(2名)、シェスタコワ

Чиполлино チッポリーノ 4名
 ボリショイの岩田さんをゲストに招いて
 エフセーエワ&トルマチョフが主演したプレミア公演のキャスト
 ヤッパーロワ&ヤニュークペア
 ラディショーシュカ: サマールスカヤ、エフセーエワ、ヤパーロワ

Корсар 海賊 3名
 メドーラ: シェスタコワ
 クチュルク(ギュリナーラ)&ミハリョフ(アフメット)をゲストで

Эсмеральда エスメラルダ 3名
 エスメラルダ: ミリツェワ、コシェレワ

竹取物語 3名
 竹の精: ハビブリナ
 
Сильфида ラ・シルフィード 2名
 シェスタコワ&セルゲイ・フィーリン
 シルフィード: シェスタコワ、コチュビラ


皆さんの声から:
ダントツは予想通りといいましょうか、「ライモンダ」でした。 
衣装や装置も素晴らしいグランド・バレエで主役、準主役ともに踊りの見せ場が多く、ダンサー総動員の豪華な作品は新春の華やぎにふさわしい。 また、アニハーノフさん指揮のオーケストラが奏でる夢のような旋律に酔いしれる事のできる贅沢な作品。
あえてチャイコ3大バレエをすべて持ってくるのは止めるとなった場合、「眠りの森の美女」に代わる作品ともなると思います。

やはり大人気だったのが「ドン・キホーテ」。
バレエ団のダンサーだけでの様々な主演の組み合わせで見てみたいという声が非常に多し。 個性豊かなバレリーナが揃っているマールイならではの、いろいろなキトリ&バジルの恋模様が楽しめそう! さらにピュアマールイ公演を無敵のものとする脇役の方たちの目覚しい活躍が期待できるこの作品、毎年持ってきて欲しい作品です。 

予想以上の人気を見せた「シンデレラ」。
どの版でもアグリー・シスターズに話題をさらわれがちな「シンデレラ」ですが、ボヤルチコフ版も然り! もう5年も持って来ていないので、近いうちにベストメンバーで見せて欲しいです。 ペレン&ステパノワ姉妹は絶対ですよ!

まだ日本では上演されていない「リーズの結婚」と「チッポリーノ」。
お子さんも楽しめる、マールイのほんわかとした温かな魅力溢れる作品である一方、白鳥の湖、ライモンダ、ドン・キホーテで主役を踊らないダンサーの主演を見られる機会も多い作品だと思います。
この記事のURL | マールイアンケートのまとめ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2.希望するトリプルビル等「特別プログラム」
2008/03/30(Sun)
チャイコ三大バレエの新春特別公演に替えて上演して欲しい特別プログラム

A. 「シェへラザード」、「ワルプルギスの夜(ロングバージョン)」、「だったん人の踊り」、「ゴパック」
   (シェへラザード:イーゴリ・コルプ&シェスタコワ)
B. 「バヤデルカ(第2幕)」「ドンキ(夢の場)」「パキータ」のミンクスセット
C. 「レ・シルフィード」「騎兵隊の休息」「パキータ」のマールイの魅力炸裂セット


皆様の声として一番多かったのは、ほのぼのとした雰囲気を持ちながらもレベルの高いバレエ団でなければその作品の良さを表現する事ができない「騎兵隊の休息」とマールイのクラシックバレエの美しさ、ここでしか見られない貴重なヴァリエーションを含む「パキータ」でした。 


マールイで新たに取り組み、近い将来、日本で見せてもらいたいプログラム

<バランシン・プロ>

A 「ジュエルズ」  
   エメラルド:ロマチェンコワ/ コシェレワ / ミリツェワ
          シヴァコフ
   ルビー  :シェスタコワ / ペレン
          ステパノワ(ビッグガール)
          プローム/シェミウノフ  
   ダイヤモンド:ペレン& ダニーラ・コルスンツェフ
           シェスタコワ(パートナーのリクエストは特になし)

B 「ウェスタン・シンフォニー」
   第1部 カウボーイ軍団のボス : シヴァコフ
   第2部 カウボーイ軍団のボス : ダニーラ・コルスンツェフ
   第3部 カウボーイ軍団のボス : イーゴリ・コルプ

C 「シンフォニー・イン・C」、「アポロ」、「セレナーデ」 のトリプルビル
   アポロ:ファジェーエフ(アポロ)、ペレン(テレプシコーラ)

D 「チャイコフスキーPDD」、「フー・ケアーズからの抜粋」、「テーマとバリエーション」、「アゴン」
   アゴン:ペレン、ステパノワ、コルプ


<フォーキン・プロ>

「ぺトルーシュカ」、「薔薇の精」、「シェヘラザード」 のトリプルビル
「レ・シルフィード」、「火の鳥」、「シェヘラザード」  のトリプルビル
   
   「火の鳥」の悪の親玉:クリギン


ゲスト招聘に関して
マリインスキーからのゲストとしてダニーラ・コルスンツェフを希望するのは、日本で踊る姿を見られる機会が少ないダンサーであるし、サポート・演技が素晴らしい典型的ダンスール・ノーブルなダンサーであるので、マールイの男性ダンサーが見習うべき面を多く持ったダンサーであるという理由から。 また、フォーキン作品、バランシン作品もこなせ、古典の全幕作品のほとんどの主役を踊る事ができ、長身のプリマぞろいのマールイには頼もしいパートナーとなることも間違いない。
イーゴリ・コルプ、アンドリアン・ファジェーエフは、すでにマールイの公演に参加しておりマールイのダンサーたちと調和しながら素晴らしい舞台を作り上げてくれた事からも、ゲストにふさわしいダンサーであることは実証済み。

この記事のURL | マールイアンケートのまとめ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3.ミハイロフスキー劇場管弦楽団(指揮:アンドレイ・アニハーノフ氏)公演へのリクエスト
2008/03/30(Sun)
アニハーノフで聴くバレエ音楽ハイライト
 「シェヘラザード」「ロミオとジュリエット」「シンデレラ」「火の鳥」「ペトルーシュカ」「ライモンダ」などからアニハーノフさんご本人による選曲。 (ヴァイオリンはコンマスのイーゴリ・ロマニュクさんで。)

コンサートで是非とりあげていただきたい曲
ショスタコーヴィチ 交響曲第5番 ニ短調
ショスタコーヴィチ 交響曲第7番 ハ長調 「レニングラード」
ラフマニノフ 交響曲第2番 ホ短調
プロコフィエフ ピアノ協奏曲第3番 ハ長調をアレクサンドル・ルビャンツェフで 
チャイコフスキー ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 
チャイコフスキー 交響曲第3番 ニ長調 「ポーランド」と大序曲1812年の組み合わせ
チャイコフスキーのピアノ協奏曲1番 変ロ短調と、プロコフィエフの1番か3番の組み合わせ
この記事のURL | マールイアンケートのまとめ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
4.DVDを発売して欲しいボヤルチコフ作品 /  新作
2008/03/30(Sun)
DVDを発売して欲しいボヤルチコフ作品

「くるみ割り人形」
マーシャはミリツェワかシェスタコワ、 王子はシャドルーヒン、ドロッセルマイヤーはアレクセイ・マラーホフ。

「白鳥の湖」
オデット&オディールはペレン、ジークフリートはシヴァコフ。 家庭教師はブレグバーゼ。 
パドトロワはミリツェワ&エフセーエワ&プロームか、コシェレワ&ステパノワ&プハチョフで。

「眠りの森の美女」
オーロラ姫はペレン、デジレ王子はマトヴィエンコ、リラの精はコシェレワ。他、ソリスト全員出演の豪華キャストで。

「ドン・キホーテ」
キトリはペレンかロマチェンコワ、バジルはシヴァコフかプローム。ガマーシュはマラーホフ。
3幕にはドンキとガマーシュの戦い、ボレロを必ず入れて。 

「バヤデルカ」
ニキヤはペレン、ソロルはシヴァコフ、ガムザッティはシェスタコワ。 太鼓の踊りの女性はポリョフコ。

「海賊」
メドゥーラはステパノワ、コンラッドはプハチョフ、アリはシヴァコフ、ギュリナーラはミリツェワかロマチェンコワ。 アフメットはプローム。 その他キャラクテール全員。


DVDを発売して欲しい新作

「ライモンダ」、「ジゼル」、「スパルタクス」などの新作はペテルブルグでのファーストキャストの公演を録画してもらって、できれば日本で初披露してもらう時に同時に売り出してもらいたい。
この記事のURL | マールイアンケートのまとめ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5.バレエ団の日本公演に関連して光藍社さんへのお願い
2008/03/30(Sun)
是非とも実現していただきたいお願い
 (太字部分は希望された方の人数がかなり多いお願いとなります)

今後も年2回の充実した公演を続けて欲しい
女性ゲストは必要なし (ロパートキナクラスのダンサー、クチュルク&エフセーエワの里帰り
 のみ可)
男性ゲストが出演する演目も、必ずマールイのダンサーだけでの公演日を作って欲しい
 (男性ゲストに関しては 2.希望するトリプルビル等「特別プログラム」の項を参照下さい)
主役キャストでチケットを購入する事が多いので、光藍社さんのメール会員先行発売時には
 必ず男女の主役キャストを同時発表して欲しい
プログラムにソリストの写真&紹介の他に、コールドの紹介を載せてほしい
 (小さくてもいいので顔写真つき、舞台メイクの写真)
ダンサーのポストカードを販売してください
いろいろな演目のDVDの積極的な販売
 (4.DVDを発売して欲しいボヤルチコフ作品/新作の項目を参照下さい)
東京&首都圏公演では実験的な演目の上演

東京&首都圏では実験的な組み合わせのキャストでの上演
「客が入る鉄板演目2~3+新作(等)」ぐらいに演目を絞って欲しいです
ダンサーのサイン入りの使い古しのシューズを安く販売してもらってチャリティーに
年間ある程度額のチケット購入者にリハーサル見学などの特典を設けて欲しい
CHINTAIトラベルさんと提携してミハイロフスキー劇場の観劇を含んだツアー、ビザ、往復のエア、
 ホテル、空港・ホテル間の送迎だけを組み合わせたパッケージなどを用意してもらいたい
セット券の特典としてのパーティーを今後も続けて欲しい
マールイダンサーのカレンダー(ダンサー全員を誕生月別に集めての集合写真なんてどうですか?)
夏も全幕公演が見たい



もし実現したら嬉しいお願い

立ち役まで含めたすべての配役をHPに掲載して欲しい
ペテルブルグや日本ツアーの様子のドキュメンタリー制作
日本ツアー中のダンサーの様子を公式サイトで紹介
この記事のURL | マールイアンケートのまとめ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
6.バレエ団への切なるお願い
2008/03/30(Sun)
今までと同じペースと期間で来日公演をして欲しい(増えてもいいが、減らさないで!)
女性ゲストは必要ないので、主役はすべてマールイのバレリーナだけで!
光藍社さんのメール会員先行発売時に間に合うよう必ず男女の主役キャストを決定し連絡して欲しい
「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠りの森の美女」「バヤデルカ」「ライモンダ」「ドン・キホーテ」などの
  古典作品に手を入れるとしても公演時間短縮のために無理な改訂をしないでマイナーチェンジのみに
  して欲しい 物語を伝えるという事と音楽を大切にしてもらいたい
ボヤルチコフ版「シンデレラ」を改訂しないでそのまま残して欲しい
古くなった衣装・セットの積極的なリニューアル
クリギンの舞台復帰
退団者、または劇場内での異動(バレエからオペラ部門)について、ホームページで告知して欲しい
この記事のURL | マールイアンケートのまとめ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新国立劇場、来シーズン チケット発売日一覧 / ルジすべ追加出演者発表
2008/03/28(Fri)
一週間ほど前に新国立劇場情報誌のジ・アトレが届いたのですが、”新国立劇場 2008/2009シーズン チケット発売日一覧”というA4の紙が1枚入っていました。 バレエ、コンテンポラリー・ダンス、オペラ、演劇全4部門の1年間の公演のチケット発売日が、会員郵送、会員電話受付、一般という順に表記されています。 ジ・アトレの会員になって3~4年経ちますが、こんな一覧表って今までなかった気がします(まさか、ずっと気がつかなかっただけだったりして・・・)。
2008/2009シーズンのバレエ公演の一般発売日は以下の通りです。

07月19日(土)  デヴィッド・ビントレーのアラジン(11月15日/土より) 
09月13日(土)  シンデレラ(12月20日/土より)
11月01日(土)  ライモンダ(2月10日/火より)
01月12日(月)  Ballet the Chic(3月26日/木より)
02月07日(土)  白鳥の湖(5月19日/火より)
03月21日(土)  ローラン・プティのコッペリア(6月26日/金より)




今日からチケットの一般発売が始まった、7月2日(水)、3日(木)に公演が行われる「ルジマトフのすべて2008」の出演メンバーとして、以下の4名が新たに発表になりました。

ユリア・マハリナ(マリインスキー劇場バレエ プリンシパル)
イーゴリ・コルプ(マリインスキー劇場バレエ プリンシパル)
ナタリヤ・ドムラチョワ(キエフ・バレエ ソリスト)
ヴィクトル・イシュク(キエフ・バレエ ソリスト)


キエフから参加予定のイシュクは、昨年の来日では早い時期に怪我をしてしまったために踊った公演がとても少なかったと思いますが、本来ドムラチョワがよくペアを組むのは彼なのですよね。 
コルプはソロ作品を踊るのでしょうか? 出演者に関しては他となっているので、まだ追加参加者があるのかしら?
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アレクサンドロワ&コルスンツェフ「白鳥」アップ ボリショイブログ
2008/03/27(Thu)
ジャパン・アーツさんの「ボリショイ・バレエ」ブログが更新されて、マリインスキー国際フェスティバル・5日目(3月18日)のマリーヤ・アレクサンドロワ&ダニーラ・コルスンツェフ主演の「白鳥の湖」のレビューが2枚の写真つきで載っています。 こちら
ボリショイのブログだから仕方ないけれど、王子については名前すら紹介されていないのです・・・(泣)。 マリインスキーだってジャパン・アーツさんの招聘なんだから、名前くらい出してくれたっていいじゃないのさ・・・ブツブツ。
それはさておき(笑)、5月のダニーラのジークフリートと12月のマーシャのオデットが楽しみになってきましたわ!

今日は↓にもう一つ記事があります。 そちらはゼレンスキーです♪
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゼレンスキーのソロル in マールイ劇場 (追記アリ)
2008/03/27(Thu)
ミハイロフスキー劇場のHPにアクセスしたら、いきなりゼレに似たアリの写真が飛び込んできてドキッ 写真の下の説明を読んだらまちがいなくゼレ!! きゃ~~~と思って演目を読むと「バヤデルカ」・・・。 えっ・・・。 ま、確かに4月9日の演目は「バヤデルカ」と発表されていますからねー、「羽と水色のハーレムパンツだけならいけるでしょ?」というなんちゃってソロルかい?? 
ということで、マールイの4月9日の「バヤデルカ」に人民芸術家の称号を授与されたばかりのイーゴリ・ゼレンスキーがゲスト出演するようです。 わおっ
マリインスキー劇場で踊るよりマールイで先に踊ってくれるなんて!! いーんだか悪いんだか(笑)
ニキヤは誰かしら~~? ペレン? シェスタコワ?? とわくわくしながら9日のページをクリックしたところ・・・エカテリーナ・ボルチェンコだそうな・・・。 え~~うそでしょ~~~~
彼女がマールイと正式に契約したというのは教えてもらいましたが、いきなりゼレ@ソロル相手のニキヤですか・・・。 絶句。
スパルタクス関係のダンサーはその時期は他の事どころではないのでしょうかね? あれだけ資金をつぎ込んだ大スペクタクル、業界関係者、メディアの注目を集める中、大成功以外の結果は許されないだろうからなぁ・・。 ダンサーも大変ですよね!
「バヤデルカ」よりも前に予定されている「白鳥の湖」、「ドン・キホーテ」のキャストはまだ発表されていません。 

☆☆☆☆☆☆ 3月29日追記 ☆☆☆☆☆☆
プレイビルのゼレンスキーの写真がなくなっていたので、4月9日のキャストを確認してみたところ、ゼレンスキーの名前が消えています。 ボルチェンコの名前のみ・・・。 どうなっちゃうのかな??
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マールイ劇場5月公演のスケジュール&「スパルタクス」
2008/03/26(Wed)
ミハイロフスキー劇場のスパルタクス以外の5月の演目が発表になっています。 こちら
17日から28日までは劇場自体、何一つ公演スケジュールが入っていないのですが、今後追加されるのでしょうか?

5月01日   スパルタクス
  03日   ライモンダ
  06日   白鳥の湖
  07日   くるみ割り人形
  10日   バヤデルカ
  11日マ  チッポリーノ
  11日ソ  ドン・キホーテ
  15日   スパルタクス
  16日   スパルタクス
  29日   眠りの森の美女
  30日   眠りの森の美女
  31日   ジゼル


もう5月のプレイビルなんですね・・・・。
思えば昨年の5月に劇場の首脳陣交代劇があり、シーズン途中の5月いっぱいをもっていきなり劇場が改装工事に入っちゃったのですよね・・・。 その時以降バレエ団を去ったダンサー、劇場関係者はそれぞれの新天地でどうしているんだろう。
あれからずっと心配しっぱなしな部分もあるけれど、劇場はしっかりと呼吸を続けていて、あるべき姿に向かって進んでいるのでしょうね。 と願う。

さてさて、公演予定を見てみると、10日から16日まで、ピーテルに行きたい気持ちを揺さぶられますねぇぇぇ。
でもマールイ劇場でバレエ公演のない12,13,14の3日間がね。 マリインスキー劇場も5月はツアーに出ているので、バレエ公演があったとしても(まだ、9日までしか出ていません)、多分見たいダンサーはいないだろうから、つまらないし。
そもそも18日の日曜日は名古屋でコルスンツェフが踊るんだし、18日からの新国のバヤデルカに出演のマトヴィエンコは、リハでその時期ピーテルにはいないんだよねぇ、きっと。 15,16日のスパルタクスはプレミア3公演のデニス以外のダンサーが踊るのかしらー?
眠りが月末に2日続くのも、どういう事なのか??と何気に気になる。

プレイビルのページにはスパルタクスのポスターらしきものがアップされています。 
289_spartacusweb.jpg画像が保存できるかしら?と遊び半分でやったらできてしまって、日本のおバカなファンがちと借用するくらい大目に見てくれるよね!と勝手に決めつけて貼ってみちゃった!!  おもいっきりコロシアムですね・・・。
さらに写真部分をクリックすると、こちらにロシア語ですがなにやら解説らしきものが・・・。 
翻訳ソフトにかけてみると、数百着の衣装を作っただの、female gladiatorskih fightingって女性のグラディエーターがいて闘うの?とか、ダンサーや動物たちが顔を合わせた第1回目のリハーサルはすんだとかあるのですが、ドルグーシン氏とオシペンコ女史がこの作品の中で踊るというような事も・・・。 さらにはオペラ部門のオブラツォーワ女史まで参加するとか・・・。 
違っていたら申しわけありませんが、なんだか本当に物凄いプロジェクトですね。




この記事のURL | マールイ劇場プレイビル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マールイ「クラシック」班とバレエ祭りの全国日程
2008/03/25(Tue)
夏の公演の何か新しい情報はないのかな?と思って久しぶりに光藍社さんのHPを見に行ったら、バレエ祭りと華麗なるクラシックハイライトの全国日程が発表になっていました。 
バレエ祭りは7月19日(土)のパストラルかぞから始まって8月10日(日)の文京シビックが楽なんですね。 

で、問題なのはこちらのクラシック班です・・・。 
初日8月16日(土)のさいたま市文化センターから9月3日(水)のゆうぽうとでツアー終了となるまで、北は青森から富山、三重、兵庫まで15公演、すっごいすっ飛び方で本州を周ってくれます。 いつもに増して移動範囲が広いような気がしますが、それぞれの場所で素晴らしい公演をしてくれた後は、その土地ならではの美味しい食べ物に舌鼓を打ったり、美しい風景の中を散策したりとリラックスしながらのツアーになるといいなぁ・・・。 シヴァは今でも鳥取の砂丘が一番お気に入りの場所なんだろうか??? 
いやしかし・・・、出演、草or-ってすんごい区別の仕方だな・・・、思わず笑えるけど泣けるぅぅぅぅ!
-印はたったの4会場で場所的にも日程的にも厳しすぎるぞよ・・・。 
この記事のURL | バレエ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
スターダスト
2008/03/24(Mon)
「スターダスト」
原題 : STARDUST (2007年 英・米 128分)
監督 : マシュー・ヴォーン
出演 : クレア・ディンズ、ミッシェル・ファイファー、ロバート・デニーロ、チャーリー・コックス
鑑賞日 : 3月1日(DVD)
スターダスト

ウォール村に住む青年トリスタン(チャーリー・コックス)は、村一番の美女ヴィクトリア(シエナ・ミラー)に恋をした。 だが彼女には恋人がいる。ある夜、なんとかヴィクトリアを外に誘い出すものの、彼女は心を許してくれない。 その時、流れ星が現れ、それを見たトリスタンは、落ちた星を愛の証としてプレゼントすると約束する…。 かくして落ちた場所に到着したトリスタンだが、そこには一人の美しい女性イヴェイン(クレア・ディンズ)が。 何と流れ星は、美女に姿を変えたていたのだった!同じ頃、魔女の3姉妹も流れ星を見て大喜び。 永遠の若さをもたらす流れ星を400年間も待ち続けていたのだ。魔法のお告げが示す場所へと急ぐ魔女。 流れ星が落ちてきたのには理由があった。ストームホールド王(ピーター・オトゥール)が息を引き取る瞬間、後継者の証であるルビーのネックレスが夜空へ舞い上がり、遥かな空間できらめく星を弾き飛ばしたのだ。 それは、王位継承を狙う3人の王子による、ルビー争奪戦の幕開けを意味していた…。 (goo映画より)

<例によってネタバレありです>
クレア・ディンズは別に好きではないし、主役のトリスタン役の俳優はなんとなく冴えないルックスだけど、ストーリーはファンタジーの王道をいっているみたいだし、VFXを駆使した映像はなかなからしいので見ようかどうしようか? 
決め手になったのは大好きなミッシェル・ファイファーが出演している事と、デニーロがなにやら怪演しているらしいという噂(笑)。 しかも蓋を開けてみればピーター・オトゥール、シエナ・ミラーまでご出演という豪華メンバー。
適度に散りばめられた英国的なユーモアが効いて、ストーリー、役者、映像、すべてに満足度の高い、大人が楽しめるファンタジーでした♪
スターダスト1


売りの一つである映像は、主人公が住むウォール村の美しさ、禁断の地ストームホールドにある魔法市場の猥雑とした不協和音っぽい色彩、ストームホールド王の住む城、ユニコーン、キャプテン・シェークスピアの空飛ぶ海賊船、魔女たちの住む宮殿などなど、どこを切り取っても繊細なタッチで非常に美しかった。

恋するヴィクトリアが振り向いてくれるようなプレゼントを捜すために旅に出た、人が良さそうなだけで風采が上がらない感じのトリスタン。 最初はなんでこんな子が主人公なのよ・・・と思っていたのだけれど、イヴェインと出逢い、様々な試練に出くわし、なんとか切り抜けていくうちに見た目にも人間的にも逞しく魅力的に成長する。 もちろん剣術の稽古をつけたり男としての美学を聞かせたりしたシェークスピア船長のおかげもあるのだけれど! 

そのシェークスピア船長・・・、強面でどんなに荒っぽい無情な人物かと思いきや、度肝を抜かれたのが頬にハートを描き、おかまコスチュームの自分の姿にうっとりしながら踊るダンス。 イヴェインに似合うようなドレスを選んだ時の彼のワードローブがかなり怪しかったんだけれど、まさかこんな趣味をお持ちとは・・。 デニーロの長いキャリアの中でもこんなキャラは初めてだったんじゃないんだろうか?? あまりのど迫力と従来のイメージとのギャップに大笑いしてしまいました。
スターダスト2


流れ星の心臓を400年間も待っていたという美貌が自慢の魔女ラミアのミッシェル・ファイファーの妖艶ぶりと悪魔ぶりもなかなかでした。 魔法を一つ使うたびに激しく老化していく彼女の変貌振りも見応えあります(笑)
スターダスト3


トリスタンの父親ダンスタンの若き日を演じていたのがベン・バーンズ、ちょっとしか出番がなかったからそのまま成長したトリスタンも演じてしまえば良かったのにと思うこちらのイケメンは5月に封切られるナルニア国物語第2章でカスピアン王子を演じてる俳優だったんですねー。
トリスタンを演じたチャーリー・コックスは「カサノバ」のジョバンニ役、「ヴェニスの商人」のロレンゾー役で見ていたようですが、全く記憶にない・・・。 ジョバンニの方は見ているときはかなりインパクト強かったのに・・・。

物語のラストは、まぁね、これもありだよね!という超ハッピーエンド。 最後の最後まで夢のあるファンタスティックな一本でした。 とってもお薦めです♪
この記事のURL | 映画(さ行) | CM(4) | TB(3) | ▲ top
マリインスキー劇場バレエフェス、「白鳥」2公演のレビュー(追記あり)
2008/03/23(Sun)
The St.Petersburg Timesの3月21日号(毎週火、金発行)にマリインスキー劇場バレエフェスティバルの記事が掲載されていました。 こちら
写真はヴィシニョーワの白鳥。
今年のこのフェスティバルは10公演中6公演が「白鳥の湖」ということで、ほぼ毎晩ちがう作品を上演した昨年のようなプログラミングができるだろうと少しシニカルな言い回しもありますが・・・。
先週末に上演された2つの「白鳥の湖」についてのレビューがあります。
1日目のヴィシニョーワについてはかなり高い評価で、彼女の白鳥に関しての今までの批評とはだいぶ違って、無垢な感じや純粋さ、神聖さを挙げていたのがちょっと意外な感じがしました。 パートナーのコルプについてもドラマティックな演技と技術の高さを褒めています。
一方2日目のジリアン・マーフィーに対しては、黒鳥のテクニックは圧倒的ではあるけれど、白鳥はヴィシニョーワほどの際立ったものはないとなかなか辛口・・・。 こちらの公演ではジークフリートを踊ったファジェーエフとロットバルトのクズネツォフが光っていたようです。 トロワを踊ったセカンド・ソリストのワシリー・Shcherbakov(カタカナに直せない・・・)のダンスも印象的だったようですね。
18日のアレクサンドロワとコルスンツェフの白鳥はどうだったんだろうなー。 彼って今までマーシャのようなタイプのダンサーと踊った事ってあまりないんじゃないのかな? とっても興味あるな!!!
こちらの記事には、シモノフ振付の「Glass Heart」のレビューもあります。

☆☆☆☆☆☆3月24日追記☆☆☆☆☆☆

JICさんのPERFORMING ARTSに18日(アレクサンドロワ&コルスンツェフ)、20日(ロホ&コルプ)、21日(ロパートキナ&イワンチェンコ)の公演記録があがっています! こちら。 う~~~む、極個人的にプチショックな部分(ダニーラ!)もありますがとっても興味深い・・・。 特にイワンチェンコ評とクズネツォフ評がすてきっ!!
あと、マリインスキーのバレエフェスとは関係ありませんが、23日のマールイのドン・キでヴェンシコフが踊っていたそうです♪ 彼は移籍ではないようですね、安心したわ!
いや、本当に貴重な情報をありがとうございました!! これからもよろしくお願いします!!!と念じてみる。
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今度はワシーリエフがマールイ客演?
2008/03/22(Sat)
今、マールイのプレイビルを見ていてびっくり!
明日23日の「ドン・キホーテ」のキャストがマトヴィエンコからボリショイのイワン・ワシーリエフに変わっています。
Ирина Перрен
Иван Васильев (Большой театр, Москва)

まぁ~じぃ~~?
もう過ぎてしまいましたが、20日の「ライモンダ」もデニスは踊らなかったようでマラトに変わっていました。 最初はАнастасия и Денис Матвиенкоというよう にキャストが出ていたのが、アナスタシア・マトヴィエンコ単独になっているので、マラトはアブデラフマンじゃなくてジャンなんでしょうね。 二人の名前が一行空いているのが気になったりもするけれど(笑)
多分、マトヴィは「スパルタクス」のリハーサルに専念という事で降板したような気がしますが・・・、
だからって何で明日はワシーリエフ?? 
しかもペレンとは踊り的にもヴィジュアル的にも全然合わない!!
彼女がポワントで立ったらワシーリエフよりそうとう高くなっちゃうし、とても恋人同士って雰囲気じゃ・・・。
マールイのダンサーでいいのに。 シヴァとペレンでも、ロマチェンコワとプロームでもいいじゃないですか! コンクールで1位をとったロマチェンコワにそのくらいのご褒美があってもいいのにな。
まぁ、ペレンも最近は「スパルタクス」のリハで忙しいようなので本当に踊るのかどうかわかりませんけどねー。 
というか、マールイのプリマでワシーリエフと合うプリマっていないでしょ・・・。 だったらいっそオシポワでも連れてきて二人で踊って欲しいわ!
この記事のURL | バレエ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
ヌレエフ国際コンクールの受賞者
2008/03/21(Fri)
お二人の方からブログにお知らせをいただいたのですが、ルドルフ・ヌレエフ国際コンクールのファイナリストと受賞者の載っている記事があるそうです。 こちら

女性の部
1位 アナスタシア・ロマチェンコワ ロシア(ミハイロフスキー劇場)
2位 リリ・フェルメリー(Lili Felméry)  ハンガリー
3位 イク・ナカガワ 日本


男性の部
1位 アンドレイ・ピーサレフ ウクライナ(ドネツク劇場)
2位 Gevorg Asoya  アルメニア
3位 Doshan Tabildi  カザフスタン


特別賞:リチャード・スザボ
最有望若手賞?(most promising young talent awards ):Gergely Leblanc、Ágota Ecseki.
ベストパートナー賞:アントン・プローム
審査委員長特別賞?:Yekaterina Oleynik


ちなみにファイナリストは以下の19名
Yegor Azarkevitsch, Yekaterina Oleynik, Vittorio Galloro, Steven Melendez, Anastasia Lomatchenkova, Anton Ploom, Gevorg Asoyan, Ágota Ecseki, Gergely Leblanc, Richard Szabó, Lili Felméry, Balázs Majoros, Aset Murzakulov, Nakagava Iku, Andrej Pisarev, Nurlan Konocbayev, Ha Rim Byun, Odsuren Dagva. Doshan Tabildi

写真も出ている男性の部の1位を獲得したアンドレイ・ピーサレフは、SWAN MAGAZINE 2008春号にインタビューが載っていました。 立ち読みだったため内容はほとんど覚えていませんが、往年の名ダンサー、ワジム・ピーサレフとインナ・ドロフェーエワの息子さんだそうです。 インタビューでは父親より上手く踊らなくちゃと思ったりするけれど、お父様は素晴らしいダンサーでしたねと言われると嬉しいとかなんとか話していたと思います。 ダンスマガジン4月号にも載っていましたが、昨年の年末に京都であった「日本とウクライナの若きアーティスト達・・・」にもフィリピエワ、シドルフスキーと共に参加していたのでご覧になった方もいらっしゃるでしょうね。
Dance Cube 2007年5月のアプローズ・ダンス!WESTには寺田バレエ・アートスクールのこんな記事も出ています。
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マールイ「スパルタクス」にトラが?!
2008/03/20(Thu)
ロシアの写真サイト「インタープレス」は、バレエ関係の写真が時々あがるのでちょこちょこチェックしているのですが、今日はこんな写真を見つけました・・・。
えーと、マールイの「スバルタクス」のリハーサルに本物のトラが参加したとかなんとか・・・。
「ミラ」ちゃんという名前のメスのトラらしいです。 フリー自動翻訳でそのように訳されたのですが、正しい訳なんだろーか?
コロシアムでグラディエーターたちが闘うときにトラがいたりするけれど、そういう場面に本番でも登場させたりするのでしょうか???
ジゼルのブルゾイ犬はいーなー、かわいなーと思ったけれど・・・。 まっ、こちらのミラちゃんも、こうやって写真だけ見てる分にはかわいいですけどね。 
「スパルタクス」のリハーサルの写真は、ダンサーが写っているこちらの方がいいですね。

マールイ関係でもうひとつ。
最近よく拝見させてもらっているJIC旅行センターさんのサイトの一部であるこちらのサイトさんに、マールイのダンサーの他劇場への移籍に関する記事が載っていました。 興味のある方はご覧下さい。 
今現在、正式に移籍を済ませたのはマリインスキー劇場に移ったエフセーエワだけのようです。
2月に海賊にゲスト出演したエカテリーナ・ボルチェンコはマールイと契約を結んだようですね。
こちらのサイトさん、ピーテルやモスクワをはじめ、ロシアの様々な劇場での公演の様子をレビューという形でお知らせくださっているので、日本に住む者にとっては非常にありがたいです。

ついでにもう一つ(笑)。 
マールイアンケート、こつこつと纏めております。 
出来上がったものが、果たして「まとめ」と呼べる状態のものになるのかは大いに不安ですが、今月中には発表いたしますので、もうしばらくお待ち下さいませ。
この記事のURL | バレエ | CM(10) | TB(0) | ▲ top
SWAN MAGAZINE 2008 春号にもマールイ公演レビュー(追記あり)
2008/03/18(Tue)
スワンSWAN MAGAZINE 2008 春号 Vol11に、マールイ2007~2008公演のレビューと来日公演記念パーティーの様子が掲載されているのだそうです。 マールイ公式ページのお知らせに掲載情報としてアップされていました。

コンテンツはこちらで見られますが、今号はベジャール追悼特集のようですね。
その他、今や肩書きもエトワールとなったドロテ・ジルベールのインタビューや、海外で活躍する若手日本人ダンサー(大石麻衣子/倉永美沙/武市京子&河島真之 菘あつこ)という特集もあるようです。 コンテンツに肝心のマールイの事は載っていないんだけど・・・。
明日、書店で確認してみま~す! ダンマガには載っていなかったような舞台写真もあるといいなぁ!



追記: コメントでnaomiさんからも教えていただきましたが(ありがとうございます)、マールイについての記事は1ページだけで、とりたてて目新しい公演レビューではありませんでした。 パーティーの写真は4枚でコルプが2枚、映写機でスクリーンに映し出したルジマトフの顔を撮った写真(個人的にバカ受け)が1枚とダンサーたちの写真が1枚でした。
この記事のURL | バレエ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
チュチュは男性ダンサー泣かせ(笑)
2008/03/17(Mon)
朝日新聞の金曜日の夕刊に「道具ばな史」というコラムがあるのですが、7日、14日はバレエのチュチュが取り上げられていました。

それによるとバレエのチュチュは1832年にタリオーニが「ラ・シルフィード」の妖精役を踊ったのが始まりで、ロマンティック・バレエの流行に乗って白くて浮遊感に満ちたスカートがヨーロッパ中の劇場に広まり、「ラ・シルフィード」の成功により、ソロ、群舞ともに白一色の衣装が「ジゼル」「白鳥の湖」「ラ・バヤデール」などの作品に受け継がれたのだそうです。
さらに当時開発されたガス灯の照明が神秘で妖しい雰囲気を増幅させたとの事。

膝下までのロマンティックチュチュの丈が短くなるのに貢献したのがロシアでのクラシック・バレエの発展で、グラン・フェッテなど高度な技術を強調する為に丈の短いクラシック・チュチュが誕生したのだそうです。 ワイヤーを入れて横に広がった型が登場したのは20世紀。 

舞台を見ていても時々感じる事ですが、やはりこのワイヤー入りのチュチュはバレリーナをサポートする男性にとってはやっかいものなのだそうです。 リフトの時にツッパリが邪魔になるために自分の体の中心線から外れたところでバレリーナを持ち上げ支えなければいけないので腕の負担が大きく、チュチュの先端や装飾が顔や肌にあたり、あざができる事もあるんだそうです。
逸見智彦さん曰く、「女性を美しく見せるためならどんな辛抱もするのが男性ダンサーの役目」。 いや、本当にダンサーの鑑! 主役のパートナーの男性ダンサーともなれば、舞台上に二人だけという状況で見られている事も多いのだから、常に主役を美しく見せる事に神経を集中させなきゃいけないし、たとえアクシデントがあっても他人の陰に隠れてイテーなんて言ってられないですもんね! まじ、大変だよな・・・。

3,4年くらい前からかな? シヴァコフもバレリーナのチュチュの形(状態)にまで気を使う余裕と優しさが出てきた時には「なんて、頼もしくなったの!」と感動したものですが、そうか、チュチュが曲がってあたったりしてるとシヴァも痛いのよね!(笑) 
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
プローム&ロマチェンコワ、コンクールの写真
2008/03/16(Sun)
プロームとロマチェンコワが参加した「ルドルフ・ヌレエフ 国際コンクール」の写真が届きましたのでご紹介。
コメントがないので衣装からの判断ですが、「騎兵隊の休息」と「グラン・パ・クラシック」だと思います。
コンクールの規定では、ファーストラウンドが古典、セカンドラウンドは20世紀の振付家となっており、彼らはファイナルではドン・キホーテを踊ったようでしたので、「騎兵隊の休息」がファーストラウンド、「グラン・パ・クラシック」がセカンドラウンドだったのでしょうね。

二人の「騎兵隊の休息」は2006年の冬の公演で見ていますが、その時にロマチェンコワとプロームの技術の高さと演技の的確さを改めて感じた事を覚えています。 自分の日記を見てみたら、こんな事書いてました♪
_DSC0604 のコピー


二人のグラン・パは是非見てみたいです。 
_DSC3351 のコピー


_DSC3392 のコピー


_DSC3398 のコピー


ロマチェンコワの男前なはっきりした踊りはけっこうこの演目に合ってるんじゃないかと思うのですが。 私はロマチェンコワがアラベスクでバランスをとっている写真が特に気に入っています。  彼女をみつめるプロームの表情もいいなー。 プローム単独写真のジャンプもなかなか高さがありますね。 彼のヴァリにはアントルシャや細かい足裁きの連続もあるからプロームとしても見せ場をいくつも作れたんじゃないかな!
プロームはベストパートナー賞を受賞したそうなんですが、受賞者ガラの後に、審査員から「今日のあなたの演技は参加者中、一番良かったわよ」と言われたそうです。
是非、夏にも来て二人で踊って欲しいですよね! 祭り組みの方、「くるみ割り人形」のハイライトが入っているので、来てくれるんじゃないかと勝手に思っているんだけど、よろしくね!

(このページの写真の著作権は管理人にあり、いかなる場合であっても複製・送信・配布・改変などの行為は禁止致します。)  
この記事のURL | バレエ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
春告鳥
2008/03/15(Sat)
今朝、今年初めてのうぐいすの鳴き声を聞きました。
春告鳥くん、ちと遅いんじゃない?(笑)

「う~めの小枝にうぐいすが~」というような風情のあるものではなく、近くの常緑樹のわっさわっさ茂った葉の中に隠れているようで姿を認める事はついぞできず! 近くにあまり枝振りの良くない梅の木もありますが、そんなに目立つところでは鳴かないよね・・・。
でも、ほんとーにきれいにはっきりと「ホーホケキョ」と鳴くうぐいすです。 しばし、聞きほれてしまったよ。 去年来たうぐいすはまだきちんと鳴けない鳥で、「ホーッキッキョ」とかやってて、それもとっても可愛かったのだけど・・・。 今年はいつまで聞けるかなぁ? からすに襲われないようにネ!!

今日は本当に暖かくなりましたねー。 テニススクールまで歩いていく道沿いにある桜のつぼみもだいぶ大きくなってきて、あと2週間もしないうちに開花ですねー。 桜が咲いて花水木が咲いて色とりどりのチューリップが風に揺れる。 好きな季節ではあります。 どうやら今年も花粉は大丈夫そうだし。
毎年思う同じ事は、マールイの子たちに一度満開のソメイヨシノを見せてあげたいなー。 この時期だけは来日した事ないのよね。 って結局そこかい!!って感じなんだけど(笑)
大~好きなチューリップ! 今年は近くの某公園にカメラを持って出かけるぞ~~~!
この記事のURL | 雑記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
牧阿佐美バレエ団 「白鳥の湖」 3月8日の感想
2008/03/14(Fri)
牧阿佐美バレエ団の公演を見たのは2006年3月の「ア・ビアント」以来、知っているダンサーもあまりいないのでとても新鮮な気分でした。 私の場合、塚田さんを見ると、あー牧バレエだ、という・・・。

キャストはこちら

<1幕>
王子の京當さんは1980年生まれで身長が182センチとか。 その身長だけでも舞台の中で目立ちますが、白いタイツ姿がとても美しいですね。 脚が長くてまっすぐで綺麗です。 80年生まれと言えば、そうです! シヴァコフと同い年なのねぇ~なんて思いながら見ていました♪
あまり表情豊かではなかったのだけれど、王妃から「あなたも結婚相手を選ばなくてはいけません」と言われて驚き、一気に暗く憂鬱そうな雰囲気に変わったのは印象的でした。 思いもしなかった事なのね!
パ・ド・トロワ、菊池さんの降板によりラグ・ワスレン・オトゴンニャムさんに変更。 橋本さん、吉岡さんと踊るのはちょっと辛いかなという状態でした。 まだソロで十分見せられるだけのダンサーではないような・・・。
橋本さんと吉岡さん、それぞれは良いのだけれど、二人の音の使い方が全く違いすぎて動きが合っていない。 オトゴンニャムとも合っていないので音楽に乗っていない感じだったのが残念。 あと橋本さんはお化粧を研究した方がいいかもです。 プロフィの写真の方が綺麗だモン。

どーでもいいんですが、家庭教師のメイクがね・・・。 長いこと屋外で働いて来て思い切り紫外線にやられてしまった老人の顔のようで変でした。

<2幕>
オデット@伊藤さん登場。 折れそうに細い・・・。 コチュビラ見てもチュチュが重そうとまでは思わなかったけど、さほど身長もない伊藤さんだとチュチュの重みで倒れそうにも見える。 とっても儚げで可憐なオデットだったけれど、オデットに出会い、恋心をかき乱されているようには見えない王子とのアダージョは今ひとつ哀愁にも美しさにも欠けたように感じました。
これだけ身長があって体育会系の京當王子なら、吉岡さんがオデットだった方が大人同士な感じでしっくりくるんじゃないのかな? 伊藤さんだと幼気すぎる感じで雰囲気的にも身長的にもバランスがよくないかも。 伊藤さんの踊りはとても丁寧で好感が持てました。
あと、アダージョの雰囲気を盛り下げたのは失礼ながらヴァイオリン・ソロですね・・・。 せっかくアニちゃんでもこればっかりはなぁ。 でも、ここは外しちゃダメなところでしょ・・・。

コール・ドは見慣れているものとフォーメーションが違って面白かったです(2階から見たら綺麗でしょうね!)が、腕の動きが乱暴なのと足音が煩いのが気になりました。 小さな4羽が小さくなくて、踊りもいまいち。

ロットバルトの森田さん、堂に入った演技が良かったです。 

<3幕>
ここのバレエ団の舞踏会にはパ・ド・カトルがあるのですね。 2005年に一度見ているのに全く覚えがない。 音楽はマールイなどでは使われていないパ・ド・シスの何曲かが使われていたと思います。
踊りはとても見応えがあって私的には本日の一番でした。 
特に清瀧千晴さん。 恥ずかしながら全く知らなかったダンサーですが、1986年生まれで去年の春の東京新聞主催全国舞踊コンクールで1位になったダンサーなんですね。 DANZAの2007年8~9月号(ペレンが表紙)にインタビューがあります。 彼のアントルラッセが高くて美しくて、他の動きも柔らかくてとても良かったです。 中島哲也さんも清瀧さんに劣らぬレベルのダンサーだし、女性二人も手堅くて、1幕のトロワよりも全体的なまとまりがあるパフォーマンスだったと思います。
女性のソロにはチャイパドの音楽も使われていて、振付と合っていたかというと少々疑問ながら、今までアニちゃんでは聞いた事がなかった曲をたっぷり聞けて音楽的にも十分満足なパ・ド・カトルでした。
スペインは柔軟性に富んだ吉岡さんの踊りがとても良かったけれど、パートナーの塚田さんはスペインの踊りとしては切れがなくて不満あり。 
ナポリターナは森脇さんが可愛らしかった。 
マズルカは踊り自体がおとなしく、振りもつまらなくて盛り上がりませんでした。

黒鳥のパ・ド・ドゥ。 伊藤さんのオディールは妖艶ではなく小悪魔系。 王子を罠に落としいれようとしている顔は、宮崎あおいちゃんのお転婆篤姫が何やらいたずらを企てているような、そんな表情でしたね。 すっとのびたアラベスクは綺麗でしたが、技術的には、グラン・フェッテもかなり動いてしまっていっぱいいっぱいで、踊りでオディールを表現するというところまでは達していなかったように思います。 今後の課題ですね。 京當さんは若干体が固いのかもしれないけれど、サポートは安定しているし、回転系は得意そうです。 特に、オディールのグラン・フェッテの後に入ったグラン・ピルエットが安定していて綺麗だし、豪快だったのでフィナーレらしかったです。 余談ですが、以前みたマーフィーとコレーラのこの場面はバレエを通り越したすっごい事になってましたっけ(笑)。

森田さんは3幕では魔法使いのような付け鼻で怪しげでダークな雰囲気を醸し出していて好印象。
そして、黒鳥のパ・ド・ドゥの間に窓の向こうに姿を現したオデットが、最後王子がオディールに愛を誓う間際にもう一度現れて、「騙されてはダメよ、私はここにいるのよ」と必死に訴えていたのが印象的でした。

<4幕>
4幕もマールイでは使っていない音楽で始まります。 これも私的にはお得な感じ。
傷ついたオデットが吉岡さんや橋本さんの大きな白鳥たちに労わられている様子は、伊藤さんが幼気なだけに言い表せないような悲愴感がありました。 京當さんもここでは表情の硬さがとれて二人の雰囲気も良かったと思います。
王子の愛がいかに本物でも一度オディールに愛を誓ってしまった以上は人間に戻る事はもうできないのだからとオデットは運命を嘆いて一人湖に沈む。 王子も後を追い、二人の想いによって力が弱ったロットバルトを残った白鳥達が取り囲んで絶命させる。 この白鳥の群れはマシュー・ボーンの白鳥のように少し怖くもありました。 
舞台奥の幕(多分あったと思うけど・・)の後ろには天国で結ばれたオデットと王子の姿が。
この記事のURL | バレエ鑑賞記 2008年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ロマチェンコワ、「ルドルフ・ヌレエフ 国際コンクール」 優勝!!
2008/03/13(Thu)
3月4日~8日まで、ハンガリーのブダペストで開催されていた「ルドルフ・ヌレエフ 国際コンクール」で、
見事、ロマチェンコワが第1位に輝いたそうです。 
おめでとう~~~

一緒に参加していたプロームからこうすけさんへの吉報だったのですが、あまりに嬉しくて慌てたのか?自分の事は何も報告がないみたいで・・・。 きっと彼自身も良い結果を残したのだと思いますが、近いうちにまた知らせてくれるんじゃないかと・・・。
ここのところあまり明るい話題がなかったマールイだけに、ロマチェンコワ優勝のお知らせはとっても嬉しいです!!
という事で中途半端ながら皆さんにお知らせでした!!
コンクールのサイトはハンガリー語版も英語版も全く新しい情報が上がっていないのですが、別のサイト(ちょっと怪しいが・・・)で8日のファイナルでの写真を見つけました。 こちら。 ファイナルに彼ら18番の「ドン・キホーテ」を持ってきたのですね!!
ファイナリストにはイク・ナカガワさんとサオリ・ナガタさんという日本人女性も入っています・・・。
この記事のURL | バレエ | CM(5) | TB(1) | ▲ top
エリザベス ゴールデン・エイジ
2008/03/12(Wed)
「エリザベス ゴールデン・エイジ」
原題 : ELIZABETHE: THE GOLDEN AGE (2007年 英・仏 114分)
監督 : シェカール・カプール
出演 : ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライブ・オーウェン、リス・エバンス
鑑賞日 : 2月29日 (新宿アカデミー)
エリザベス
 
25歳でイングランド女王に即位したエリザベス(ケイト・ブランシェット)。父王ヘンリー8世の遺志を継ぎプロテスタントの女王として即位したが、国内にはカトリック信者が大勢おり、不安と憎悪が渦巻いていた。その頃、ヨーロッパ列強はイングランドを占領すべく狙っており、スペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)はことあるごとに圧力をかけてきた。さらにカトリック派のスコットランド女王メアリー・スチュアート(サマンサ・モートン)の存在も火種となっていた。(goo映画より)

この映画を見るために2月の頭に前作の「エリザベス」を借りて来て駆け込み予習をした。 その前作では、女王に即位する前の利発そうな眼差しが印象的な初々しい娘時代のエリザベスと、自分は英国と結婚したとして”ヴァージン・クイーン”を宣言したラストシーンの白塗りの女王エリザベスの高潔な姿が脳裏に焼きついている。 あっ、あとはアンジュー公を演じたヴァンサン・カッセルね。

本作は第80回アカデミー賞の主演女優賞部門(ケイト・ブランシェット)と衣装デザイン賞部門にノミネートされ、みごと衣装デザイン賞に輝いています。

「エリザベス ゴールデン・エイジ」は即位27年後の1585年のイングランドで幕が開く。 衣装デザイン賞を受賞したのももっともな事と頷けるコスチュームの気品溢れる絢爛豪華さに幕開けから圧倒される感じ。
歴史的な面からも興味深くはあったけれど、エリザベスを演じたケイト・ブランシェットが見せる気高さ、聡明さ、哀しさなど、全編を通じての見事な演技に脱帽でした。

一国の情勢が対外的にも対内的にも宗教によって左右されたこの時代。 新しい君主の信仰する宗教が先代と変わったがために、いきなり異教徒となり、迫害の危険を恐れ身を隠して生きていかなければならなくなる恐怖がいつ転がり込んでくるかわからないという社会の恐ろしさも十分感じた。 そしてその恐怖は民衆だけのものではなく、女王エリザベスにしても、常にカトリックからの暗殺という恐怖に身をさらされて生きているのだ。
エリザベス暗殺を企てたメアリー・スチュアートとの確執はあまり深く描かれる事はなかったけれど、メアリーが使わした暗殺者トマス・バビントン(エディ・レッドメイン)が教会で祈りを捧げるエリザベスに銃を向け、彼に気づいたエリザベスがたじろぎもしないでトマスを見つめ返すシーンは圧巻。
エリザベス1


そんなエリザベスの心を前作のロバート・ダドリーに代わり魅了するのがクライブ・オーウェン演じるウォルター・ローリー。
イングランドと運命を共にすると決意し、国内や近隣諸国との間に抱える数々の問題から逃れる事のできないエリザベスにとって、自分が知る由も無い外の世界、未知の世界に生きる自信と男らしさに溢れたセクシーなウォルターはどれほど新鮮で魅力的に映ったのだろう。 
久しぶりに自分の中に眠っていた女を目覚めさせる殿方であり、自由の象徴でもあったのだろうな。
クライブ・オーウェンがまたこのキャラクターにピッタリはまりすぎ・・・。

互いに惹かれあいながらも、エリザベスとウォルターの関係が許されるはずもなく、ウォルターはエリザベスのお気に入りの侍女であるべス(アビー・コーニッシュ)とも惹かれ合い、身ごもったべスと内密に結婚した事からエリザベスの逆鱗に触れ幽閉される。
理性を失い、べスに手をあげ、ウォルターに罵倒を浴びせるエリザベスの狂気のようなものが凄かった。 べスとウォルターを近づけたのは自分であり、当然の成り行きと理解できる事も、大切に思っている二人からの裏切りは、己の望む幸せを手に入れる事はできないという現実を突きつけられた辛く耐えがたい出来事だったのだろう。
エリザベス2


べスを演じているアビー・コーニッシュは、「プロヴァンスの贈りもの」でハリウッドに進出したオーストラリア出身の新進女優。 楚々として可愛らしい感じながらちょっと気の強そうな雰囲気がなかなか好み。 今後に期待大。
実際のべス・スロックモートンはとても気丈な女性で、ウォルターを心の底から愛し、彼が斬首された後はその首に防腐処置をして彼女が死ぬまで手放さなかったそうだ。

アルマダの開戦直前に、甲冑に身を包んだエリザベスが馬上から兵士たちを鼓舞するシーンは本当にクール! ジャンヌ・ダルクのようでもあり、甲冑が反射した後光のような日の光に包まれたエリザベスはまるで勝利の女神のようだった。
アルマダの海戦自体は思ったほど時間が取られていなかったけれど、風向きを読んだ焼き討ち船や大砲を搭載した帆船による闘いなどそこそこの迫力にも満足。 大嵐が起こったために無敵艦隊が敗れ国への侵略を免れるなんてまるで元寇。

ケイト・ブランシェット同様、エリザベスの重臣、ウォルシンガムを演じたジェフリー・ラッシュの、可能な限り感情を殺したような冷静沈着さの中に、常に何かと闘っている強さと苦悩を感じさせる演技も素晴らしかった。 ウォルシンガムの諜報活動なしにはエリザベスのゴールデン・エイジもなかったに違いない。

エリザベスの晩年を描く第3作目を作るという話もちらほら出ているようだけれど、そうなるとエセックス卿の人選が大いに楽しみでもあるな。
この記事のURL | 映画(あ行) | CM(6) | TB(6) | ▲ top
マールイ「スパルタクス」、プレミアは4月29日&30日!!
2008/03/11(Tue)
マールイ劇場の4月の演目がHP上に発表されました。 こちら。 新作「スパルタクス」のプレミア公演は4月29日(火)で翌30日(水)も予定されているようです。 ゲオルギー・コフトン振付、美術はバチェスラフ・オクネフ。
4月のスケジュールはこちらにも詳しくでていますが、「スパルタクス」をクリックして出てくるこのページ。 取ってつけたようなこの写真は??く面倒くさくて粗筋は読んでないけど、クラッススに焦点をあてたというマールイ版の粗筋がもうわかるのだろうか?・笑) 
ダブルキャストなのでしょうけれど、誰が何役にキャストされているのか知りたいですねー。 以前パーティーで聞いた時には、ファーストキャストがクズネツォフ(マリインカ)、ペレン、マトヴィエンコ、エフセーエワだったけれど・・・。
いずれHPに記載されるでしょうから、それを楽しみに待つことにするか!

現在予定されている4月公演は以下の通りです。

4月04日  白鳥の湖
  05日   ドン・キホーテ
  09日   バヤデルカ
  11日   かもめ(ジョン・ノイマイヤー)
  12日   かもめ(ジョン・ノイマイヤー)
  14日   白鳥の湖
  15日   白鳥の湖
  17日   くるみ割り人形
  19日マ  チッポリーノ
  19日ソ  チッポリーノ
  29日   スパルタクス
  30日   スパルタクス

  (尚、スパルタクスは5月1日、15日、16日にも予定されています。 という事は初演は3日連続
   の公演となるんですね♪)


バレエ団は3月23日の「ドンキ」以降、4月4日の「白鳥の湖」までは本拠地での公演の予定がないようなので、ヨーロッパのどこかにでもツアーに出かけるのでしょうか? HPのツアーのページには先日の日本ツアー以外の情報は載っていないけど・・・。

11,12日の「かもめ」、14,15日の「白鳥の湖」の4公演は、モスクワのスタニスラフスキー&ネミロヴィッチ・ダンチェンコ音楽劇場による公演のようです。(うみ先生、ありがとう♪) 箱を貸している間、スパルタクスの最後の詰めに入るのだろうか?? 
こういった試みも面白いですね。 ピーテルの観客もモスクワのバレエ団による普段は見られない演目を楽しむ事ができるし、逆にマールイのメンバーが今度はモスクワで踊るチャンスをもらえたらいいと思う。 
この記事のURL | マールイ劇場プレイビル | CM(2) | TB(0) | ▲ top
HMV どれでも3点買ってみたけれど・・・
2008/03/10(Mon)
HMVの、「DVDどれでも3点買うと25%オフ」を利用してバレエのDVDを注文してみました。
1月に発売になったセメニャカの「ジゼル」は、結果的に発売中止になってしまった前回の時は意気込んで予約申し込みをしたものの今回は忘れてしまっていたので、この機を逃すまい!とまず第1番にポチッ!!
あとは、「マリインスキー劇場のジルヴェスター・コンサート」とロイヤルの「シルヴィア」。 マリインスキーのDVDはコルスンツェフがちら映りしているというのに惹かれて・・・(病気・・・)。 「シルヴィア」はダーシーだし、7月の予習にもなるし。 でもシルヴィアのチケットまだ取ってないんだよな。 あっちに行くかどうか決まらないと・・・ね(笑)。
ところが、それぞれ14~28、5~9、21~35日以内に入荷という事で一括配送の予定日が4月12日という事でした・・・。
ゲッ、なんだか嫌な予感がするなー、本当に届くのかなぁ???
ついでに安いから頼んじゃえ!と思って勢いで買ってしまったのが(ちょっとやけくそ入ってます)、ゼレ、ポリーナ、マーシャ、クチュルク&ミハリョフが出演している「ディヴァイン・ダンサーズ」。 こちらもお取り寄せで出荷予定は4月5日だそうな・・・。 む~~~~。
待ちますけどさ、ちゃんと全部取り寄せてくださいね~~~!
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チリ ヴィーニャ・タラパカ・エックス・サバラ
2008/03/09(Sun)
Image066.jpg

チリのマイポバレーにあるヴィーニャ・タラパカ・エックス・サバラ(Vina Tarapaca Ex-Zabala)のカベルネ・ソーヴィニヨン レセルバ2005年を飲みました。
近所の酒屋で1800円にて購入。
このワイナリーは1874年創業のチリワインの名門の一つで、特にチリカベ好きなら一度はここのカベルネを飲んだ事があるのではというくらい人気のあるワインのようです。 レゼルバということでスタンダードより上のクラスだから、やや高めの値段ですが、このクォリティーなら1800円も納得のプライスです♪
久しぶりに飲みましたが、チリらしいどっしり感にフルーティーな香りとオークの匂い。 さらに滑らかな舌触りに大満足。 あー、チリだぁ~~という感じです。 
肉料理やこってり感の強い料理にも真っ向勝負ができるような(笑)頼もしいワインです。

この記事のURL | ワイン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アニちゃんの「白鳥の湖」♪
2008/03/08(Sat)
牧阿佐美バレエ団の「白鳥の湖」を観に行ってきました。
本当の事を言っちゃうと、アニハーノフさんの「白鳥の湖」が聴きたくて取ったチケットなのですが・・・。
今年4回もマールイの「白鳥」を見たのに、一度もアニちゃんに当たらなかったんだもの!!

以下、今日の主なキャストです。

オデット&オディール : 伊藤友季子
ジークフリート : 京當侑一籠
フォン・ロットバルト : 森田健太郎
家庭教師 : 山内貴雄
王妃 : 坂西麻美
パ・ド・トロワ : 橋本尚美、吉岡まな美、ラグ・ワスレン・オトゴンニャム
村娘 : 安部里奈
大きな白鳥 : 橋本尚美、吉岡まな美、笠井裕子、坂梨仁美
小さな白鳥 : 奥田さやか、小橋美矢子、竹下陽子、坂本春香
パ・ド・カトル(3幕) : 佐藤朱実、奥田さやか、中島哲也、清瀧千晴
チャルダッシュ : 橋本尚美、ラグ・ワスレン・オトゴンニャム
スパニッシュ : 吉岡まな美、柄本奈美、塚田渉、保坂アントン慶
ナポリターナ : 森脇友有里、上原大也


テリー・ウェストモーランド版の牧阿佐美バレエ団の「白鳥の湖」を観るのは二回目でした。 
前回は夢倶楽部の会員招待券でただで観られるなら!と選んだジリアン・マーフィーとアンヘル・コレーラのぶんぶん回る舞台で、今回はアニちゃん聴きたしという不純な動機続きではありますが・・・。
え~、どうなんだろうか? 主役のお二人は微妙だったかな? 二人からは運命的な出会いとか真実の愛というような心の高ぶりをあまり感じる事ができなかった気がしました。 二人とも表情が付きにくい顔立ちなのかなぁ?? 特に京當さんは舞台化粧してくるの忘れて出てきた?ってくらい普通の人だったので王子と言われても・・・と困ってしまうくらい王子に見えなかったのでした。

この人が出てくると舞台が引き締まるなと思ったのはロットバルトの森田さん、ほとんど踊らないロットバルトでしたが、演技が上手い森田さんなので、オデットともオディールとも上手く絡んで、彼が舞台上にいるとなんか違うという存在感でした。
ちょっと体型が好みではないので昔は敬遠気味だったのですが、新国立のアブデラフマンの熱演を見た頃から彼への見方がずいぶん変わりました。

今日の舞台で個人的に一番盛り上がったのは舞踏会のパ・ド・カトル。 中島哲也、清瀧千晴の男性二人が良かったです。 特にアントルラッセが綺麗だった清瀧千晴さんは身長がもう少しあれば王子もオーケーじゃないのかしら? 女性ソロではチャイパドの一部(もちろん振りじゃなくて音楽です)が使われるなどとても新鮮な感じで見応えのあったパ・ド・カトルでした。

アニハーノフさんは絶好調でありました! 前後上下左右によく体が動きます(笑)。 そしてあのヒラヒラのお手手、バレリーナ顔負けの美しい指先も健在ですし、3幕(舞踏会)のラストなんざ、指揮台上で飛び上がっておりました(おかげで舞台を見損なった・・・)。 マールイの「白鳥」には使っていない音楽も聴けてとっても満足!
オケはマールイ管ではありませんから、打楽器には自制心がありますし、マエストロが煽れば管が負けじと煽り返すみたいなヒートアップ感は薄かったですが、それでも時々音色が「おっ!」と心弾むスラブでした。 カーテンコールでは、ちょいと照れくさそうにもしていましたが、最後までダンサーたちと一緒に何度も何度もレヴェランスを繰り返してくれました。 私の席の周りにはけっこうマエストロファンがいらしたようで、ものすごく熱い拍手とブラボーが横から後ろから・・・という状態でした!!
アニちゃん、最高!!!
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Kバレエ古典5作品TBSチャンネル(CS)で放送!など
2008/03/07(Fri)
TBSチャンネル(CSデジタル)で明日の土曜日からKバレエの古典全幕作品を5作品放送します。 スケジュールは以下の通りで3月の放送はすべて20時から22時の2時間。

3月08日(土) ジゼル (2001年11月15日 オーチャードホール)
熊川哲也、ヴィヴィアナ・デュランテ、スチュアート・キャシディ、サンドラ・コンリー、ほか

3月15日(土) 白鳥の湖 (2003年6月11日 オーチャードホール)
熊川哲也、ヴィヴィアナ・デュランテ・モニカ・ペレーゴ、ほか

3月22日(土) コッペリア (2004年5月20日 オーチャードホール)
熊川哲也/神戸里奈/スチュアート・キャシディ/康村和恵/Kバレエカンパニー

3月29日(土) ドン・キホーテ (2004年11月3日 オーチャードホール)
熊川哲也、荒井祐子、康村和恵、スチュアート・キャシディ、長田佳世、Kバレエ・カンパニー

4月??日 くるみ割り人形(2005年12月15日 東京文化会館)
熊川哲也、康村和恵、スチュアート・キャシディ



「コッペリア」と「ドン・キホーテ」はCS初登場だそうですが、私はKバレエの公演をテレビで見る事自体初めてです。
公演を重ねていった順に放送してくれるのも嬉しいです。 Kバレエのそれぞれのダンサーの成長の様子もカンパニーとしての充実の程も同時に見てとれますよね。
私は放送される5演目の中では「白鳥の湖」と「ドン・キホーテ」しか見たことがないのですが、「白鳥の湖」の2003年6月11日は実際に舞台を観に行った公演です。 今、自分の感想を読んでみたら、あまり褒めていなかったです・・・アハハ。 ま、白鳥だから好みの問題が特に大きいわけでして・・・。
KバレエのDVDは買うとお高いので、こうやってテレビ放映してくれるとありがたいのですが、このチャンネルだと見られる環境の方が少ないですよね・・・、多分。 うちは地元ケーブルTVに加入しているおかげで見られるのでラッキーですが、どうせ放送するなら全国ネットでお願いしたいものです!


5月18日にダニーラ・コルスンツェフが客演する松本道子バレエ団の「白鳥の湖」のチケットを買ってしまいました・・・。
この公演の愛知県芸術劇場の一階の座席はチケットぴあでは取り扱いがないようですので、直接バレエ団に電話(052-771-4777)をして購入すると選択肢が広いようです。


ところで! 光藍社さんのDMはまだ来ない! なのに今日請求書が届いた!(笑)
昨日HPから申込書をDLして早々にファックスして申し込んだんだけど、光藍社さん、仕事早すぎ・・・。
さすがにDMより先に請求書が届いたのは初めての出来事だわ!!
この記事のURL | バレエ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
マールイ劇場3月公演キャスト発表♪
2008/03/06(Thu)
ようやくマールイの3月の公演の各キャストが発表になりました。
もう発表しなくなっちゃうのかと少し不安に思っていたので良かったわ!

3月01日 白鳥の湖     イリーナ・ペレン、アルテム・プハチョフ 
  05日 くるみ割り人形   タチアナ・ミリツェワ、 アンドレイ・マスロボエフ
  08日 ジゼル        エレーナ・コチュビラ、セルゲイ・ネクシン?(Сергей Некшин) 
  09日 ラ・シルフィード   アナスタシア・マトヴィエンコ、ニコライ・コリパエフ
  12日 海賊        イリーナ・コシェレワ、マラト・シェミウノフ、ミハイル・シヴァコフ
  14日 白鳥の湖      エレーナ・コチュビラ、アンドレイ・ヤフニューク
  15日 バヤデルカ      アタスタシア&デニス・マトヴィエンコ
  16日 チッポリーノ     クズネツォフ、ラトゥスカヤ、ペレン、ヤフニューク、シェミウノフ 
  20日 ライモンダ      アナスタシア&デニス・マトヴィエンコ
  22日 くるみ割り人形   オクサーナ・シェスタコワ、アルテム・プハチョフ
  23日 ドン・キホーテ    イリーナ・ペレン、デニス・マトヴィエンコ


一番気になるのが8日にコチュビラとジゼルを踊るダンサー。 セルゲイ・ネクシン(←読み方違っているかもしれませんが)って誰なんだろう? 今年の日本ツアーのプログラムには名前が載っていないダンサーです。 ネットでもちょっと検索してみたのですが、いまいちよくわからずというかロシア語の記事しかなかったのでそこであえなく退散・・・。
コチュビラちゃんは白鳥にもキャストされていますが、ジークフリート役はお似合いのルダコ(本当にこの二人良かったのよ!)ではなくヤフニュークなんですね。 コチュビラには少し小さくないかい? オディールにちょいヤンキー入ったままだときびしいかも・・・(余計なお世話?)。 しかし、お恥ずかしい話なのですが、私は今年の公演でこのダンサーがヤフニュークと認識しながら見てはいなかったのでした。 後であのダンサーがそうだったの?という感じで・・・。 失敗した・・・。

次のサープライズ!!はやはり「ラ・シルフィード」のコリッパー君でしょう! 来日前にも一度キャストされて、間際でプハチョフに代わってしまった幻のキャストだったのですよね。 一応褒めてるつもりだけど、雰囲気的にジェームズにはぴったりなのでは・・・。 プーちゃんだと、お馬鹿なジェームズって感じに見えないだろうし・・・。 見たいですね~、この公演!

チッポリーノのキャストは主役だけでなく他の主要登場人物まで発表されているのが嬉しいです! ラトゥースカヤはラディショーシュカデビューかな? ペレンがマグノリアでマラトがレモン王子でヤフニュークはかぼちゃおじさん??
でも、チッポリーノがそこまでキャスト出してくれるなら、バヤのガムザッティやライモンダのアブデラフマンも出してくれればいいのにね!
ペレンはマトヴィとドンキですか・・・。 どうせマトヴィと踊るならキトリじゃなくてニキヤが良かったな・・・。
あと、海賊も見たいわ~~~!! 
この記事のURL | マールイ劇場プレイビル | CM(5) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ