マールイ夏公演情報♪
2008/02/29(Fri)
コルスンツェフの名古屋での公演のチケット情報をチェックしたついでにチェックしてみました(笑)!
マールイ(関係のと言った方が適切なのかな?)の夏の日本公演についてイープラスに載っていたものをご紹介。 
今年も「親子で楽しむ夏休みバレエまつり」公演が行われるようです。
ただし、今のところ発表になっているメンバーでマールイからの参加はペレンとシェミウノフのみ。 
一方クラシック・ハイライトは今のところこの3件がヒットしています。 多分こちらの公演に草刈さんがゲスト出演する日があるんですよね・・・。
シェスタコワが来るのに夫君のシャドルーヒンがいないとか、プロームが来るのに信頼厚いパートナーのロマチェンコワがいないとか、夏に弱いからかルダコがいないとか、いろいろありますが、近いうちに光藍社さんからも正式予定メンバーが発表されるでしょうから、その間のご参考までという事で・・・。
(親子祭りもタイトルが同じだから光藍社さん扱いでいいのよね? この公演) 
まー、いろいろ事情はあるんだろうけど、これだけ見るとどうしてもペレンとマラトがはみ出しちゃったように見えるよな・・・。


親子で楽しむ夏休みバレエまつり 
7月20日~8月10日(東京都、千葉県、埼玉県) 
 イリーナ・ペレン(レニングラード国立バレエ)、
 マラト・シェミウノフ(レニングラード国立バレエ)
 アナスタシア・イサエワ(サンクトペテルブルグ・アカデミーバレエ)
 アレクサンドラ・バディナ(サンクトペテルブルグ・アカデミーバレエ) ほか
 
予定プログラム
『くるみ割り人形』第2幕「おとぎの国」よりハイライト
『白鳥の湖』より4羽の白鳥
『眠りの森の美女』よりローズ・アダージョ、
『ドン・キホーテ』よりグラン・パ・ド・ドゥほか


レニングラード国立バレエ 華麗なるクラシックハイライト
8月16日 さいたま市文化センター大ホール
9月2日、3日 ゆうぽうとホール

オクサーナ・シェスタコワ/オルガ・ステパノワ/イリーナ・コシェレワ/タチアナ・ミリツェワ/ミハイル・シヴァコフ/アルチョム・プハチョフ/アントン・プローム/アンドレイ・マスロボエフ/レニングラード国立バレエ

予定プログラム
レ・シルフィード/パキータ 他


いずれの公演もチケットの一般発売は3月28日です。
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マールイ劇場 3月の公演スケジュール
2008/02/28(Thu)
今までになく、マールイ劇場のキャストの発表が遅いです。
もうあさってには3月だというのに、どうしたのかなー。

3月01日 白鳥の湖
  05日 くるみ割り人形   タチアナ・ミリツェワ、 アンドレイ・マスロボエフ
  08日 ジゼル
  09日 ラ・シルフィード
  12日 海賊
  14日 白鳥の湖
  15日 バヤデルカ      デニス・マトヴィエンコ
  16日 チッポリーノ    
  20日 ライモンダ
  22日 くるみ割り人形
  23日 ドン・キホーテ    デニス・マトヴィエンコ

と、デニスの予定となぜか5日のくるみだけ発表されています。
23日を最後に3月はバレエの公演がないようですが、またトルコとか近場にツアーにでも行くのかしら?
それとも公演以外の講習会やら何やら予定されているのかな?

ネタがないからというわけではなく、以前から気になっていたラ・シルフィードの写真。
これって誰と誰? シルフはシェスタコワのように見えるけど、分からないのはジェームズ!
ミャスニコフの若い頃の顔にもむりやり見えない事はないけれど・・・、ツァルでもないかぁぁぁ・・・。(ツァルだったらかっこいーだろうな~)
で、まーさか、コリッパー君じゃないですよね?
ついでに、ちょっと怖いのがジェームズの左手・・・。 何を修正したのかし忘れたのか・・・?
この記事のURL | マールイ劇場プレイビル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Dance Magazine / DDD / Danila Korsuntsev
2008/02/27(Wed)
ダンマガダンスマガジン4月号を買いました。 表紙は眠りの森の美女のピンクのチュチュのシェスタコワ。
今月号は このようなラインナップとなっています。

ダンマガの4月号だけは毎年買うんだよね。 マールイの特集号ですから・・・。
その記事や写真を見ながら、あの時のあのシーンだわ!と嬉しく思ってみたり、この角度だとこう見えるのかと感心してみたり、あーー、もう帰っちゃたんだと淋しくなったりといつも複雑な心境でございます。
マールイの特集記事は草刈さんのインタビューまで入れてちょうど10ページ。 コルプの写真がいっぱいです(笑)  改めて彼の衣装のあれこれを確認できて、それも貴重な感じ(笑)
まぁ、最後の白鳥全幕ですから仕方ないですけど、草刈さん以外にバレエ団の誰か一人くらいインタビューしてくれても良かったのに。 草刈さんも2ページ分しゃべってシヴァコフについて一言も無しってずいぶんじゃん!!

後半の方のPerforming Arts Newsの中に、12月29日に京都会館第2ホールで行われた京都バレエシアター「日本とウクライナの若きアーティスト達プレ2008バレエガラコンサート」というえらい長いタイトルの公演記事がありましたが、寺田宜弘さんの繋がりでエレーナ・フィリピエワ、セルゲイ・シドルスキーなど4人のキエフバレエのダンサーが出演したそうです。
たしかキエフは25日くらいまで公演があったと思うので、長いツアーの後にもかかわらず参加してくれたフィリピエワたちには本当に頭が下がる思いです。

DDDの4月号も今日発売でしたね。 こちらはちょっと立ち読みしただけですが、ルジマトフのインタビューが載っていました。 それほど目新しい内容ではなかったですが、劇場のダンサーについて、「バレリーナは充実している。 シェスタコワ、ペレン、ステパノワ、コシェレワなど」 「男性の若手、コリパエフ、ヤフニューク、プロームはもっと伸びると思う」というような発言がありました。 前者に関しては気になる点が一点、後者に関しては、コリパエフの名前が挙がっている事にちょいびっくり! 監督の目に留まった彼はいったいどう映っているのだろう・・・(笑)
DDDには関係ないけれど、さっき3月のキャストが出たかなーと思ってマールイのプレイビルを見に行ったら、29日の「ライモンダ」がペレンからマトヴィ妻に変わってました。 昨日まではペレンだったんだけど、どーしたんだろ? 合わせる時間が足りなかった??
そういえば23日の「白鳥の湖」もシェスタコワからマトヴィ妻に・・・。 もう消えちゃったけどステパノワとシャドの白鳥の写真の余白に23日の白鳥はアナスタシア&デニス・マトヴィエンコと出てたのよね・・・。 あそこのキャスト、どのくらい確かなんだろうか?

さて!! ダンマガの公演広告にダニーラ・コルスンツェフの名前を見つけてび~~~っくり!
5月18日(日)18:00より愛知県芸術劇場大ホールで行われる、松本道子バレエ団の「白鳥の湖」になんと、コルスンツェフがゲスト出演するようです。
う、うれしい 
こちらのバレエ団に関しては全く知識がございませんが・・・、行くっきゃないよな、日本なんだから! 
まだHPにはお知らせは出ていない模様・・・。
この記事のURL | バレエ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
エルミタージュバレエ米国南部ツアー無事終了 by マラト♪
2008/02/26(Tue)
マールイのマラトから、こうすけさん宛てにアメリカ南部ツアーが無事終了したというメッセージが入りましたのでご紹介。(こうすけさん、いつもありがとうございます!)
2月22日に15日間の超過密スケジュールを終え、翌23日、帰国便を待つアトランタ空港からわざわざ送ってくれたメールのようです。 ありがとー♪

マラトとペレンは、このツアーでは「ディアナとアクティオン」と「エスメラルダ」(ツアー演目として発表されていた中にはありませんでしたが)を踊ったそうです。 エルミタージュ・バレエ団としての今回のツアーも大成功だったようで、疲れている様子など微塵もなかったです。 若いって凄いよな・・・。
彼らが参加したツアーに関心を持ってくれていた日本のファンによろしく!との事でした。

結局公演のレビューを捜す事はできなかったのですが、公演の写真らしきものを少し見つけました。

ペレンとマラトの「ディアナとアクティオン」
コチュビラ(やっぱり参加してたのねー。 マールイのHPのジゼルにキャストされていたままだけど・・・)とセルゲイ・ポポフ(マリインスキー)の「黒鳥のGPDD」
アリョーナ・コロチコワの「瀕死の白鳥」
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
DVD新作リリース情報
2008/02/25(Mon)
DVDでーた3月号が出たので、新しいリリース情報など。(先月と重複しているものあり)

3月07日「ボーン・アルティメイタム」 マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ
      「ブレイブ ワン」 ジョディー・フォスター、テレンス・ハワード
      「インベージョン」 ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ
  14日「エンドゲーム 大統領最後の日」 キューバ・グッティングJr、アンジー・ハーモン
      「自虐の詩」 中谷美紀、阿部寛
  19日「バイオハザードIII」 ミラ・ジョボビッチ、オデッド・フェール
      「ソウ4」 トビン・ベル、リリク・ベント
      「TOKKO 特攻」 江名武彦、浜園重義、ユージン・ブリック
4月04日「ヘアスプレー」 ジョン・トラボルタ、ニッキー・ブロンスキー
      「マイティ・ハート 愛と絆」 アンジェリーナ・ジョリー、ダン・ファターマン
  11日「ベオウルフ 呪われし勇者」 レイ・ウィンストン、アンジェリーナ・ジョリー
      「勇者たちの戦場」 サミュエル・L・ジャクソン、ジェシカ・ビール
  23日「ボビーZ] ポール・ウォーカー
  25日「ディスタービア」 シャイア・ラブーフ、サラ・ローマー
5月02日「AVP2 エイリアンVSプレデター」 レイコ・エイルスワース、ジョン・オーティス
  15日「グッド・シェパード」 マット・ディモン、アンジェリーナ・ジョリー

「マイティ・ハート 愛と絆」 アンジェリーナ・ジョリーの作品がこの後立て続けに・・・。 テロリストにさらわれた米国人記者の妻の手記を基に作られた映画だけれど、もとはといえば、この映画の企画はジェニファー・アニストンが深くかかわってきたもので、ブラピとの離婚がなければジェニファーが主役を演じるはずだったんですよね・・・。 ジェン好きの私としてはちょっと残念。    
「ベオウルフ 呪われし勇者」 「指輪物語」にも多大な影響を与えたとされる英国最古の英雄叙事詩をロバート・ゼメキス監督が映画化したもの。 CGと実写を融合させた映像でアクションシーンは迫力満点の仕上がりだそう。 
「グッド・シェパード」 ロバード・デ・ニーロが「ブロンクス物語 愛につつまれた街」以来13年ぶりに監督を務めた社会派サスペンス。 マット・デイモンとアンジェリーナ・ジョリーという組み合わせがなんとなくピンと来ない感じはあるけれど、CIA誕生に絡むドラマの内容はかなり興味大。
「エンドゲーム 大統領最後の日」 大統領を目の前で暗殺者に狙撃されたシークレット・サービスの主人公が、事件の陰謀を暴こうとするアクション映画。 
「TOKKO 特攻」 叔父が特攻隊員として訓練を受けていたと知った日系2世の米国人リサ・モリモト監督が、海外では狂信的な行動の象徴とされるカミカゼの真実に迫るドキュメンタリー。 元特攻隊員や特攻隊の攻撃を受けて自艦を失った米国海軍の生還者らにインタビュー。
この記事のURL | 映画雑記 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
マラーホフの贈り物2008(Bプロ) 2月22日の感想
2008/02/24(Sun)
<第1部>
「牧神の午後」
振付:ジェローム・ロビンス 音楽:クロード・ドビュッシー
ウラジーミル・マラーホフ  ポリーナ・セミオノワ

ポリーナが匂やかで美しいわ~。 彼女を東京バレエ団の「眠りの森の美女」で見て以来、毎年見ているわけですが、本当に綺麗な女性になりましたねー。 
鏡(=客席側)に映る自分の姿の中に美を見つけようとしている彼女の表情がとっても大人っぽく色っぽくて美しい。
ごく自然に作り出されたマラーホフのナルシスティックな表情と踊りもとてもセクシーだった。
鏡越しに相手をみとめていた二人の視線が実際に重なった瞬間にわずかにみせる戸惑いのような表情が特に印象的だった。


「グラン・パ・クラシック」
振付:ヴィクトール・グゾフスキー 音楽:ダニエル・オーベール
ヤーナ・サレンコ  ズデネク・コンヴァリーナ

盛り下がりに一役も二役もかってそうな音楽のせいもあるけど、ちょっとなー、つまらないよなーと思う上演でした。
サレンコはこの演目を踊れるだけの技術は十分持っていると思うけれど、まだ踊りこみが足りなくていっぱいいっぱいの状態じゃないのかな? もともと押し出しの弱いダンサーのようだけれど、この作品を踊るに相応しい風格がないと辛いなぁ・・。 


「ハムレット」
振付:ボリス・エイフマン 音楽:ルードヴィヒ・ベートーヴェン
マリーヤ・アレクサンドロワ  セルゲイ・フィーリン

原題は「ロシアン・ハムレット」。 ロマノフ王朝のエカテリーナ2世とその息子のパーヴェル1世の皇位継承を巡る愛憎劇。
マーシャの舞台を支配する存在感と何者も寄せ付けないくらいの気高さに圧倒される。 女優バレリーナという言い方をされるダンサーは好きではない場合が多いのだけれど、マーシャのように演技力を売り物にするのではなくあくまでも踊り手の表現力としてその作品に相応しい演技ができるダンサーには感服してしまう。 
対するフィーリンもマーシャに引けを取らない役者振りを披露してくれてドラマを感じられたけれど、いかんせん短すぎ・・・。


「白鳥の湖」より"黒鳥のパ・ド・ドゥ"
振付:マリウス・プティパ 音楽:ピョートル・チャイコフスキー
イリーナ・ドヴォロヴェンコ  マクシム・ベロツェルコフスキー

何と申しましょうか、Aプロのマーシャの黒鳥が凄すぎて、ちょっと分が悪かったみたいです。
ドヴォロヴェンコの上半身のクセはやはり気になるし、腕の動きもちょっとぞんざいな気がしたなー。 ABT流なのだろうか??
マキシムは相変わらず端正な踊り。 マネージュの前の足が高くて綺麗だった。 でもちょっと地味かもです・・・。
大丈夫かなぁ、この二人の白鳥買っちゃったんだよな・・・。


<第2部>
「バレエ・インペリアル」
振付:ジョージ・バランシン 音楽:ピョートル・チャイコフスキー
ポリーナ・セミオノワ  ウラジーミル・マラーホフ 
田中結子 中島周、横内国弘 ほか東京バレエ団

東バの「バレエ・インペリアル」は10月の上野&高岸ペアに続き2度目ですが、6列目センターというかなり前の席で見た10月と比べて、今日の2階センターの方が、全体の動きがよくわかって良かったです。 
ポリーナちゃん、日本人のコール・ドの中に入ると大きさが目立つなー。 でもって今回ほっそりしてしまった印象のあるマラーホフとのバランスが良くない(苦笑) 不思議なくらい東バのダンサーの中に溶け込みながら、ポリーナ一人を目立たせる事がなかったフォーゲルって凄く貴重な人なのねー。
マラーホフは一人物思いにふけりながら彷徨っているうちに煌びやかな別世界に迷い込んでしまったというような感じに見えました。 そこで眩いばかりに美しい一人の女性に魅せられて・・・、なんだか白鳥の湖の湖畔の出会いのような感じでもあったな・・・。
踊りのほうは一通り普通に踊っていたとは思うけれど、抑えながらというのが伝わってきてしまい、大丈夫かな?という心配モードでの鑑賞でした。 
東バのダンサーに関しては、男性コール・ドが10月の小さい子組でなくてまずホットした。 が、踊りは悪くないけれど田中さんに華がなさすぎなのが残念だった。 何なんだろなー? 目力が足りない??


<第3部>
「シンデレラ」
振付:ロスチスラフ・ザハーロフ 音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
マリーヤ・アレクサンドロワ  セルゲイ・フィーリン

エカテリーナとはうって変わり、長い髪を後ろで一本の三つ編みにしているマーシャがなんとも可愛らしい。
フィーリンは胸をはだけた白いブラウスに白いタイツで、そのままロミオも演じられそうな感じ!
いや、ほんとに音楽もプロコフィエフだしね(笑) まるで初恋のような初々しい恋心を演じた二人がとても素敵だったので、是非全幕を見てみたいです。


「アポロ」
振付:ジョージ・バランシン 音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー
イリーナ・ドヴォロヴェンコ  マクシム・ベロツェルコフスキー

この二人、いつもマーシャとフィーリンの後なんだよな・・・。
やはりプロポーション的に見劣り感があるのは否めないんですよね、どうしても。
もう少し身体的に恵まれたダンサーに思う存分体で歌って欲しいような・・・。
二人のパートナーシップは流石なのですが、それぞれアポロとテレプシコールに見えなかったなぁ。


「ドン・キホーテ」
振付:マリウス・プティパ 音楽:レオン・ミンクス
ヤーナ・サレンコ  ズデネク・コンヴァリーナ

コンヴァリーナは私が見たパフォーマンスの中ではこの日のドン・キが一番良かったと思う。 回転は得意なようでAプロの初日から安定していたけれど、今ひとつと思っていた跳躍も今日は最後のマネージュがスピードもあって良かったし、サポートはとても安心してみていられる。
サレンコに関しては、このガラで踊った演目が実は現時点では彼女向きではないんだろうなと。 踊りは丁寧で好感が持てるし、確かに脚は強い方だと思うしテクニックもあるけれど、シャープで切れ味の良いダンサーというタイプではないと思うので、今後、マラーホフが彼女をどういう方向に持っていくか次第のような気がする。 キエフ時代から考えれば舞台数はそれなりにこなしているとは思うけれど、もっと見せるという意識をもってステージにたたないとダメだと思う。


「ラ・ヴィータ・ヌォーヴァ」
振付:ロナルド・ザコヴィッチ 音楽:クラウス・ノミ、ロン・ジョンソン
ウラジーミル・マラーホフ

モダン作品を初めて観る場合、どのような作品でどのように展開していくのかとか、その作品自体を自分が気に入るかとか少し構えた見方をしてしまうので、2度目の今日の方がじっくり落ち着いてみる事ができたように思う。
マラーホフの一つ一つの動きが音楽と一体となっていて、その表情とともにとても素晴らしかった。 ただ、黒いシースルーの上下から抜け出て新しいものとなった後もまだ苦悩が続いていたような気がしたけれど・・・。
本音を言えば本来Bプロで予定されていた「アリア」が見られなかったのは残念だった。 マラーホフが踊るあの作品、とても好きなので、是非次回はお願いしますね♪

この記事のURL | バレエ鑑賞記 2008年 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
マラーホフ最終日、可愛いサプライズ!/ノイマイヤーのアフタートーク
2008/02/23(Sat)
今日も素敵な贈り物をもらって帰ってきました。
出演者がそれぞれ素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた後に、和やかなカーテンコールが待っていて、マラーホフのあの優しい笑顔に本当に幸せな気持ちになります。
ガラ公演もいろいろあるけど、帰り道に自然に顔がほころんでしまうのはこの公演くらいかもしれないな。 (あと、マールイね!)

カーテンコールでマーシャがなぜか下手の袖を気にしているので、何だろう? 誰がいるんだろう?と気になって・・・、次はおいでおいでと手招きするし・・・、なんとなく目線が下向きに見えたので(今日は2階席)、まさか動物?!と思ってしまった私(アホ!)。
何度か目に幕が上がると、なんとフィーリンが小さな男の子を抱っこしていました! か~~わいい! ツアー中、ずっとお子さん連れだったのかしら? それともBプロの東京に合わせてやって来たの? もう一度降りた幕がまた上がると今度はマーシャに抱っこされ、みんなと一緒にバイバーイと手を振ってました。
今日は最終日だったので最後に紙テープが落ちてきたのだけど、マーシャったら、一人でテープを巻きつけて遊んでました。
あたくしにとってはマーシャ&フィーリンLove! なAプロ&Bプロでございました。
感想は明日以降~。

ところで、今日のキャスト表の裏側にこんなお知らせが。
「時節の色」終演後に、振付家ジョン・ノイマイヤーのアフター・トーク決定!
だそうですが、3月22日の公演を観た人のみ、三浦雅士氏とノイマイヤー氏の対談に参加できるとの事。 ありがたい企画だとは思いますが、23日だけにしか行けなくて対談を聞きたい方もいるでしょうにね・・・。
この記事のURL | バレエ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
アメリカン ギャングスター
2008/02/21(Thu)
「アメリカン ギャングスター」
原題 : American Gangstar (2007年 米 157分)
監督 : リドリー・スコット
出演 : デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キウェテル・イジョフォー、キューバ・グッディングJr.
鑑賞日 : 2月15日 (新宿プラザ)
ギャング1

1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが、目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。一方、汚職がはびこる警察組織の中で正義を貫こうとする刑事リッチー・ロバーツは新設された麻薬捜査チームのリーダーに任命され、ドラッグ市場を牛耳る謎の人物に迫って行くのだった。(goo映画)

1970年代の米国が舞台とは言え、麻薬ビジネス、汚職警官、軍の腐敗など現在も尚蔓延っているような問題を、存命している実在の人物をモデルに描くというのもかなり度胸のいる試みかと・・・。
ギャング


黒人ギャングのカリスマ的存在だったバンピーに長年仕えてきたフランクは、バンピーの死後、彼を追い詰めた、仲介マージンを省き質の良い外国製品を扱う大型店舗の新しい商売をヒントに、自分の進んでいくべき道を麻薬ビジネスの中に見出す。 
家族に向ける優しい眼差しと深い愛情、ビジネスマンとしての嗅覚の良さと紳士的な振る舞い。 スーツ姿もびしっと決まっているデンゼルがあの調子で演じると、どうしても憎むべき罪人として見られず、自分の信念を貫くためには人も殺すし暴力的で威圧的な態度にも出るフランクに違和感すら覚えてしまう。
知略に優れているだけでなく、危険を顧みずタイ奥地に自ら大麻を買い付けにいくという大胆さも兼ね備えている彼は魅力たっぷりに描かれているけれど、決して許されてはならない人物。
大物と知れ渡り、マフィアや警察側からマークされないように目立つ行動を極力避けていたフランクが、リッチーの知る存在となってしまったのも妻エヴァへの思いやりゆえに油断をしたというのがなんとも皮肉・・・。

一方リッチーはプライベートでは離婚した妻と子供の親権を巡る裁判の只中にあり、女性関係にはかなりだらしがなさそうで、 カジュアルもフォーマルもさり気なく着こなしているフランクとは対照的に、ぼさぼさ頭でなりふりなどかまわないメタポな刑事。 まさしく麻薬にも賄賂にも手を出していそうなみてくれなのだけれど、捜査中に見つけた100万ドルという大金を横領することなくそっくりそのまま署へ持ち帰るという、悪事に手を染める事だけは絶対にしないという正義感の塊のような男。

全く違う人生を歩んでいるこの2人の生き様が交互に挿入される演出が、始めのうちは煩わしく効果的だとは感じなかったのだけれど、気がつくとフランクとリッチーのどちらにも魅せられ、どちらかに加担するという事も無く見られたような気がする。 それだけ2人の俳優が素晴らしかったのでしょうね。

デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウの文字どおりの共演シーンは終盤のたったの30分ほど。 その2人の出逢いのシーンとして用意された、教会の扉の前で立ちすくむフランクをリッチーが待ち受ける映像は、言葉では言い尽くせないほど圧倒的。 特に相手を意識していただけ、リッチーのフランクをみつめる何ともいえない表情が印象深い。 
バックに流れるアメイジング・グレイスもこの曲をおいて他にはないだろうと思うほど心に染み入った。

フランクとリッチーが対峙するシーンは、2本の支流が一つになり悠々と流れる大河のような静かな迫力と、お互いがどこか惹かれあうような和やかさが漂っていてともかく秀逸。

脇役も味のある役者ばかりで固められていたと思うけれど、大勢の家族の心のよりどころであるフランクの母親を演じたルビー・ディーが、地味ながらも芯の強い存在感のある老婦人を好演していたと思う。

そして、この映画、一番のサープライズはエンドクレジットの後に・・・(笑)。
やはり映画はエンドクレジットが終わって客席が明るくなるまでは席を立ってはいけないですね!
この記事のURL | 映画(あ行) | CM(7) | TB(7) | ▲ top
熊川さん、白鳥で復帰?
2008/02/20(Wed)
熊川さんがいよいよ舞台に復帰するようですね。 5月8日から始まるKバレエ「白鳥の湖」にキャストされています。 こちら
昨年の5月に右膝の前十字靭帯を損傷してちょうど一年で舞台復帰なのですね。 5~6月の公演数も怪我復帰後のダンサーにはちょっと多いような気がするけれど大丈夫なんだろうか?

実はわたくし、12月半ばに急に首が痛くなって、前後左右の全方向に動かす事ができなくなってしまった事があり、つい最近まで整骨院に通って首の骨の矯正をしていたのです。 治療に関していろいろ話をする際に、バレエを頻繁に見に行く時期(マールイ三昧)なので長時間じっと椅子に据わっている事が多いというような事を担当医に告げたら、間髪入れずに「熊川哲也ですか?」と言われました(苦笑)。
バレエを観たことはなくても熊川さんの名前は知っている・・・という例に漏れず・・・。
職業柄、スポーツ選手などの怪我のニュースには敏感なので、熊川さんが前十字靭帯を痛めた事は知っていて大変な怪我だなぁと気になっていたとの事。 やはり完治にはかなり時間を要するし、前十字靭帯は動作の停止にかかわるパーツだそうで、熊川さんのジャンプの着地を心配していました。
テニススクールも首の痛みとバレエ鑑賞で休みっぱなしだったのですが、私の不在が話題になった際にクラスメートの一人が事情を話してくれたら、いかにも「バレエなんて・・ケッ」という感じのコーチが速攻で「熊川ですか?」と聞いたそうです(笑)
日本におけるバレエ=熊川哲也という固着観念の凄さに驚くとともに、彼に代わる男性スターダンサーはいつ出てくるのだろうと思ったことでした。

で、肝心のKバレエの「白鳥の湖」ですが、熊川さんのお相手は荒井祐子さんと東野泰子さんで、プリンシパルの松岡さんは宮尾さんと踊る1公演のみなのですね。 彼女もまだ怪我あけできついのかな? 
この公演はオデットとオディールを一人のバレリーナが踊るようですが、どういう理由での変更なんだろう? バレリーナたちがそれぞれの役を踊りなれたから? と言う事は、4幕でオデットと白鳥たちを甚振るオディールという演出ではなくなるんですねー(笑)。 4幕後半は、オデット、王子、ロットバルト、オディールの4人が絡んでごっちゃごちゃでリリシズムに浸るという感じじゃなかったし、改訂されるのは良いかもです。
しかし、熊川さんの出演しない公演もS席が12000円から15000円に上がってしまったのは痛いわ! なんつーか、12000円なら、マールイの通常公演より安いけど、15000円ってルジ価格じゃん!という、ただの3000円の差ではない変な基準が私の中にあるもんで・・・。
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カリフォルニアワイン 「Big House Red 2004」
2008/02/19(Tue)



カリフォルニア Santa CruzにあるBIG HOUSE WINEというワイナリーの「BIG HOUSE RED 2004」というワインを飲みました。 伊勢丹で1,800円にて購入。

ワインスペクテイターで85ポイントを獲得したワインのようです。
聞くところによると、10品種の葡萄を使っているらしく、単一種のワインよりも複雑な味わいがあり、多くの料理にマッチするからという理由らしいです。

口に含んだ瞬間は甘さが広がったけれど、その後、酸味と渋味が追いかけてきたような感じ。
私は酸味が気になったけれど、同居人は渋味が強いと言っていたので、自分がセンシティブな感覚を持つ部分に反応したような感じ。
30分くらいすると、尖った感じも落ち着いて、若干スパイシーだけれどもフルーティーでとても飲みやすくなった。
このワインもエチケット買いだったけれど、意外にコストパフォーマンスの高いワイン。
チーズを切らしていたので、ポテコのうま塩味がつまみでした。

エチケット同様、このワイナリーのHPはとってもユニークですが、慣れないとちと文字が読みにくいな・・・。
エチケットのBIG HOUSEは刑務所らしい。
この記事のURL | ワイン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
エルミタージュバレエ団のアメリカ南部ツアー
2008/02/18(Mon)
サンクト・ペテルブルグのエルミタージュ・バレエ劇場が2月8日から22日までの予定でアメリカ南部ツアーを行っていますが、そのツアーにイリーナ・ペレンマラト・シェミウノフが参加しています。
日程はこんな感じ。

2月8日(金) Savannah Civic Center (サババンナ、ジョージア州)
  9日(土)  Municipal Auditorium (アルバニー、ジョージア州)
 10日(日)  Florida Theater (ジャックソンビル、フロリダ州)
 11日(月)  Mobile Civic Center (モービル、アラバマ州)
 12日(火)  Atlanta Civic Center (アトランタ、ジョージア州)
 13日(水)  Macon City Auditorium (メーコン、ジョージア州)
 14日(木)  Davis Theater (モンゴメリー、アラバマ州)
 15日(金)  Alabama Theater (バーミンガム、アラバマ州)
 16日(土)  Spartanbutg Memorial Auditorium (スパータンバーグ、サウスキャロライナ州)
 17日(日)  North Charleston Performing Arts Center (サウスキャロライナ州)
 18日(月)  Ovens Auditorium (シャーロッテ、ノースキャロライナ州)
 19日(火)  Township Auditorium (コロンビア、サウスキャロライナ州)
 20日(水)  Classic Center Theater (アセンズ、ジョージア州)
 21日(木)  Atlanta Civic Center (アトランタ、ジョージア州)
 22日(金)  William B. Bell Auditorium (オーガスタ、ジョージア州)

マールイの日本ツアーよりハードな感じで休日なしってのはどーなんでしょうねぇぇぇ。
メンバー間でローテーションを組んで休みの日を作っているってことなのかな?
ノースキャロライナ、サウスキャロライナ、フロリダ、ジョージア、アラバマの5州で隣り合っているとはいえ、だだっ広いアメリカですからねー。 移動も並大抵の距離じゃないですね。

参加メンバーとして他に名前があがっているのは、イルマ・ニオラーゼ、タチアナ・トカチェンコ、アナスタシア・コレゴワ、アリョーナ・コロチコワ、イルミラ・バガーディノーバ?、ドミトリー・ドミトリエフ、セルゲイ・ポボフ、オレグ・ハルツキンですが、ニオラーゼが本当に参加しているのだろうか? 期間中マリインスキーで「ライモンダ」と「フォーキン・プロ」にキャストされているんですよね。以前マールイに在籍していたコロチコワは今、エルミタージュバレエ団の専属ソリストとなっているようですね。

ガラコンサートの演目は「白鳥の湖」「眠りの森の美女」「くるみ割り人形」「ジゼル」「ドン・キホーテ」「海賊」「瀕死の白鳥」などとなっています。 こちらの記事。

1月13日のアルバニーヘラルドに通訳を通して電話でペレンにインタビューした記事が載っています。 こちら。 ほんまかいな?と思う発言もなきにしもあらずですが(笑)、ペレンはあこがれのバレリーナとしてマイヤ・プリセツカヤの名前を挙げています。 バレエの美神で同じ舞台にたち、彼女の踊りを目の前で見る事ができた事はとても思い出深く素晴らしい経験だったのでしょうね。 アメリカ南部料理をトライする事も楽しみのようですが、ジャンバラヤとかガンボスープかしら? 他にもいろいろ独特なものがありますよね。

すでにツアーの折り返し地点は過ぎているこの時期ならレビューと一緒に紹介できるかなと思い、今日までレビューを探していたのですが、調べ方が悪いのか気合が足りないのか見つからず・・・。 舞台後にレセプションなどもいくつか予定されているみたいなので、疲れがどっとたまらないといいのだけれど・・・。 無事にツアーを終え、ピーテルに戻ってくださいねー♪
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マールイ「白鳥の湖」 1月18日の感想
2008/02/15(Fri)
練馬文化センター : 1階N列20番


初めて見たステパノワの「白鳥の湖」、すでに一ヶ月近くが経ってしまいましたが、とても素敵だったし、メモはとってあったので、書けるだけの感想を書いてみました。

練馬文化のセンターN列で見ましたが、ステージは若干狭い気がしますが(それでも湖畔の白鳥コール・ドは24人体制がとれたので、18人しか乗れなかった平塚よりはだいぶ広いと)、前の列との段差がけっこうあったのでとても見やすいホールでした。
緞帳は10羽くらいの丹頂鶴が飛んでいる柄、これが白鳥ならナイスなのに!などと思いながら(笑)パブージンの前奏曲を聴いておりました。 バヤの演奏を思い出しながら彼も去年と比べると落ち着いてとても良くなったなぁと。 そしてアニちゃんのバレエ舞台を愛する指揮を学び取っているようで、それが何より嬉しいです。

<1幕1場>
コール・ドが大分入れ替わった今ツアーの「白鳥の湖」も今日で観るのが3回目。 来日初日の12月21日の舞台と比べるとずい分揃ってきたように思う。 隣の人の振りを横目でチェックしながら踊っているダンサーも少なくなった。
マールイにタッチキンから移籍してきたヤパーロワは本当に大活躍。 ダンスはいつも安定しているし、コール・ドで踊っている時も常ににこやかな表情で踊っていて、今日はお疲れ?と思わせたことが一度もない。 あんなに毎日舞台に出ていて疲れないわけがないのに、彼女の舞台に臨む姿には本当に感心しきりです。 マールイに来てくれてありがとう!
来年はチッポリーノでエフセーエワとともに彼女の主役の舞台を見てみたい!

王子シャドルーヒンの登場! 彼のジークフリートを見るのも初めてですが、やはり鬘をつけていました。 プハチョフのものよりナチュラルな気がしたけど、やはりこの方が若々しく見えますね。 鬘着用がバレエ団の強制ならば、本人の髪の色にあったもうちょっと質の良いものを用意してあげて欲しいです。

今シーズンからパ・ド・トロワの3人は踊りを披露する前にも王妃さまの登場に合わせて姿を見せるようになった(今までは出て来なかったよね?)けれど、一度袖に下がる時、プロームが気を抜くのが早すぎた。 客席から見えるところではしっかり役のままでいるようにね。
王子の成人式のお祝いに集まっている若者たちは王妃様がちょっと疎ましい様子で居心地が悪そう(笑)。

ロマチェンコワ、エフセーエワ、プロームというトロワは初見。 
ロマチェンコワはポワントの音もほとんどさせないし、回転の軸が全くぶれずにとても美しい。
エフセーエワ・・・、なんとなく見た目に違和感を感じるのは金髪で真っ白な肌に黒いラインで眉を描くからなのかな??? カツカツと響くポワントの音以外、踊りは申し分無いけれど、ロマチェンコワへのアイコンタクトが少なくて、なんとなく一人で踊っているという印象を受けた。 家庭教師と3人で踊った後に、2人で回転しながら下手に移動していくときは、2人の回転の速度がかなり違い、バラバラに見えて美しくなかった。 13日のペレン&ステパノワのあまりにもぴったり揃った踊りを見た後だっただけに余計に気になったのかもしれない。
プロームはザンレールの回転も綺麗で5番でぴたっと着地。 ヴァリの最後だけよろけたのが残念。 ジャンプの滞空時間がもう少し長くなってポーズをキープできればもっと綺麗に見えると思う。 

<1幕2場>
ロットバルトはツァル。 マラトを見慣れた目には長身のツァルでさえ小柄な悪魔に見えてしまうのは困ったもんだ・・・。 踊りはシャープでとてもいい!
ステパノワのオデット登場。 
腕も脚も細くて長くてアラベスクなどのポーズがどれも綺麗なのに加え、手首から指先の柔らかな動きが非常に美しかった。
グラン・アダージョはしっとりと切な気に踊り、優しさ溢れるシャドルーヒン王子との雰囲気もとてもいい。 ただ、後半はやや元気目な踊りで、跳躍などは小気味が良すぎたかもしれない。 ポワントの音も響き渡っていたし・・・。
シャドルーヒンはオデットの身の上話をとても親身に聞いているし、常にオデットを優しい眼差しで見つめている。 サポートも万全だし、理想のジークフリートかも。 リフトも全く危なげがなく、ステパノワがシャドルーヒンの頭上で180度に開いた脚を回転させる動きも大きくゆったりとしていて見応えがあった。
小さな白鳥は首の動き、方向、脚の動きと何から何まで揃っていて本当に素晴らしかった。
一方、大きな4羽は音に遅れたりと相変わらず揃わない・・・。
夜明けを待っていたロットバルトにオデットは王子から引き離される。 舞台の3分の2ほどの距離を小刻みなパ・ド・ブレで進み上手に消えていったオデット。

<2幕>
ナポリ、リコワとヤパーロワの笑顔がとっても可愛らしい。 ポドショーノフの笑顔も好きだ。
ハンガリーのオシポワは・・・、彼女独特な不思議ワールドがこの役ではちょっと気になる。 ヴェンシコフはハンサムだし脚も綺麗なのね。
スペイン、モストバヤの踊りがとても魅力的。 背中の反りもすっばらしぃ! カミロワはひたすらかわいいからいいのだけれど(お気に入り!)、踊りは音楽に遅れがち。 男性二人は、まだまだこれから・・・、経験積まないとね。 

黒鳥のPDD。
ステパノワは時々足運びに細かいミスがあったのは彼女らしくなく残念だったけれど、アラベスクやアチチュードがともかく美しく動きがシャープで気持ち良い。 オデットでは、やや踊りが小さい気もしたけれど、オディールは空間を大きく使ったダイナミックな踊り。 グラン・フェッテは一点から動くことなく、シングル・シングル・ダブルでダブルの時に片手を上に上げるパターン。 中盤減速してしまったけれど、後半の高速シングルでの盛り返し方が流石。
オディールのグラン・フェッテを上手奥で見守る王子は初めて見た。 一時もオディールから目が離せないという事なのかしら? 彼の踊りはとても柔らかく端正だったけれど、あとちょっと確実性が高まれば尚いいと思う。
オディールに騙されたとわかった後は一目散に王妃に駆け寄り抱きついて泣いていた・・。
意外だったけど、マールイの中で一番マザコン王子かも!

<3幕>
騙されて傷ついたジークフリート王子が湖畔に戻ってくる。 シャドルーヒンはここは走りこんでくるだけで、ジュテはしないのね。 シヴァの時はいつもここのジャンプの着地が恐い! 王子は自分の過ちをただオデットに詫びたいという悲痛な面持ち。 今でも心からオデットを愛しく思っているのが優しい物腰と真剣な表情から伝わってくる。 そんな王子に寄り添い傷ついたお互いを労りあうようにステパノワもしっとりと情感豊かに踊っていて見事だった。 2人の間の感応が感じられました。
再びオデットと王子を引き裂きにかかるロットバルト。 ツァルのザンレールが速くてとても綺麗だった。 ここでのステパノワの振りは他のオデットたちと違っていて、マリインスキーのようにアラベスクで後退していく振付に変わっていた。 上手後ろにいるロットバルトに引き寄せられるという感じが良く出ていたし、また彼女にあっていたと思う。
執拗に2人を追い回すロットバルトに引き裂かれまいとしてオデットと王子は湖に沈む。 
踊り手の間に愛が感じられると、このラストも自分の心に余韻を残してくれる自然な成り行きに感じられる。


見る前はステパノワの白鳥もシャドルーヒンの王子も初めてだし、この2人ってどうよ?という思いがあったのですが、とって~~~も良かったです。
ステパノワの白鳥は今度は是非プハチョフパートナーで見てみたいし、シャドルーヒンはどのオデットと踊ってもバレリーナを引き立て、オデットを優しく包みこむジークフリートを見せてくれるだろうと思いました。


オデット/オディール : オリガ・ステパノワ
ジークフリート : ドミトリー・シャドルーヒン
ロッとバルト : ウラジーミル・ツァル
王妃 : ズヴェズダナ・マルチナ
家庭教師 : パーヴエル・ノヴォショーロフ 
パ・ド・トロワ : アナスタシア・ロマチェンコワ、エレーナ・エフセーエワ、アントン・プローム
スペイン : エレーナ・モストヴァーヤ、ユリア・カミロワ、アントン・チェスノコフ、ニキータ・クリギン
ハンガリー : ナタリア・オシポワ、ミハイル・ヴェンシコフ
大きい白鳥 : タチアナ・ミリツェワ、エルビラ・ハビブリナ、ユリア・カミロワ、ディアナ・マディシェワ
小さい白鳥 : マリーナ・ニコラエワ、エレーナ・ニキフォロワ、アレクサンドラ・ラトゥースカヤ、サビーナ・ヤパーロワ
2羽の白鳥 : タチアナ・ミリツェワ、エレーナ・コチュビラ
この記事のURL | バレエ鑑賞記 2008年 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ABT&ボリショイ チケット届く! /  グラスフラワー
2008/02/14(Thu)
昨日と今日ウェブと電話で予約したABTとボリショイのチケットが届きました。
はっや~~~い!
今回ABTとボリショイ同日発売という事で、まず発売日の10時にネットが繋がるんだろうかとかなり不安でしたが、意外なほどすんなり繋がりました。 平日だし席も選べないから、無理だったり敬遠した人が多かったのかしら? そういや、昨年の合同ガラも問題なく繋がったっけ!
わずかな時間で良席はなくなるだろうからどっちから攻めるべきか!(笑)、とりあえずマーシャのボリショイを優先させてチケットを取りましたが、ボリショイは好みの席がとれました。 ABTもボリショイほどではないけれど満足度の高い席。 あとは自分の前にマラトみたいに座高の高い人が来ない事を願うのみ!(笑)

私がウェブで取ったのは、マーシャ&フィーリンの「ドン・キ」と「明るい小川」、迷った挙句のザハロワの「白鳥」、ニーナの「海賊」、ドヴォロベンコの「白鳥」です。
これだけにするはずだったんですけどね・・・、翌日のマラーホフ公演でのマーシャの黒鳥見ちゃったら、此れを見ずしては・・・という事で、10日に電話でマーシャ&フィーリンの「白鳥」も取ってしまいました。 ま、全幕であれほどのノリで来るかはわかりませんが。 でも、オディールにも2年前とは全然違う匂やかな色香を感じたので、オデットはどうなんだろう? 多分男前だけのオデットではないだろう。 やっぱり見てみたい!という欲望に負けたのであります。
ウェブだと、列的には良かったのだけど端っこの方しか出てこなかったので、電話にしてみました。 突っ込んで聞いたわけではないけれど、あの時点ではWEB用と電話用に席を割り振っているようでした。 つーことで、ボリショイはマーシャ&フィーリン祭りになっているので、お2人とも怪我&病気なく、無事に来日して踊ってね~!


さてさて、実は昨年の8月から休職中(失業中とも言う)だった同居人の再就職がようやく決まりました。 暇をしている間、小遣い稼ぎになるようにアフリエイトでも研究してよ!と私に言われた彼が、ではブログに慣れるためにという口実で全く関係ない趣味のブログを始めたのですが、それを就職祝いに(笑)リンクリストに加えてみました! こちら
ジャンルを問わずに本&マンガが好きだという方、興味があれば覘いてみて下さい。 新撰組が好きな方は迷わずどーぞ! そして、半年以上一人で家計を支えた健気なアタクシ(笑)は、自分へのご褒美にグラスブーケを買いました。 
Image064.jpg

500円でグラス入りでなかなかゴージャスで気に入りました! もっと豪華なブーケは奴の初任給で買わせてやる!! ふわっはっは
小さくても花があると部屋が明るくなった感じがあるし、ちょこちょこと花を見るたびになんとなく幸せな気持ちになります。 
この記事のURL | バレエ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
DANCE CUBE
2008/02/13(Wed)
DANCE CUBEが更新されています。

英国ダンスロイヤルシートで紹介されている”大人の観客が楽しむ「ベアトリクス・ポターの世界」”に興味をひかれました。 
うさぎ好きである私にとって「ピーター・ラビット」はやはり特別なキャラクターなのですが、特にピーターだけが主役ではないこの作品も、生の舞台を一度は見てみたい作品なのです。 でも、この着ぐるみのピーターはうさぎというよりろばみたいな顔だな・・・。りすの方が可愛いなぁ。 ふくろうはとってもリアルでかーわいいけど、お、踊れないっすよね、この足じゃ! 
で、やはり、着ぐるみ状態で踊るために怪我をするダンサーが多いんですね・・・。 重いだろうし、バランス悪いし、何より視界が狭いですものね。
10年前にはキツネ役をアダム・クーパーが踊っていたなんて! アダムは今どんなプロジェクトに関っているのやら。 また日本に来て踊ってくださいねー! 
日本だとこういう作品は子供向けとなるところを、イギリスでは大人が楽しむ作品であると説明されているその背景も興味深い。

パリは燃えているか?では1月にガルニエ宮で行われたボリショイのツアーが取り上げられています。 マトヴィエンコの、甘いマスクと極めて線の細い身体が仇になっているのだろうか?というコンラッド評にふ~~む。

アプローズ・ダンス! EASTは以下の通り盛りだくさんの内容ですが、期待していたマールイの記事もちゃんとありました!
コルプが出演した「バヤデルカ」「白鳥の湖」「ドン・キホーテ」の3公演が写真とともに紹介されています。 コルプとシェスタコワの後ろの白鳥たちの微妙な乱れ具合が気になるな・・・。 

* 『くるみ割り人形』は花ざかり
* モスクワ音楽劇場バレエ団
* 新国立劇場ニューイヤー オペラパレス ガラ
* レニングラード国立バレエ団
* 東京シティ・バレエ団『白鳥の湖』
* 首藤康之出演『空白に落ちた男』
* ニブロール『ロミオ OR ジュリエット』
* 芙二三枝子舞踊団
* 「日本昔ばなしのダンス」
* 英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団
この記事のURL | バレエ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ゲスト(こうすけさん)レポ マールイ「眠りの森の美女」1月30日大阪公演
2008/02/12(Tue)
こうすけさんよりマールイ「眠りの森の美女」大阪公演のレポートをいただきましたので皆さんにご紹介。
まぁ、よくこんなに細かいところまで・・・というこうすけさんならではの素晴らしいレポートですし、見られなかったのが本当に残念でならなかったコシェレワのオーロラ日本デビューの舞台の様子がわかって本当に嬉しいです。
とってもびっくりしたのが1幕でのリラの精のイタリアン・フェッテ。今までマールイのリラでは見た事がありませんが、ここもマリインスキー仕様に変わったのでしょうか?? 見たかったなー、ペレンのイタリアン・フェッテ!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こうすけは、1月30日、大阪にマールイの「眠りの森の美女」を見に行ってきましたので、簡単に私なりの報告をさせていただきます。

コシェレワとペレンへの花を買い込んで、東京駅で出発間際に乗った新幹線は、12時33分発の「のぞみ87号」。途中、買ってきたチューリップの花が車内で満開になってしまい、びっくりしたのですが、Mさんから、暗くなれば元に戻るとの情報をいただき、ホッとしました。

新大阪には3時過ぎに着き、少し寄り道をしたところで、偶然、「今いくよ・くるよ」と「間寛平」がロケをしているのを見かけ、そのあと「ねぎ焼き」を食べて、大阪気分を少し味わってから、フェスティバルホールに向かいました。私にとっては、2003年にマリインスキーの「くるみ」と昨年のステパノワの「海賊」を見たところです。

私は今シーズン、新春特別バレエの1回を含め4回目の「眠り」。「眠り」はペテルプルグでも見ることができた演目なので、少し思い入れがありました。ましてや、コシェレワさんが以前から踊りたいと言っていたオーロラ姫を、昨年の夏に、10月に現地で踊るとほのめかしてくれ、プロームさんからは、いち早くコシェレワさんがそれを大阪で踊る予定であることを知らせてくれた公演ですから、シーズンが終わるのはいやですが、この日が来るのはずっと楽しみにしていました。でも、今シーズン、コシェレワさんにはじめてお会いしたとき、足を痛めていると言っていたので、最悪、キャスト変更もあるかなと心配していたのですが、何とかこの日を迎えられてよかったです。

この日のキャストですが、キャスト変更の放送や館内の掲示はなかったですが、携帯で速報として送ったもののうち、宝石の精がエフセーエワからスホワに変更になっていました。キャストをあらためて見ると次のとおりになります。

オーロラ姫:コシェレワ、デジレ王子:プハチョフ
王: マラト、王妃: オシポワ、式典長: フィリーモノフ、従者: マラーホフ
優しさの精: ロマチェンコワ、元気の精: ハビブリナ、鷹揚の精: ミリツェワ、呑気の精: ヤパーロワ、勇気の精: ステパノワ
4人の王子: シヴァコフ、モロゾフ、ヴェンシコフ、コリパエフ
子供たち: 畑節子バレエフォーラム、畑節子ジュニアバレエ(東京公演とは違うところ)
ファランドール: ニキフォロワ、ニキータ・クリギン
フロリナ王女: コチュビラ、青い鳥:マスロボエフ
ダイヤモンド: ミリツェワ、金: スホワ、銀: ハビブリナ、サファイヤ: カミロワ
白い猫: ラトゥースカヤ、長靴をはいた猫: ヴィノグラードフ(どなたかわかりません)
赤頭巾ちゃん: ニキフォロワ、狼: マラーホフ
指揮: アニハーノフ



公演がはじまってまず感じたことは、フェスティバルホールの舞台が広いことです。見える床のマットを数えたら13枚ありました。踊りに使うのは11枚ですが、たくさんのダンサーが登場しても窮屈な感じがしませんでした。センターまでの距離が違うとしたら、登場のタイミングは少し早めにしなくてはなりませんね。

プロローグで印象に残ったのは、やはりペレンのリラの精です。額に下がった飾りがより美しさを増す一方で、カラボスごときは大したものではないと言わんばかりの、堂々として風格のある、そして余裕の感じられるリラの精でした。そして、ペレンが披露してくれたイタリアン・フェッテは、途中から拍手が上がるほど、ブラボーでした。ハビブリナをはじめ、他の妖精たちもいつものとおり素敵な踊りを見せてくれました。

舞台の位置取りがいつもと違うのでしょうか、カラボスが登場するとき、カラボスの車を引っ張る「醜い小姓」と、下手に移動しようとしていた式典長が接触してしまいました。その衝撃でカラボスが車から放り出されでもしたら、ストーリー上は面白かったけど、そこまでには至らずに二人の接触だけで済みました。

1幕で、紡錘の踊りは、フィルソワ、フィラトワ、スホワ、ノボショーロワの4人でした。紡錘を見つけたときの王(マラト)の怒りがこの日は人一倍強かったですね。眠りの最後だからより演技に力を込めたのでしょうか(マラトは、今シーズン、いろいろ創意工夫してわれわれを楽しませてくれましたね)。そして、いよいよコシェレワの登場、衣装はほのかなピンク色でした(私が買ってきた花の色と合っていてよかったと思いました)。
080130 コシェレワさんへの花


オーロラ姫というと、私にはエフセーエワの印象が強く、楽しくて楽しくて仕方がないと言わんばかりの、はじけそうなイメージがオーロラ姫にはあるのですが、コシェレワは、緊張しているのかわかりませんが、ほとんど無表情でした。どんな気持ちであるにせよ、もう少し気持ちを表情に表してほしいところでした。まあ、おとなしくて控えめなオーロラ姫ということにしましょう。花婿候補との踊り、アティチュードでひとりの男性と握った手を次の男性に替えていくところで、王子から手を離したときに、その手をちょっと高く挙げたりしますが、コシェレワは少し余裕がなかったのが残念です(ピタッと静止するところとかも見せてほしかったけど、普段からそういうのやらないダンサーですからね)。その曲のところは、主にシヴァコフのサボートでうまくまとめることができました。ブラボーです。そのあとのソロもコシェレワらしく丁寧に踊っていました。

ちなみに山吹色の衣装で、カミロワとヴィジェニナ(似ている別人かと思うほど化粧がすごい)がいましたが、ほかの二人は新しい方なのか、私にはわかりませんでした。また、水色の衣装で、リヒテル、ニキフォロワ(背が小さい方なのに)、ドミトリエンコ(マーシャと名乗っていた人なのでこの方だと思う)がいましたが、ほかの方はわからずでした。ヴァイオリン弾きは、ニコラエワ、ラトゥースカヤ、リィーコワ、シャリコワはわかりましたが、やはりほかの方はわかりませんでした。シシコワがいない! 残念です。そして、昨年とダンサーが入れ替わったうえに、舞台が広いせいでしょうか、昨年、花婿候補のシヴァコフが水色の衣装のダンサーから「どいて!」みたいなことを言われていましたが、今回はそんな心配もなく、オーロラ姫が紡錘を受け取り、眠りについて1幕は終わりました。

2幕では、いよいよプーちゃん登場。でも、ルダと同じグレーのタイツ。私はどうも好きになれないです。黒い衣装の付き人はマラーホフ。貴族の女性たちは、マルチナ、スヒーフ、ロパティナ、ノボショーロワ、フィラトワがいました。貴族や王子が矢を投げるところはイマイチですよね。貴族が投げる矢は、力なく矢の先端が途中で回転して後ろに向いてしまったり、王子の投げた矢も的の中心に刺さっているのがよく見えずに終わってしまったり、意味がなかった。王子の投げた矢だから、いつも的の中心に刺さることを言いたいのか、王子といえども、ほんとはいつも外れているけど、王子のご機嫌を取るために中心に刺さったことにしようとしているところを言いたいのかわかりませんが、なんとかならないですかね。それとも観客の嘲笑を誘っているところなのでしょうか。

プーちゃんのソロ、いつものとおりジャンプも高くきれいだけど、床に着地するときのドシンという不快な音がいつもよりも高く、残念ながらブラボーと言えるものではありませんでした。ルダじゃないんだから、お願いしますよ。そして、リラの精が王子にオーロラ姫の幻を見せるところでは、両イーラによるいつもと逆の役で、新鮮な感じですが、ペレンがコシェレワをしっかりと支えてくれました。(花束を預けたときに、光藍社のスタッフの方から、二人は同じ楽屋ですからと言われ、びっくりしました。主役なのに個室じゃないの? そこがマールイなのか。差し入れした2つの花束の花の種類、大きさに差をつけておいてよかったと思いました。)また、白と緑色の衣装のコールドのみなさんは、出たり入ったり忙しいですが、この日もがんばっていましたよ。心からブラボーを言いたかった。それから、幕間の、アニハーノフの指揮による楽団のヴァイオリンの演奏もとても素敵でした。これで聴き納めだと思ってしみじみ聴きました。ブラボーです。(ただ、この時間をただの幕間だと思って、かばんからガサガサ音を立てて飴を取り出してなめていた女性が近くにいたのには、参りました。)

3幕、オーロラ姫も王子も白いかつらを付けて登場。昨年までシンデレラはガルちゃんだったけど、今シーズンはセミオノワがやっていました。3幕での注目は、まずコチュビラのフロリナ王女でしょう。コチュビラも額まで下がった飾りを付けて、とてもかわいらしいフロリナでした。ピタッと静止したりすることはせず、テクニックを見せているという感じはしませんでした。足の上げ方がもう少しスーっとなるとよいのですが、暴走ぎみだった黒鳥を少し思い出させるところもありました。でも、全体的にはとてもかわいらしく、終演後もまわりのお客様の会話から、「かわいかったね」という声が聞こえるほどでした。マスロボエフは、ジャンプしたとき、後ろ足をもっと高く上げたり、ブリゼボレというんですか、足をパタパタさせるやつ、それをもっときちんとやるなど、もっとうまく見せる工夫をしてほしいです。もったいないですね。応援していますから。顔がワイルドなんだから、踊りももっと力強く、ワイルドになってほしいです。マールイのフロリナ&青い鳥は、もっとレベルの高さを見せる踊りになってほしいと思います。

その前の宝石の精では、金の精のスホワが4人で踊ったあと、最後尾で下手の袖に下がるとき、ジャンプして消えたんですけど、その直後にドシンという音が聞こえたので、どうしたのか心配しましたが、少ししてそのまま4人とも出てきたので大したことはなかったのでしょう。上手の前の方に座っていたら、何があったか見えたのかもしれませんが。

白い猫のラトゥースカヤと赤頭巾ちゃんのニキフォロワは、この冬、大活躍でしたね。公演を通じていろいろ成長できたのではないでしょうか。この日は、二人とも演技が生き生きとしていて、とてもよかったです。ブラボーです。白い猫の方はまだシシコワの演技が焼きついていますが、ラトゥースカヤなりにがんばっていましたよ。愛くるしい猫になっていて、とてもよかったです。相手役の男性がポンと音がするほど、白い猫をたたいてあげればいいのにと思いました。

そして、いよいよオーロラ姫と王子のグラン・パ・ド・ドゥ。1幕では少し物足りない感じがしたコシェレワの踊りは3幕ではとてもよかったです。表情はまだ少し物足りないですが、踊りの方は十分に踊り込んでいる感じがして安心して見ていられました。派手さはないですが、きちんと丁寧に踊っていました。プーちゃんもソロを完璧に踊り、会場を盛り上げました。本当にプーちゃんのジャンプは素晴らしい。マールイの宝です。コシェレワとの息も問題なく、最後のポーズもすんなり、バッチリ決めるなど、二人ともうまく踊り終えたと思います。ブラボーです。

コシェレワは、まだまだ本番で踊った回数は少なく、最高の出来とは言えませんが、今後が楽しみなコシェレワの眠りでした。ただ、より多くのファンを魅了したいと思うのなら、もう少しテクニックを「見せる」踊りをしてもいいのかなあと思います。いかがでしょうか。それでも、この冬、コシェレワのオーロラ姫を見ることができて、私はとても満足しています。今後、夏公演でも、時々踊ってくれるとありがたいです。その時はもう少し表情豊かにね。(いや、マールイの夏公演はドンキで日本縦断だったか・・・)

公演全体としては、最終公演でもないし、ハプニングが全くなかったわけでもないので、締まった感じはしませんでしたが、みなさんそれぞれの持ち味を十分発揮できた公演だったと思います。

終演後は、何人かのダンサーに、とてもつらかったですが、今シーズンは今日が最後(パスリェードニー)であることを告げ、夏または1年後の再会を約束しました。思い出せば、最初の平塚公演の時から、私は、これまでとダンサーたちの雰囲気が変わってしまったことに、少し寂しさと戸惑いを感じていました。バレエ団のレベルアップがはかられるのは、われわれにとってもうれしいことですが、マールイの魅力である、チームワークや団結力、アットホームな雰囲気はいつまでも持ち続けてほしい・・・心からそう願いながら、川沿いの道を地下鉄の駅まで歩いて行かれるみなさんを見送りました。私もバレエ団のレベルアップは大歓迎ですから、今後もできる範囲でダンサーのレベルアップに役に立つことをし続けていきたいと思っています。

こうすけは、このあと、大阪の行きつけの飲み屋に顔を出してから、東京行きの夜行列車に乗ってゴロンと寝て、翌日は通常どおり会社に出勤しました。でも、午前中はさすがに眠くてつらかったです。ペレンのかけた魔法が今ごろ効いてきたか、っていう感じでした。
この記事のURL | バレエ | CM(5) | TB(0) | ▲ top
マラーホフの贈り物2008(Aプロ) 2月9日の感想
2008/02/11(Mon)
<第1部>
「牧神の午後」
振付:ワツラフ・ニジンスキー 音楽:クロード・ドビュッシー
牧神:ウラジーミル・マラーホフ  ニンフ:井脇幸江  ほか東京バレエ団

初挑戦という事が意外に思われるマラーホフのニジンスキー版「牧神」は、強烈な印象はなく、ソフトな感じ。 自分のデフォルトがジュドの雄々しくてエロティックな牧神だけに、ちょっとイメージが違うかなという感じではありました。 最初に岩の上で葡萄をふた房食べるところからしてやはり上品かな? あの葡萄ってちゃんと岩陰に置くところがあってしっかり食べちゃったように見えるのですね。 こんな事に初めて気がついたりしていた私でしたが・・・。
ニンフの井脇さんはジュド様との共演を終えてすっかりこの役が板に付いたようですが、やはり牧神とニンフとの間に漂う空気も妖しさと緊張感がおだやか~な感じでした。 


「エスメラルダ」
振付:マリウス・プティパ 音楽:チェーザレ・ブーニ
ヤーナ・サレンコ  ズデネク・コンヴァリーナ

サレンコはキエフ出身でキエフバレエから2005年にベルリン国立バレエにソリストとして移籍し、07年にプリンシパルに昇進したマラーホフ期待のダンサー・・・というプロフィールだけに、ちょっと期待しすぎたかもしれないけれど、周りのダンサーに気圧されたのか、十分テクニックはあると思うけれど、なんとなくこじんまり、力を発揮できないで終わってしまったようにも思う。
この演目を踊るのなら、やはりタンバリンは全部きっちり曲に合わせてたたいて欲しいし・・・。
でもポアントでたった状態でぐらつかずにアチチュードに持っていったところなどは素晴らしかった。
パートナーのズデネク・コンヴァリーナはナショナル・バレエ・オブ・カナダのプリンシパルで、前回のバレエフェスにも出場していたそうですが、全く記憶になし。 どこがどう悪いというわけでもないけれど、踊りが重く感じられた。


「カルメン」
振付:アルベルト・アロンソ 音楽:ビゼー、シチェドリン
マリーヤ・アレクサンドロワ  セルゲイ・フィーリン

も~~~~、マーシャがカッコよすぎで、まじ、しびれてしまいましたよ!
本当にあまりにもかっこよく決まりすぎてるんで、途中でマーシャー!!と叫びたくなるくらい(笑) こちらの興奮と熱狂を客席でじっと隠しておくのが辛かったほど!
強烈だけど可愛らしさも感じさせる視線、脚、腕、あご、肩でのすべての仕草が魅力的で、マーシャのカルメンの世界に引きずり込まれたという感じです。
今までのダイナミックな感じに、幸せに満ち足りている女性の自然な色香のようなものが加わってとてもいいです!
対するホセのフィーリン。 ええっと、前髪をおろしたマッシュルームカットぽい髪型が・・・。 カルメンに翻弄されるどうにも情けない感じのホセでしたが、ノーブルで美しかったです。
 

「くるみ割り人形」
振付:レイフ・イワーノフ 音楽:ピョートル・チャイコフスキー
イリーナ・ドヴォロヴェンコ  マクシム・ベロツェルコフスキー

ドヴォロヴェンコがキラキラ輝いていて美しかったのですが、ここの音楽を聞いていて、しゃちほこを思い浮かべて物足りなさを感じてしまった自分に唖然・・・。 ただ、彼女の踊りって上半身の動きにくせがあるように感じました。 
マクシムは踊りが端正で正確で上手ですねー。 くるみの男性ヴァリがこれだけ素晴らしく感じたのは初めてかもしれない。 


<第2部>
「白鳥の湖」第2幕 〈全編〉
振付:プティパ、イワーノフ 音楽:ピョートル・チャイコフスキー
オデット:ポリーナ・セミオノワ  ジークフリート王子:ウラジーミル・マラーホフ
悪魔ロットバルト:木村和夫 ほか東京バレエ団


ふくろうをイメージさせる東バの2幕のロットバルトの衣装はちょっとお気に入りです。 
4月に初めて木村さんのロットバルトを見たとき、出会ったばかりのオデットと王子を引き離し、王子を袖にうっぱらう時の追い込み方が気合入りまくりでツボだったのに今日はあっさりめでがっかり(笑)
ポリーナの白鳥は、踊りは丁寧で良いのだけれど、マイムがやや通り一遍という気がしないでもない。 彼女のせいというよりマイムが多いバージョンがあまり好きではないという自分の好みなのかもしれないけれど。 昨年のフォーゲルとの時同様、ポリーナの白鳥は湖畔の後半の王子との踊りで幸せそうな微笑を見せるのが印象的。
マラーホフのタイツ姿は本当に美しい。 許されないだろうと思うくらい長くて真っ直ぐな美しい脚。 いつも見るたびにそう思う。 オデットのリフトなどは無難にこなしていたけれど、無理はしていないだろうかとちょっと心配。 演技はいつもよりさらに濃い感じがしてなんとなく自己完結型で、どうしても王子の物語に見えてしまった。


<第3部>
「白鳥の湖」より"黒鳥のパ・ド・ドゥ"
振付:マリウス・プティパ 音楽:ピョートル・チャイコフスキー
マリーヤ・アレクサンドロワ  セルゲイ・フィーリン

再び、ハラショー! マーシャ!! という感じのアレクサンドロワ全開のパフォーマンスだった。 
夏の合同ガラの時もそうだったけれど、このペアはハイライトなのに全幕から切り取ってきたかのようなドラマを見せてくれるところが素晴らしい。 不機嫌そうな花嫁候補や、満足そうに不敵な笑みを浮かべているロットバルトが二人の周りに見えるような気がする。
マーシャは私たち観客の前でオディールになりきってノリノリで自身も存分に楽しんでいる感じ。 一昨年に同じ黒鳥を見たときには、その男前なダイナミックさに猛禽というイメージだったのだけれど、今回は女らしい艶やかさが勝っていて堂々たる悪の化身の女王というところ。
グラン・フェッテも高速回転で両腕を上げるときに脚を水平にしてゆっくり回ったりとサービスたっぷりだし、コーダで上手奥から斜めに勝利のステップを刻んでいくところでは、進む方向に投げ出す脚の勢いのよさと鋭さにもう言葉もないくらい・・・。 ピケピルエットの速さと美しさも素晴らしく、マーシャが大好きだという日本で、観客に向けてありったけの気持ちを込めて踊ってくれているのがわかって、黒鳥のPDDを見終わって、不覚にも涙が出て来てしまった。 こんな事って初めてでした。
フィーリンはちょっとごまかし気味な(笑)回転の着地があったように思うけど、サポートはしっかりしていたし、物腰が柔らかで悩める王子で素敵でした。
 

「アレス・ワルツ」
振付:レナート・ツァネラ 音楽:ヨハン・シュトラウス2世
ポリーナ・セミオノワ

ウィーン国立歌劇場バレエ団のために創作された1幕もののバレエの冒頭、ウィーンの街を歩いているとき、宮殿から聞こえてくる音楽に耳を傾ける女性の物語を描いているのだそう。
髪を短くまとめたパンツスーツのポリーナちゃん、ハンサムで若い少年のような瑞々しい雰囲気でとても素敵。 現代を意識させた作品をしっかりしたクラシックのテクニックを持っている彼女が踊るからこそ素晴らしく感じられるのだろうな!


「スプレンディッド・アイソレーション」
振付:ジェシカ・ラング 音楽:グスタフ・マーラー
イリーナ・ドヴォロヴェンコ  マクシム・ベロツェルコフスキー

暗い照明の中に舞台中央に立つイリーナの円盤状に大きく広がる白いスカートが鮮やかに浮かび上がる。
男女の関係を知り、その関係のために自らの一部を犠牲にするという事について考えるこの作品は、この大きなスカートが男女の境界線の役割を果たしているのだそうです。
スカートに触れることすらできず、その周りで必死に女性を求めていたマックスと、立ちすくんだまま男性に近づきたい思いと葛藤しているような表情のイリーナ。 イリーナが身をよじる度にスカートに流れが出たのが素敵だったな。
二人の息もぴったり合っていたし、イリーナの気品とマックスの思いたぎる切ない表情がとても良かったけれど、長いスカートを脱ぎ捨てたあたりからなんとなーくトーンダウンしたような・・・・。
振付のジェシカ・ラングって・・・、キングコングで有名な女優さんとただの同姓同名ですよね・・・?


「ドン・キホーテ」
振付:マリウス・プティパ 音楽:レオン・ミンクス
ヤーナ・サレンコ  ズデネク・コンヴァリーナ

う~~ん。 初めにバランスありきみたいな印象をうけたアダージョだった。 サレンコがバランスが得意なのはよくわかるけれど、それを見せるために他の部分を踊っているような感じで、振付にアレンジも多くて・・・、エスメラルダでもさんざんバランス見せていただけに、もうちょっと違うアプローチが欲しかった。 
恋仲のキトリとバジルという雰囲気もあまり感じられなかったし、このペアだけ急造ペアで気の毒な気もするけれど、なんとなく気が抜けてしまったドン・キだったな。


「ラ・ヴィータ・ヌォーヴァ」
振付:ロナルド・ザコヴィッチ 音楽:クラウス・ノミ、ロン・ジョンソン
ウラジーミル・マラーホフ

作品のタイトルはイタリアの詩聖ダンテの「新生」から取られているのだそうです。 マラーホフによれば「この作品のアイディアは、天使のようなものが禍々しい部分から生まれるというものです。 ネガティブなことや悪いエネルギーから逃れようと何かを試みる事、それが新生であり新しい人生なのです」との事。
黒っぽい上下でパンツの方はかなりシースルーなので下の白いショートパンツが透けて見え、と言う事は途中で脱ぐんだろうなと・・。 その黒い衣装を脱ぎ捨てて(床を転げながら脱ぐしぐさがなんとなく可愛らしく見えたのはどうなのかな??)白い衣装の天使のようなものになったという事なのかしら?
ジャンプもしなやかでマラーホフの柔らかい身体の使い方が印象的だったけれど、腕の動かし方など、ポリーナのアレスワルツでの動きと通じるところがあるな・・・。


カーテンコールでのマラーホフ、無事に初日が終わってほっとしているようにも見えましたが、
いつもとっても温かいんですよねー。 観客と共演者たちへの彼の心からの感謝の気持ちが伝わってきて、また次も絶対に見に行こう!って思ってしまうんです。
この記事のURL | バレエ鑑賞記 2008年 | CM(7) | TB(0) | ▲ top
ファンタスティック・フォー 銀河の危機
2008/02/10(Sun)
「ファンタスティック・フォー 銀河の危機」
原題 : 4-RISE ON THE SILVER SURFER (2007年 米・独・英 92分)
監督 : ティム・ストーリー
出演 : ヨアン・グリフィス、ジェシカ・アルバ、クリス・エバンス
鑑賞日 : 2月9日 (DVD)
ファンタスティック

Dr.ドゥーム(ジュリアン・マクマホン)の野望を打ち砕き、すっかり有名人となったファンタスティック・フォー。世界中で異常現象が起こる中、アメリカはそのメンバーの二人、リード(ヨアン・グリフィス)とスー(ジェシカ・アルバ)の結婚式の話題で持ちきりだった。しかし挙式当日、NYで式を行う彼らの上を謎の閃光が駆け抜けた。これにより上空を飛んでいたヘリが墜落。“ヒューマン・トーチ”ジョニー(クリス・エバンス)が閃光を追うと、そこには銀色の未知の生命体――シルバーサーファー(声ローレンス・フィッシュバーン)がいたのだった。 (goo映画より)

いきなり駿河湾から臨む富士!にびっくりでしたが・・・。 世界中に起こる超常現象としてピックアップしたのが駿河湾の凍結とエジプトの砂漠に降る雪だったのはなぜ・・・(笑)。
全く期待しないで見た前回がなかなか面白かったので、劇場鑑賞ではなくDVDだけれど、今回は見るのを楽しみにしていました。 題名も銀河の危機なんて壮大なスケールを感じさせるものだったし、宇宙物は好きなので・・・。 

このシリーズは、ひねりとか伏線とか深みいうものが皆無なために、スリリングな味には欠けるのだけれど、憎めない4人のキャラがそれぞれに純粋で、簡潔なストーリー展開に映画を見ながら頭働かせる必要がないために、なんとなく貴重な類の映画ではあるような気が・・・。 
それでも誰もお目当てがいなかったら結構辛いけど、クリス・エバンスがわりとお気に入りなのでまーいいか! リード役のヨアン・グリフィスはただのお人よしという感じで相変わらずあんまり魅力がないけどな・・・。
ジェシカ・アルバはちょっと目元の化粧がイマイチでキュート度が下がっているような感じ。 ベンの彼女の盲目のアーティスト役のケリー・ワシントンのナチュラルな美しさが目にとまった。
silversurfer_14.jpg


極悪非道(言い過ぎか・・)のターミネーターのT1000がちらつくシルバーサーファーも、悪役としては詰めが甘いし、ちょっと良い人顔だし、スーをミサイルから守ったあたりで、最後は地球を救うだろう事は容易に想像がついてしまうし・・・。 やはり死人を復活させてまで悪人は悪人ということで・・・。

シルバーサーファーはマーベル・コミックのアメコミに登場するキャラクター中屈指の高潔さを誇るキャラクターだそうで、しばしばキリストにたとえられるほどのヒーローなんだそうですね。 全く知りませんでした。

例によってDVDでーたネタですが、監督はシルバーサーファーをすべてCGで処理する予定だったのを、リアリティーと迫力を出す為に、人間の体の動きを実写で取り込み、その後CG化する事に変更したのだそうです。 そのシルバーサーファーの動きを演じたのが「ヘルボーイ」の半魚人エイブを演じたダグ・ジョーンズなのですって。 足の関節が非常に柔らかいところを買われたようです。
ファンタスティック・フォーは当然次回作があるのでしょうが、シルバーサーファのスピンオフも可能性があるかもしれないようです。
この記事のURL | 映画(は行) | CM(4) | TB(4) | ▲ top
ゲスト(うみーしゃさん)レポ マールイ「白鳥の湖」2月3日大阪公演
2008/02/09(Sat)
2008年2月3日(日)15:00開演 フェスティバルホール 
オデット/オディール 草刈 民代
ジークフリート ミハイル・シヴァコフ
ロットバルト ミハイル・ヴェンシコフ
王妃:ズベズダナ・マルチナ
家庭教師:パーヴェル・ノヴォショーロフ
パ・ド・トロワ イリーナ・ペレン、オリガ・ステパノワ、ドミトリー・ルダチェンコ
小さい白鳥:マリーナ・ニコラエワ、エレーナ・ニキフォロワ、アレクサンドラ・ラトゥスカヤ、サビーナ・ヤパーロワ
大きい白鳥:タチアナ・ミリツェワ、エルビラ・ハビブリナ、エレーナ・コチュビラ、ディアナ・マディシェワ 
スペイン:アンナ・ノヴォショーロワ、エレーナ・モストヴァーヤ、アントン・チェスノコフ ニキータ・クリギン
ハンガリー:マリア・リフテル、マクシム・ポドショーノフ
マズルカ:ユリア・カミロワ、マリーナ・フィラトワ、アリーナ・ロパティナ、オリガ・ラヴリネンコ
     ニコライ・コリパエフ、アレクサンドル・オマール、アルチョム・マルコフ、ニキータ・セルギエンコ
2羽の白鳥:タチアナ・ミリツェワ、エレーナ・コチュビラ
指揮:アンドレイ・アニハーノフ(←ここが大事)

やってきましーた大阪へ~。ホールのある淀屋橋駅のお隣、梅田駅はデパートやらモールやらにぎやかな町なんですが、淀屋橋は日曜のオフィス街・・・!川沿いを散歩しながら(雨なのに)当日券引き換えを待つ大荷物のオンナ(怪しい・・・)。
大阪のホールで配られたキャスト表は黄色でした!(あ、明るい・・・笑)
ぎゃーーーーっトロワがルダコだよっ。ペレン・ステパノワは嬉しい!オーリャ、昨日主役踊ったばかりなのに、ありがとう!そしてさらに嬉しいのが指揮者ですわ。ペルノフさんの独特な間合いの指揮も結構好きですが、やっぱりラストはアニさまでしょう!
カメラが前方に2台入ってましたが、どこかで放映されるのかなー?シヴァをカットしないであげてね!
さて、今日はMさんのためにシバウォッチを頑張りました(笑)下手寄りの10列目ですが、横に長い席なので角度的にやや不利。(苦笑)ファンじゃないので、ちょっと文章に愛が足りないかもしれませんがその辺はご容赦を(笑)


1幕:関西のホール、暗くなっても結構ざわざわしてたんです。ところがアニー様の指揮が始まるやいなや、その美しい旋律に会場シーン。よかった。白鳥の舞台になったわ!
シヴァですが良いです!登場から気合が入って、彼のくるくるの髪が雨の湿気でさらにくるくるで(笑)、しかもオーラがありました。王妃登場シーン、今日は上着はずり下ろさず、くるくるの前髪を整えて姿勢を正す。(←かわいい) 王妃に結婚を諭され「僕が求めてるのはそんなんじゃなくって・・・」と天を仰ぎ見る・・・(実際は3F席あたりの目線だったと思うのですが)「シヴァ、いいじゃない・・・」と感慨。

パ・ド・トロワ・・・ルダコだーっ。登場のとき、顔が真っ青で心配になりました。頼むよ、オーラス飾ってくれ・・・。でも全然踊りはよかった。丁寧だったし。自分のバリが終わったらほっとしたのか「お、おれ、やったよー!」という顔に。ペレンとステパノワが並ぶと舞台が狭いです。彼女たちが同時にジャンプして移動するとコールドを踏んじゃいそうだ。ステパノワは回転しながらの斜め移動も軌道まっすぐですね。
東京公演をよく覚えていないのですが、この日のペレン、髪型が真ん中分けの後ろ編込でした。そこに赤い花付でとてもかわいかった!若草物語のメグって感じ(←どんな感じだ)ステパノワはポニーテール風の縦ロールを足していて、踊るとぶどうの房のようになってました。迫力あるお2人で眼福。彼女たちのパ・ド・トロワを2回も見られて幸せ♪アニちゃんとのタイミングもばっちり!

2場のアダージョ・・・草刈さんはやっぱり美しいです。日本人離れした彫りの深い顔立ちで舞台映えします。シヴァ、愛がありました。白鳥の話をちゃんと聞いてました。美しく気高くて薄幸の年上の女性に魂打たれちゃって、どうにかしたい、なんとか助けたいって説得するも、草刈オデットさんは「無理なさらないで・・・危険ですわ(あなたには無理よ)」と年下くんを律する、でもどこかで信じたいと思ったりする。白鳥の湖って奥が深いですね・・・。この表現って、やはりある程度の年月や経験を経ないと出せないのかなぁとも思ったりしました。若くて美しくて脚の長いバレリーナは世界中沢山いるし、中でもロシアのそれはすごいレベルだと思うけど、白鳥の解釈と表現に関しては、レッスン以外の、それなりに人生経験や、オデットへの「想い」が必要かなと。草刈オデットさんは繊細で、情感豊かで、日本人らしい表現なのかな、と思いました。白鳥全幕のラストにふさわしい、すばらしいアダージョでした!シヴァ、とてもいいです!本当に好きになっちゃったみたいに見えたもの!だーかーらー、普段からそういうふうにやりなさいよ!相手が誰でも!

2幕:今日のナポリはフィルソワでした。彼女はラトゥスカヤと一緒に白鳥の先頭もやってて、毎回大車輪ですよね。すてきだったわ!ハンガリーにツァルがもどって相変わらずさわやかな笑顔。1幕コールドでもジュッテではじけてた。美脚にほれぼれ♪ソロのマリア・リフテルがめっちゃかわいい!ハンガリーって衣装も上品な色遣いだし、(星座盤みたい)踊りも好きだ。
今シーズン、マズルカのアリーナ・ロパティナ(くるみでアラビアの踊りにいました)とオリガ・ラヴリネンコ(茶色い髪の美女です)がお気に入り。夏も来ないかなー。なんかコールドにいても目がいっちゃうんだよね。彼女たちは新しいメンバーではなく、前から頑張ってた子たちらしいです。
シヴァ、いいですよー。ピルエット・ドゥブルも後ろ足のカプリオールもマネージュも。足音しないし着地柔らかいし。ジャンプが高い!滞空時間が長い!芯がある!(すごいじゃん・・・)一瞬ゼレかと思ったよ。こんなに踊れる人だったとは(←失礼)
何よりもパートナーシップです。オディールが踊っているときはずっと視線を外さず、ときどき腕を伸ばしたりせつなそうにしたり・・・。あらあら。カテコでもオディールの手を握り腰を抱いたまま離そうとしないのでした。役に入ったまま、あちらの世界に行ったままでした(笑)ラストも同じ。ずーっと手をつないでました。普段顔に出やすいシヴァの場合は、こういうのが演技に見えないんだよね・・・!これは牧公演が楽しみなり。日本人女性とシヴァは相性がいいのかも。唯一笑えたのが、マネージュのあと上着をずり下ろしてなおしてたところ。ここは演技じゃないだろう。舞台の上でやるなって。
とにかく、この日のシヴァは全幕通して気迫と集中力がすごかったの・・・!目線が強かったのも良いです!ときどき目が合ったような錯覚さえ起こしてしまった。7月のルジすべ、8月のクラシック班でシヴァの踊りを見続けて、またくるみ王子では心配にもなりました。たみよさんのオーラス公演でこんなに気合が入るなんて、シヴァ、おめいいヤツだなぁ。今回のドンキと白鳥で、東にも西にもファンを増やしたことでしょう。

3幕:ヴェンシコフのロットバルトもキレイです!彼はねずみとか、顔に塗りものする方がはじけるのでは?クール系だから素顔だと演技しづらい部分もあるでしょう。もうすこし空気が外側へ出てくればブルーバードとかもいけると思うんだけど。(あ・でもツァルでみたいかな。あの脚裁き!)
ミリツェワが来日してくれて、毎回出てくれるのはとても嬉しい。彼女の表情はいつも凛としていて、つい目で追ってしまう。カミロワも白鳥のサブリーダーで活躍してくれた。回を追うごとに絞られて白鳥らしくなっていったと思う。場所とりの先頭にいたフィルソワ・ラトゥスカヤもコールドを引っ張る立場でさぞ大変だったことでしょう。コチュビラちゃんのラインは本当にキレイで見惚れるばかり。そしてハビブリナの優しい腕の表情が好きだ。みんな、長い日本ツアーをよくぞここまで頑張ってくれました。アナタタチが大好きです。また来てね!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

うみーしゃさ~~~ん!
シヴァウォッチを本当に本当にありがとうございました。
贔屓目のいっさいない(笑)うみーしゃさんの目から見てそれだけ褒めていただければ、もう言う事ありませんわ~~~! 
で、あたくしにとって「一瞬ゼレかと思ったよ」というお褒めの言葉ほど舞い上がってしまう言葉はありませんです! マールイツアーの最終公演と民代さんの全幕白鳥の大ラスが重なって、やる気と責任感には溢れていたと思うのですが、ともするとそれが空回りしてブレーキとなりかねないけれど、今回はすべてが良い方向に行ったのだと思います。 でもたまたまそうなったのではなく、今まで彼がいろいろ思い悩んだ事ときちんと向かい合ってきたからの結果だと思っています。
ルダチェンコもここ最近で一番のパフォーマンスを見せてくれたようだし、他のダンサーたちもいつものように精一杯のステージを見せてくれたと思うので、本当に楽に相応しい素晴らしい舞台だったのですね。 民代さんにもみんなの気持ちが伝わったでしょうね!
この記事のURL | バレエ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ゲスト(うみーしゃさん)レポ マールイ「白鳥の湖」2月2日和歌山公演
2008/02/08(Fri)
うみーしゃさんからマールイの2月2日「白鳥の湖」和歌山公演のレポートをいただきましたので皆さんにご紹介。
いつも本当にありがとうございます。
うみーしゃさんは翌日3日には大阪での最終公演をご覧になっているのですが、そちらのレポもいただいていますので、そちらの方は明日ご紹介させていただきます。 一公演一公演、彼らの舞台に温かい気持ちで臨み脇のダンサーまできちんと目で追いながらも、愛ゆえの甘えを許さない視点もお持ちのうみーしゃさんのレビューがとても素晴らしいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

~関西遠征編~
当初、大阪だけ日帰りの予定にしていたのです。でも大阪まで行くなら大阪城でもみてこよっかなー。泊まりもありだよなー等と迷っていたら、あれ?和歌山って大阪に結構近いんちゃう?在来線で1時間半じゃない!そういえば今年はオーリャの主役を見ていない・・・スペインもアリョーシャにあたる確率は2分の1だし。地方の方がツァルのロットバルト率も高し!(←栃木の教訓)どうせ関西まで行くなら、どうせ泊まるなら・・・。というわけで和歌山県民文化会館に電話したところ、まだ席がありますとのこと。朝出るの眠かったけど、大阪からの乗換えで迷ったけど(←方向音痴)、雨も降ってきたけど(←雨女)、来てよかった~!
「ねぇ見た~?めっちゃ顔小さい外人さんいたよおーっ!」と少女たちの声。きっとダンサーのことね。関西のやわらかーい言葉って和みます。これだけでも旅に来た気分。残席少数だったけど、実際は後ろの方がごっそり空いてたので、1幕は真ん中に、2幕はスペインの白が見えるように左はじに移動。(旅の恥はかきすてー)

2月2日(土)16:00~ 和歌山県民文化会館

オデット/オディール:オリガ・ステパノワ
ジークフリート:ドミトリー・シャドルーヒン
ロットバルト:ウラジーミル・ツァル
王妃:ズベズダナ・マルチナ
家庭教師:パーヴェル・ノヴォショーロフ
パ・ド・トロワ:アナスタシア・ロマチェンコワ、サビーナ・ヤパーロワ、アンドレイ・ヤフニューク
小さい白鳥:マリーナ・ニコラエワ、エレーナ・ニキフォロワ、アレクサンドラ・ラトゥスカヤ、サビーナ・ヤパーロワ
大きい白鳥:タチアナ・ミリツェワ、エルビラ・ハビブリナ、エレーナ・コチュビラ、ディアナ・マディシェワ 
※実際はコチュビラではなくカミロワだったと思う。
スペイン:アンナ・ノヴォショーロワ、エレーナ・モストヴァーヤ、アレクセイ・マラーホフ、ミハイル・ヴェンシコフ
ハンガリー:エレーナ・フィルソワ、ロマン・ペトゥホフ
マズルカ:ユリア・カミロワ、マリーナ・フィラトワ、アリーナ・ロパティナ、オリガ・ラヴリネンコ
     ニコライ・コリパエフ、アレクサンドル・オマール、アルチョム・マルコフ、ニキータ・セルギエンコ
2羽の白鳥:タチアナ・ミリツェワ、エレーナ・コチュビラ
指揮:エフゲニー・ペルノフ

1幕1場:
見慣れない顔ばかりだったコールドも、白鳥ばかり6回も見れば判別がついてくるってもんで。(笑)
ワルツの小さいチーム、最前列の4人一番上手側がラトゥスカヤでした(さすがに覚えた!)男性と組んで一番はじめにバランセで移動するグループです。そのお隣の、多分ペトゥホフと組んでいた、笑顔のステキな女性が気になりました。おそらく、アリョーナ・サマーロワではないかと推測。小さな白鳥にいるヤパーロワ、ラトゥスカヤ、二コラエワはもう大丈夫かな。二コラエワって夏にも祭り班の小さい白鳥チームできていましたよね。彼女のベビー・フェイスは特徴があって覚えやすい。
もう、コールドのメンバーも写真お願いしますよ!メモって確認するのが大変なんですから。

王子登場!今期シャド初。でも拍手なし。(←やってあげろってば)練馬での評判どおり、優しい王子で柔らかな物腰もすてきでした。王妃のおつきの子たちって美人ばかり。(ちょっと若すぎる気もするが。こどものようだ)王妃のマルチナさん、なにげに好きだわ。

パ・ド・トロワ:
サビーナ・ヤパーロワは上手いですよねー。小さいけど今期大車輪の彼女。小さな白鳥もナポリもキューピッドもワルツも3幕黒い鳥チームも引き締まったと思うし、彼女の登用は大正解と思います!栃木ではすてきだったヤフニュークがちょっとお疲れ。ロマチェンコワもピルエットがぶれて、(これはサポートのミスか?)ジャンプにも足音がして、ちょっとよろけたりと回転得意の彼女にしては珍しい感じ。連投組は大変です!

宮廷貴族はいつものメンバー。マラーホフの笑顔が眩しい・・・。パワーダウンしたり疲れを見せない彼はすごいわ!ちょっとヴェンシコフの無表情とコリッパーのうつろな目が気になります。ミーシャはビジュアルはいいのにねぇ。マスロボエフはお疲れでふらふら。彼も三田と連投だからね・・・。何がつらいって西日本ツアーのバス移動ですよ。ずっと座りっぱなしですもの。身体も痛くなりますって。

ステパノワのオデットは情感にあふれていてとてもステキ。彼女の優しさ・真面目さが感じられる踊りって好き。彼女にしては、最初のジュッテでものすごい足音がしたのでビックリ。ロマチェンコワも大変そうだったし、床のせいかなー?でもロシアの劇場って床が斜めなんですよね・・・。
ロットバルトのツァルは無音でした!ハラショー!彼のジュッテはとても高いし、足もまっすぐでキレイだし、軽いし、バレエの教科書みたいだわ。生真面目で忠実で控え目な表現もどことなく大和男児で親近感。(←?)腕の動きも丁寧なんです。空気を切る感じがいいわ。
 シャドの王子とオーリャのオデットは、はにかみや恐れやいろいろなやりとりがあり、引き込まれました。強い脚だけじゃなく、舞台に誠実なところも好き♪
コールドもステキでした!やっぱり白鳥は回数こなしてます!ツァルとコールドのバランスもよく、ロットバルトが目立ちすぎず、でも弱すぎず。ここの悪魔たちは精鋭ぞろいで見ごたえあります。
1幕2場で唯一笑えたのが、幕が降りるスピードが速いこと。最後シャド王子が立って愛を誓うポーズ(右手をあげて2本指を天に向けるやつ)、このままだとポーズのとき顔が隠れると判断したのか(ナイス!)片膝立ちに変更。ギリギリ腕と顔が見えて、音楽と同時に幕。(後ろにいた先生方が苦笑いしてましたよ)

2幕:
今シーズンのナポリって秀逸だと思うんです。メンバーは小さい白鳥ほかワルツチーム。この日のソロは、名前はなかったですが方々のヒアリングの結果、1幕で笑顔のすてきだった(?)アリョーナ・サマールスカヤだと思われます。聞けばチッポリーノの主役も踊るそうで、納得。猫目でかわいいの!是非チェックしてみてください(シーズン終わってから言うなって)

黒鳥の登場!やっぱりオーリャはステキ、と思ったら後ろにスペインチームが待機してる。コレで最後?かと思うと感慨もひとしお。やっぱりマラーホフのスペインが世界で一番好き。(告白) それにしても、今シーズンのモストバヤはほんとうにかわいいっ。調子がいいってことなのよね。なんで長いことコールドだったんだろうねぇ。白組の雰囲気も「陽」で「粋」で「愛」で最高でした。
若いヴェンシコフや他の2人と比べて言うのはあれなんですが、マラーホフはちゃんと女性を見てるのよね。目だけじゃなく、身体全体で。で、アイ・コンタクトがありそこに愛があるんです。で、背中を見せるときも、きれいな背中がスクエアで、しかもちゃんと美しい横顔が見える。(角度がずれると後頭部しか見えないから美しくない。)そして音楽に合わせたキメがストライクなの!スペインは楽しいからガラの黒鳥とセットで見せてほしいなー。音楽もちゃっちゃーんって感じでノリノリじゃないですか。子供だって男の子だって喜ぶはず!
黒鳥と王子のGPDD・バリはそれぞれステキでした!唯一32回転のフィニッシュがぐらついたのがおしかったけど。シャド王子もとても上手な人。今シーズンあまり回数見られずザンネン。結構女性を選ばず愛をもって踊れる人だと思うので、いろんなパートナーと見せてほしいですね!
フィナーレの高笑い、オケのボリュームがfff(フォルティッシモ)で盛り上がる盛り上がる。今年のオケメンバー、打楽器隊がツボなんです。

3幕:
ツァルのロットバルトは栃木に続き2回目ですが、(平日行けないからキャストが偏るんだよねー東京だと)この日とても調子がよかったと思います。繰り返しになりますが、まず美脚!空中のポーズがキレイ。跳躍が軽い。足音がしない!脚がまっすぐのびていて気持ちいい。腕の動きも丁寧です。きらきら感はないかもしれないけど、応援したくなる踊りなんだよね。ツァルを見るといつもカブキの見得きりを思い出してしまう・・・。絶望したオデットがことの次第を仲間に話し、悲しみにくれる・・・。なんかツァルが悪魔だと、誰が悪いとかじゃなくてこの世の常だ、人間の弱さとはこういうものなんだーー運命だ~みたいな感じがしてくるよ・・・。
2羽の白鳥、ミリツェワとコチュビラがすてき。体型も踊りのタイプも違うけど、それぞれの個性でのソロを楽しませてもらったわ。思えば、今シーズンの2羽はずっとこの2人だった。脇が固いと場が締まりますね!

アタクシ、チーム・ステパノワ好きですわ。磐石!堅実!真面目!そして、「愛」があるの。栃木のときも思ったんだわ、ツァルはコシェレワ・シヴァコフとか、ステパノワ・シャドみたいな堅実系と組むとしっくりいくんじゃないかなーって。
白鳥のラストって、主役2人が消えた状態で幕っていうのに最初は慣れなかったけど、だんだんこれがしんみりじわじわくるようになりました。愛を信じて戦った結果の死なので、残された白鳥たちもすがすがしく見送ったのか、悲しみに打ちひしがれて幕なのか、見る人によると思うけど、一応悪魔は滅びたわけだし。

おまけ:帰り道、タクシーにあいのりしたおばさまがたに聞いてみました。「いやぁ~よかったわ。キレイだったわ。普段あんなん見られんもんなぁ。」よかった!この日は和歌山から新大阪に戻り、フェスティバルホール近くに一泊。明日に備えるのです!
この記事のURL | バレエ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
マールイ「ドン・キホーテ」 1月25日の感想(1)
2008/02/07(Thu)
オーチャードホール : 1階11列14番


<プロローグ>
キホーテの部屋に現れたドルシネアの幻。 ヴェール越しの顔がなんとなくペレンに似ているのだけれど、ドルシネアのドレスを脱ぎ捨て、キトリの衣装に早替えなんて絶対にむりだわん。 多分2日目も同じ女性だったと思う。
このプロローグで物語を知らない人にもドン・キホーテの旅立ちの理由をわからせるにはキホーテ@マラトの演技力しだいだわね! 

<1幕>
ロレンツォはフィリモーノフ。 全く違ったアプローチだった大僧正、家庭教師とはちがい、そのままブレクバーゼを踏襲したような雰囲気に、一番ブレクバーゼが恋しくなった役柄。
キトリの友人はロマチェンコワとミリツェワ。 大きな目のミリツェワの派手な顔立ちがとても舞台映えする。 キーラキラだわ!
ペレンの衣装に一瞬びっくり。 上下赤のドレスでスカートが黒のドット。 ウエスト切替部分が黒(ルジとドンキを踊っているテレホワさんの衣装みたいな感じ)。 可愛くて似合ってはいるけど、好みじゃない・・・。 表情は少し硬いようにも見えたけど、扇で床を叩きながら周っていくところがちゃんと音楽に合っていたので、(前回、前々回と物凄い緊張でずれまくってたからねぇ・・・。)それほど心配する事もなし!っと。
ピンクのシャツにミニベスト、ブルーグレーのタイツという衣装のコルプ@バジル。 一瞬コルプは誰役で出てきたのかと思ったよ・・・(笑)。
化粧のせいかペレンの色気が過剰な気がしないでもない。 でもそういうつもりでやっているわけではないので、本人がそれだけ大人になったのね!(笑) 
スラブ移民テイストのちょっと灰汁の強いコルプ@バジルと、おすまし美人で艶っぽいペレン@キトリの恋人具合はなかなか。 
ガマーシュのマラーホフ。 ガマーシュにしておくのがもったいないほどエレガントな身のこなし。 ハンサムな顔が壊滅的なお化粧だし・・・。 キトリにはみょーちくりんな奴!と笑い飛ばされるし・・・。 マラさんだと思うとお気の毒。
エスパーダ、闘牛士たち、大道の踊り子の登場。
ハビちゃんの大道の踊り子は初見。 なんというのかな・・・、彼女が真剣な目つきでエスパーダを見つめれば見つめるほど、パッションはあるけど何か事情のある幸薄い娘(ごめんなさいね~)に見えてきちゃったのは何故なんだろう?
きっちり絞れた体にエスパーダの白い衣装が似合いすぎのシヴァ! と~~って、かっこいい! 踊りもばっちり。 彼がイメージするとおりに体が動いているような感じで、陽性の俺様オーラ全開で、まさにシヴァコフスペシャルなエスパーダ! 音楽に合わせてビシっとポーズをとる時も、目は挑戦的な目なんだけど、力は抜けているので体のラインはとても柔らかい。 おーととしはテンパリ過ぎてて大変な事になってましたからね(苦笑) 上手奥からムレタを翻しながら進んでくるシヴァの体の反りぐあいもとても綺麗で、音楽に合わせたムレタの扱いも素晴らしい。 感激! 至福!!
闘牛士たちも長身でハンサムなメンバーを揃えてとても見目麗しいのだけれど、付け揉み上げで変装中のコリパエフに目が留まる・・・。 なんなんだかなー?この子は!(笑) 来年どんなキャラに変身、または豹変しているかとても楽しみなダンサーではある。

ドン・キホーテとサンチョが広場にやってくる。 まだ若いマラトには踊れる別の役をやらせたいという気もするけれど、ドンがこれだけ大きくて存在感があるというのも捨てがたいので、やっぱりこのまま頑張ってね。
サンチョも細かい演技をずっとしていたし、トランポリンジャンプは比較的おとなしめだったけど、女の子たちに目隠しされてのスライディングがダイナミック!

バジルとキトリの再登場。
蹴り上げるように音楽をめいっぱい使って高く上げられたペレンの脚がとても綺麗。 いつも以上に意識してキトリの脚をみせていたような感じ。
コルプとペレンのPDDは床屋の息子と宿屋の娘には見えない、ドン・キとしてはちと美しすぎるかなと思うくらいラインが綺麗でした。 
キホーテとガマーシュが加わった6人の踊り、コルプの焼きもちむかつき顔と端正な踊りのギャップがかなり可笑しい。 でもって、いちいちその時々の心境を伝えるようにちゃんと客席を見てくれるのが嬉しい。 そしてここでのツボはガマーシュの端正な踊り! 脚が綺麗すぎですよ! マラさん。
ふてくされているバジルの機嫌をとろうと背伸びしてバジルの首に両腕を回しバジルの顔を覗き込むキトリの物凄い悩殺光線に思わずデレ~っととろけるバジル。

バジルがカスタネットを鳴らしながら舞台前方をなめるように奥まで走り抜けてキトリの友人とのパ・ド・トロワ。 ロマチェンコワとミリツェワの動きも揃っていて華やかだし、笑顔で踊るコルプのランベルセの美しいこと!
続くペレンのソロ、前半はリズムにのって軽快に踊り、エビゾリジャンプ?で後ろに跳ね上げた足も高くてとても良かったけれど、後半の見せ場の回転の連続で緊張感が漂いまくり、そこだけ急に踊りが小さくなってしまったのが残念。 ここは要練習かな? もっと速く踊れるようにね!
キトリとバジルの踊りでは、リフトは完璧ではなかったけれどコルプは片手だし、タンバリンを鳴らしたペレンもよく持ちこたえたと思う。 
ラスト、皆が楽しく踊る中をバジルが両腕をアン・オーに上げているキトリを肩にかついだまま、広場を脱走(笑)。

次のページに続く↓
この記事のURL | バレエ鑑賞記 2008年 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
マールイ「ドン・キホーテ」 1月25日の感想(2)
2008/02/07(Thu)
<2幕1場>
ジプシーの野営地まできた2人。 ゲスト公演なのでマントを使った2人のラブラブなパ・ド・ドゥ(つーか戯れ)は無しバージョン。
キトリとバジルが2人でいちゃいちゃしているとジプシーのリーダーが彼らに気づき事情聴取。 コルプの俺は床屋で・・・というジェスチャーが本人のイメージと全く結びつかなくてとても可笑しかった。 
ジプシーたちのエネルギッシュな踊りが始まる。 リーダーのアルジャエフのキレキレでダイナミックな踊りが素晴らしかったんだけど、上手のキトリとバジルがどうにも気になって。 コルプったらペレンの腰をがしっと引き寄せて放さず拉致状態か!(笑) 涼しい顔しててもけっこうリラックス状態のペレン。
ノボショーロワもジプシーとして生きている強さを感じさせるような心に染み入るダンスでとても良かった。 あー、でも、ポリョフコ思い出しちゃったよ・・・。
後を追ってきたドン・キホーテたち。 その後はおきまりの人形芝居とドン・キホーテの錯乱です・・・。 あのでかいマラトが風車の羽につかまって数回スウィングするんだから、あの風車はかなりしっかり出来ているんだろうな・・・。
 
<2幕2場>
幕が開いてあまりに豪華メンバーが揃っているのに思わず息をのみながらも感激! 中央には森の女王のエフセーエワ。 その脇にドリアードのコシェレワ、コチュビラ、ヴィジェニナ、カミロワ。 前方にはハビブリナ、ミリツェワ、ロマチェンコワ。 ドン・キホーテだけではなく私たちにとっても夢の場だわ! 眼福。
ドリアードとコール・ドの衣装が変わったような変わらないような・・・。 ともかく美しくて幻想的。
エフセーエワ、心配していたとおりのちょっとキツイ化粧だ・・。 もう少しにこやかにとは言わないけれど、もっと柔らかな表情で踊ってくれても、この役はかまわないんじゃないんでしょうか?? 踊りも彼女らしいキレの良さがあまりなかったようで、イタリアン・フェッテもちとぬるい。 
キューピットのヤパーロワのシャープで綺麗なラインの軽快な踊りがとても良かった。 タッチキンでは主役も務めていただけあって見せ方も知っているし、テクニックも安定しているいいダンサーですね。
ドルシネアのペレンは真骨頂というところかな。 しなやかでのびやかな姫の踊りで舞台を支配している。 上手からのジュテの連続も高くふわっとしたジュテでとても綺麗だった。
しかし、なんで眠りの1幕のピンクの衣装なんだ?とその時は疑問に思ったのだけど、3幕の結婚式が今までの赤ではなく白いチュチュだったからなのかな? エフセーエワも今までと違いピンク(あれは眠りの2幕の衣装?)だったけど、翌日のシェスタコワはいつもの白っぽい衣装だったので(コレゴワはピンク)、誰がダンサーの衣装を決めるんだろう?
ペレンのヴァリは初めて見るヴァリだった。 あまり面白くない振付だったし、曲も何の曲だかわからないし、なんでいつものを使わない? あっちの振付はとても好きなんだけどな。 後で聞いたところによると、この変更は先生方の意向だそうです。 

<2幕3場>
酒場。
一番最初に走りこんできたロマチェンコワ、ほんの数分前までチュチュを着て踊っていたのに完璧にキトリの友人に戻っております。 すんごい早業にびっくりだわ~~!
キトリとバジル登場。 コルプは白いシャツに着替え、ベストも変わったかな? ペレンは・・・、黒いミディのドレスでドレスのすそが揺れるとパープルのペチコート?が見える。 でも、これって大道の踊り子の衣装じゃない?? 前回まで着ていた上が紺で下が白のティアードスカートの衣装の方がかわいいよー!! あれ、大好きだったのに・・・。 今回はちょっと大人で艶っぽい2人なので衣装も可愛い系はやめたのか? (でも、1幕の水玉・・・)
キトリのダイブ!! うーん、いいねえ!! 上手奥でピルエットをしたあと、バジルだけ見てかけよりダイナミックに飛びこむ! 2メートルは軽く飛んでいたかしらん? コルプもいとも簡単に受け止めてました。
シヴァコフ@エスパーダのソロ。 いやー、またまたかっこいい!!!
ふわっとジャンプして着地するのと同時にバシッと見得ポーズを決める。 いやー、華がある、見映えがする、でもって可愛い!! 堪能堪能!! ここに元祖黄色さんがいなかった事に感謝だわ! クリがいたらあっち追っかけこっち追っかけできっと目が回ったに違いない。
メレセデスのモストバヤのしなやかで柔らかい肢体を120%アピールしての素晴らしい踊り! 今年はコール・ドとしては周りをひっぱる役で大変だったろうけど、大活躍の年の〆(東京公演)を飾るにふさわしい晴れやかでゴージャスな踊りに大満足。 シヴァコフとの絡みも(軽くあしらわれている感がなきにしもあらずだが)とってもいい感じ。 シヴァが心から楽しそうに弾けているもの!
その間、周りもそれぞれに好き勝手に盛り上がりながらもセンターと一緒になっているというのがいかにもマールイ! コルプ@バジルはここでもキトリをがっちり引き寄せ爛々と目を輝かせておりました。
踊り終えたエスパーダにグラスを差し出し迎えるコルプ。 素敵なツーショットじゃん!と思ったのも束の間、メルセデスにモーションかけられると、エスパーダはくるっと振り返り彼女のもとへ。 「俺の酒より女かい」ってな表情で客席を向いたコルプもまたナイスフォロー!
何が何でもキトリとガマーシュを結婚させようと意気込んでやって来たロレンツォ。 そうはさせじとマントに包まり物凄い形相でナイフを抜くバジル。 剃刀つーかナイフはけっこうデカイし、コルプは恐いしで、ドン・キらしからぬやばい緊迫感(笑)。 脇の下、切りましたか???
最初は本当にビックリしておろおろしていたキトリがくさい芝居を始める。 ペレンのこの辺のコミカルな芝居もずい分板についてきて上手くなった。 で、横たわりながらもあれこれ煩いバジルにキトリが顔を近づけるたびにキス攻撃(笑)。 
キホーテに仲介を頼め!と指図するとこなんて脚使ってませんでした?
最後、みんなのお願いシーン、いつまで続くのかと思うほどアニちゃんが音を伸ばしたのはなぜ?? 知らないうちに息を止めちゃったので窒息するかと思った!(笑) 

<3幕>
ドン・キホーテとガマーシュの決闘シーンが省略されていた。 ここも騎士キホーテとしては意味があるし、コミカルで笑えるシーンだったのでなくなって残念。 ここが終わると、さぁ、幸せいっぱいの結婚式!っていう導入部分だったのにね。
ゲスト公演だったけど、きちんとエスパーダとメルセデスのボレロがあって良かった。 じゃないと3幕シヴァが見られない!(笑)
ファンダンゴのヴィジェニナとヴェンシコフは美男美女で眼福カップル。 ヴィジェニナちゃん、と~っても舞台映えして目を惹くし、こういう役はうってつけだけれど、彼女の今後の路線はどうなるのかな?

グラン・パの顔ぶれがずい分変わった気がする・・・。 細くて長身の子が揃ったなぁ・・・。
キトリとバジルのGPDD。
今回は2人とも白なのね。 ペレンの以前の赤系統の衣装も好きだったけど、やっぱり結婚式は白!かな。 ペレンのチュチュは金の刺繍入り。
2人の表情はとても和やかでアダージョでもとても優しい空気が漂っている! ペレンはコルプのテクニック的に完璧なサポートとパートナーとしての優しさを一身に受けて、バレリーナとして最高の状態で踊っているのではないかとふと思った。 これが全幕の中のGPDDの素晴らしさでもあるんだよな。 コルプにサポートされながらポアントで立ち、音楽をたっぷり使って歌うようにふわっと持ち上げられた足がとっても綺麗だったなぁ・・。 
ユニゾンがぴったりとそろわなかった部分があったりフィシュダイブが若干もたついたりしたところはあったけれど、幸福感あふれる美しいアダージョだった。
ファーストヴァリのステパノワ、しっかりした一つ一つのパとその繋がりといい何から何まで素晴らしい。 特にフィニッシュの上手奥から斜めに進んでくるピケピルエット?の連続は、音楽と一体になった流れるような動きが本当に素晴らしかった。
コルプのヴァリ、若干お疲れのような気もするけれど、しなやかな肢体で空気を切る空中でのポーズの美しさは絶品。 片脚の膝から下を細かく動かしてのジャンプも余裕があっていい。
ペレンのヴァリも歯切れ良く、初めて見たときと比べると踊りなれて色っぽさも加わってとてもいい感じ。 コーダでの32回転、シングル、シングル、ダブルでダブルの時に手を頭上にあげて扇を開くというパターン。 ちょっとぶれましたけどね。途中で2回ほどトリプル入れてなかったっけ?  見せる!という気持ちは買いましょう!(笑)
コルプのグラン・ピルエットは高速で軸もぶれず見事でした。

祝宴の素晴らしいフィナーレを見届けたドン・キホーテとサンチョ・パンサは満足げな表情でキトリとバジルをみつめ、新たな旅へと広場をあとにする。 ロレンツォに駆け寄り抱きつくキトリ、その姿をけっこう余裕なポーズと表情で眺めているのがいかにもコルプっぽい。 


というわけで、と~っても楽しい舞台でした。
その立役者の一人であるアニハーノフさんのノリノリの指揮とマールイ管の奏でる素晴らしい音楽に心から感謝致します♪
考えてみれば、この日はコルプのバジルデビューだったわけで、ペレンはマリインスキーのプリンシパルである彼にとっての最初のキトリとなったわけですね。 なんと栄誉な事かしら。

キャストはこちらです♪
この記事のURL | バレエ鑑賞記 2008年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新国「ラ・バヤデール」山本隆之さん降板のお知らせが届きました
2008/02/06(Wed)
新国立劇場から「ラ・バヤデール」出演変更者のお知らせが届きました。
5月21日(水)にソロルを踊る予定だった山本隆之さんの降板については他のブログさんで知り、新国のサイトを見に行ったところ降板の理由は「都合により」との事でした。
「都合により」って?と思われた方も怪我を心配された方も多いと思いますが、今日届いた手紙には「山本隆之は、来る5月に足の集中治療に専念する事になりました。これに伴い、ソロル役は中村誠に交代いたします」と理由が記されていました。
山本さんについては詳しくないのでよく事情がわかりませんが、最近怪我したというわけではなくて、ずっと状態が良くなかったという事なのかな?
3月27日(木)の「カルメン」には予定通り出演するそうですが、6月29日(日)に予定されている「白鳥の湖」に関しては治療の経過が順調ならば出演するという事になっているようです。
最初からHP上できちんとした事情説明をすればいいのに・・・。 「白鳥の湖」の会員郵便申し込みが5日までだったのですが、その辺、微妙ですねぇ。
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マールイ劇場 2月の公演スケジュール
2008/02/05(Tue)
マールイのダンサーたちは今日はゆっくりと休養日でしょうか?
まだ、なんとなく実感がないのですが、これからジワジワ~っとマールイ・ロスに襲われるんだろうな・・・。
今年のツアーもみんな怪我なく(多分ね!)、無事に全日程を終えて素晴らしい舞台を見せてくれた事に心から感謝しています。 いつも思うけど、この人たちって本当に凄い!

マールイ劇場のサイトにはすでに2月公演の演目とキャストが発表になっています。

2月09日 海賊       エカテリーナ・ボルチェンコ、 ピーター・ボルチェンコ
  10日 チッポリーノ    アリョーナ・サマルスカヤ、 デニス・トルマチョフ
  10日 白鳥の湖     アナスタシア・マトヴィエンコ、 ミハイル・シヴァコフ
  14日 ラ・シルフィード  アナスタシア・マトヴィエンコ、 アルテム・プハチョフ
  15日 ジゼル       エレーナ・コチュビラ、 ドミトリー・シャドルーヒン
  16日 くるみ割り人形  オクサーナ・シェスタコワ、 アンドレイ・マスロボエフ
  17日 チッポリーノ    アリョーナ・サマルスカヤ、 アレクセイ・クズネツォフ
  23日 チッポリーノ    サビーナ・ヤパーロワ、 アンドレイ・ヤフニューク
  23日 白鳥の湖     オクサーナ・シェスタコワ、 デニス・マトヴィエンコ
  24日 くるみ割り人形  アナスタシア・ロマチェンコワ、 アントン・プローム
  29日 ライモンダ     イリーナ・ペレン、 デニス・マトヴィエンコ


9日から本国での公演が始まるのですね。
その初日の「海賊」のキャストに、エカテリーナ・ボルチェンコ、ピーター・ボルチェンコという初めて見る名前が載っています。

誰なのかと思って調べてみたのですが、ベラルーシ共和国のナショナル・アカデミック・ボリショイ・バレエ・シアターというバレエ団のダンサーのようです。 
ベラルーシって、ひょっとしてコルプと何か関係あるのかしら?

エカテリーナ・ボルチェンコは1982年生まれでワガノワバレエアカデミーを卒業しています。 2003年から現在のカンパニー所属らしく、クラシックの主な作品の主役をレパートリーにしているようです。
ピーター・ボルチェンコのプロフィールも全く同じ。 1982年生まれでワガノワ卒。 2003年よりナショナル・アカデミック・ボリショイ・バレエ・シアター所属。

今回の「海賊」はゲスト出演なのか移籍なのかわかりませんが、1ヵ月半ぶりに帰ってきたバレエ団の帰国後初日公演の主役がゲストだとしたら・・・私がマールイを愛するピーテル市民ならちょっと残念に思うかも!

さて、愚痴はほどほどにして・・・(笑)、
日本公演でも大車輪の活躍だったサビーナ・ヤパーロワがご主人のアンドレイ・ヤフニュークとチッポリーノの主役に抜擢されています。 おめでとう! ラディショーシュカ役ってどういうダンスキャラなのか見たことがないので分からないけど、エフセーエワがファーストキャストを務めるくらいだから、可愛らしく快活でという具合ではないかと思うので、テクニックもしっかりしているヤパーロワちゃんにピッタリでしょうね。

アナスタシア・マトヴィエンコが、デニスではなく、シヴァコフ、プハチョフとペアを組んで踊るというのもいいですね! 確かすでにプーちゃんとラ・シルフィードを踊っていたと思うけど、ダンマガ(だったと思います)のフィリピエワのインタビューで、「デニスがミハイロフスキー劇場に移ってしまった」とあったので、彼らの本拠地は今やマールイなわけですから、アナスタシアもいろいろなダンサーと踊った方がいいですよね。
そしてデニスはシェスタコワと白鳥を踊り、ペレンとライモンダ。 どっちも見てみたいなぁ。 あ、もちろんアナスタシア+シヴァ&プハの2演目も見てみたいです。

三田の海賊に続き、へぇ・・・だったのがシェスタコワとマスロボエフのくるみ。
マスロボエフ、大柄のシェスタコワで大丈夫だろうか? 日本ツアー後半ではちょっと元気がなかったけれど、ピーテルで好きなもの食べて元気になってしっかり踊ってね! 
この記事のURL | マールイ劇場プレイビル | CM(9) | TB(0) | ▲ top
シヴァコフ、牧阿佐美バレエ団のドン・キに客演(HPアップ)
2008/02/04(Mon)
シヴァコフが6月の牧阿佐美バレエ団の「ドン・キホーテ」にバジル役でゲスト出演する事は
もうご存知の方も多いと思いますが、牧阿佐美バレエ団のHPでも正式に発表になっています。 こちら

公演日とキャストは以下の通り。

6月13日(金)18:30 吉岡まな美、ミハイル・シヴァコフ
  14日(土)15:00 青山季可、逸見智彦
  15日(日)14:30 橋本直美、森田健太郎


料金(税込・全席指定) S席10,000 A席8,000 B席6,000 C席4,000
一般前売り3月12日(水)10時


シヴァの相手役の吉岡さんは、長身のバレリーナですよね。
その辺の理由でシヴァに白羽の矢がたったのかしら? 
以前にも「白鳥の湖」の草刈さんのパートナーとして客演しているし、「眠り」客演の話もありましたしね! あのときは草刈さんが怪我をして降板したので話がぽしゃっちゃったんだよね。
私はその時、なぜか水香ちゃんとネポロジーニーの日のチケットを買ってしまったんですよ。
私なりの究極の選択だったんだけど・・・(苦笑)。
その時にリラの精を演じていたのが吉岡さんで、プロポーションの良さとたおやかな踊りが記憶に残っています。 そんな彼女のキトリはどんな感じなんだろう?
今回のマールイの公演でシヴァコフのバジルを見られないと分かった当初は相当なショックだったのだけど、客演ながらまたシヴァのバジルを見られる、夏のマールイの来日前にまた会えるというのがとても嬉しいです♪
ペレンとの時は、ヤキモチ焼きで、明るくて、ちょっと少年で、でいて包み込むような優しさを持ったバジルだったけど、今度はどんなバジルで来るのやら??
で、他のダンサーさん同様に、HPにシヴァのプロフィールを載せてやって下さいね~!
それまでは光藍社さんの公式サイトのこちらをご覧下さい(笑)

<2月5日追記>
コメント欄で教えていただきましたが、指揮者は同じくマールイのミハイル・パブージンなんですね。
昨日は全く気が付かなかった・・・。
いや、すごいな、パブちゃん! (今更・・・)
アニーのご推薦かしら??
今年のツアーではダンサーが踊りやすい素敵な演奏をしてくれましたものね!
ミハイルsで頑張ってね~!!
この記事のURL | バレエ | CM(10) | TB(0) | ▲ top
マールイ三田公演「華麗なるクラシックバレエ・ハイライト」の感想
2008/02/03(Sun)
三田市総合文化センター : 1階10列25番

<第1部>
「白鳥の湖」より 第1幕2場
エレーナ・コチュビラ、ドミトリー・ルダチェンコ、レニングラード国立バレエ
大きな白鳥:ハビブリナ、ミリツェワ、カミロワ、マディシェワ
小さな白鳥:ニコラエワ、ニキフォロワ、ラトゥースカヤ、ヤパーロワ

会場で配られていたキャスト表はコシェレワの名前になっていましたが、皆1演目ずつなので、
これは単なる間違いではないかと推測。
コチュビラはあのとろんとした目のせいでとても艶っぽいオデットです。 出からジュテしてポーズという流れが綺麗でした。
ルダチェンコのジークフリート・・・。 いやぁぁぁ、三田までやって来てルダコのジークフリートに出くわすとは思っていなかったのだけど、けっこう拾い物でした(暴言!&失礼!) 一生懸命ルダコのジークフリートを演じているのですよ! オデットと出会い、一度消えてしまったオデットを捜して縦2列になっている白鳥達の間を抜けてくる途中、3人くらいに近づいてはそれぞれオデットであるかどうかをしっかり確かめて、いずれもオデットではない事が分かるたびに悲しそうにうなだれて、その悲しそうな顔が妙にツボにはまりました。 ようやくオデットが姿を現した時、その気配を感じて俊敏に振り返った姿も良かった。 いやー、ここだけでめっちゃくちゃ感動してしまいましたよ! 最後の方でオデットを2度リフトするところは、こちらの心臓がバクバクしましたが、無難にこなしていて(コチュビラちゃん、軽いだろうしね!) 安心しました。
コチュビラのオデットは、はっとするほど綺麗なポーズもあり、踊りは安定していたけれど、まだ指先、足先まで神経が行き届いていない感じで雑な印象を受けました。 録音の音楽に合わせるのも難しいだろうけど、音を待ってしまって踊りが途切れてしまったところがあったのが残念。 彼女ならもっともっと美しいラインを描けると思うので、踊りこんでいけば素敵なオデットになると思います。
けっこう二人で踊っているのだとは思いますが、コチュビラとルダコの相性はなんだかとても良いように感じました。 愛があったもの~!
オディールのコチュビラに対するルダコも見てみたくなりました♪
大きな白鳥、やはり、ハビちゃんの上半身の動きが美しい! 小さな白鳥さんたちには、今回の白鳥公演のすべての分の大拍手をしてきました。 素晴らしい4羽です。


「海賊」より グラン・パ・ド・ドゥ
オクサーナ・シェスタコワ、アントン・プローム

まず、この組み合わせにびっくり! 考えた事もないペアでした。
プローム、出だしのジャンプは硬かったけれど、2度目以降はキレとしなやかさがあって良かったです。 たーだ目の周りの化粧がね・・・。 なんだか凄い事になっていて、メドーラにほのかな恋慕ってな感じはこれっぽっちもなく、お子ちゃまな下僕でした。 相手がシェスタコワだけに、本当に奴隷のようだったわ(笑) ほぉーっと感心したのは、シェスタコワを頭上高くリフトしながら舞台奥まで運んだところで、数秒ルルベで静止したところ。 見せてくれますね!プローム君!!
シェスタコワのメドーラは優しい感じ。 その優しい笑顔が、プロームの奴隷を「やんなっちゃうわね~、このいたずらっ子!」と言っているようにも見えて可笑しかったです♪ グランフェッテはシングルでしたが、音楽にぴったりあって軸もまったくぶれず綺麗に回転していました。 シングルで綺麗に回りとおすというフェッテはけっこう好きです。


<第2部>
「眠りの森の美女」より グラン・パ・ド・ドゥ
イリーナ・コシェレワ、アルテム・プハチョフ

大阪でのコシェレワのオーロラデビュー公演が見られなかっただけに、この日見られてとても嬉しかった!
二人とも鬘ですが、コシェレワの衣装がなぜか1幕のピンクの衣装なので鬘とちょっと合わないというかくるみのカヴァリエみたいで、粛々とした結婚式の主役という感じがやや薄れ気味かな?
コシェレワはプハチョフにサポートされたピルエットなどは軸もまっすぐで綺麗でとても良かったのですが、踊りなれていないせいかコシェレワらしい楷書的なラインが堪能できなくて残念。 
プハチョフはそんなコシェレワを盛り立てようと万全のサポートと優しい笑顔です。 踊りは彼らしくノーブルでジャンプも高く素晴らしかったですが、ザンレールの着地に少し甘さがあったのが残念。 プハチョフにはどうしてもいつでも10点満点を期待してしまう。


「くるみ割り人形」より グラン・アダージョ
アナスタシア・ロマチェンコワ、アンドレイ・マスロボエフ、
4人の王子?って・・(シャドルーヒン、ルダチェンコ、モロゾフ、?)

くるみのグラン・アダージョってこんなにいろいろヴァリがあって長かったでしたっけ? 全幕で見てるとそういう事を感じる事もなく見ていたのですが、やはりガラでここだけ持ってこられると、ここ!という見せ所がないような感じがして時間の長さだけが気になってしまいました。
キャスト表にはミリツェワの名前が発表されていたので、いつの時点での変更だったのかな?
ロマチェンコワは女らしい雰囲気とともに、この頃は気品が感じられてとても素敵なバレリーナになったと思います。 踊りもそつがなく、しっかりしていて安心してみていられる。 細かいパもとても綺麗! 
マスロボエフは今シーズンはあまり調子が良くないのかもしれないけれど、なんとなくお疲れモードなのがドン・キあたりから気になります。 後は、もう少し頑張ってテクニックを磨いて欲しいなと思う。 
4人のカヴァリエはシャドルーヒン、ルダチェンコ、モロゾフともう一人がわかりません。 背格好は他の3人と同じで、けっこう精悍な顔立ちでした。 彼がアレクサンドル・オマールかしら?? シャドルーヒンが出てきた時には、ありゃ??次どうすんの?と思いましたが、多分翌日の主演に備えたのでしょうね。


「ファウスト」より ワルプルギスの夜
エレーナ・エフセーエワ、イーゴリ・フィリモーノフ、マラト・シェミウノフ
男女のペア(アレクサンドラ・ラトスカヤではないかと? 男性わからず・・とても上手かったのに)

いや~~~、もうすっばらしい! 本日の白眉でございました。
最初に黒ベースに赤の衣装の男女二人が登場して??と思いましたが、昨年、一昨年と夏に見せてくれたバージョンよりもロングバージョンで、悪魔達の祭典ぶりがさらにさらにパワーアップ。 
この男女二人については誰なのかわからずとても残念。 女性は最初はサビーナかと思ったけれど、サラ・ジェシカ度が足らず(似てますよね!)、アレクサンドラ・ラトゥースカヤではないかと。 彼女がこれだけ踊れるダンサーだったというのも嬉しい発見です。 で、全く見当がつかない男性ダンサーの踊りがとても上手い。 アレグロな音楽に乗ってぴたりぴたりと面白いように決めていきます。 誰なの~~~? ドン・キのジプシーのアルジャエフ?
1月中旬の白鳥あたりからイマイチ調子が良くないようで心配だったエフセーエワがもう全開!! 小悪魔入った表情も楽しそうでとてもいいし、身体能力の高さを惜しみなく見せつけてくれるこの役はまさに彼女のためにあるようなものです。 空中でも床の上でも飛びまくり、回りまくりのアクロバティックな技を次から次へと決めまくり! 
フィリモーノフとマラトとのパートナーシップも抜群で、彼ら二人の踊りと芝居もとてもいい。 シャドルーヒンの、悪魔なんだけどどこか人が良さそうで品があってというのも捨てがたい味わいがありますが、マラトの場合は悪魔度アップで濃度もアップ。 彼の長身のおかげで空中の空間が広がってダイナミックさも一段とアップされますね!
絶対、このバージョンでまた夏も見せて下さいね~。 一回これ見ちゃったら、もう3人バージョンじゃ満足できないもの!
あっ、でもね、フィリモーノフの人間階段がなくなっちゃったのはつまんないなー(笑) 本人はこの方がいいだろうけど!


「ドン・キホーテ」より グラン・パ・ド・ドゥ
イリーナ・ペレン、ミハイル・シヴァコフ
ヴァリエーション : オリガ・ステパノワ、タチアナ・ミリツェワ

ようやく私のベストカップルであるペレンとシヴァコフの踊りを見る事ができました。
一昨年のあの素晴らしかった西宮のドン・キ再び!と意気込んでいたのですが、残念ながらそうはいかず・・・。
アダージョはどうしたの?というくらい息が合っていなかった。 というか、シヴァコフがかなりお疲れのようで(そりゃそうですよ! 25日のエスパーダのあと、27日、31日と民代さんと白鳥の主演をしていますから)、意識が散漫に感じられました。
厳しい事は言いたくないけれど、トリを務める二人なんだから、もうちょっと頑張って欲しかったです。
ペレンは、目を強調した化粧のせいなのかな? かなり色っぽく見えますね(笑) それでいてちょっと気の強い(つーか、気のなさそうなバジルにカツ入れてた?)すました感じのキトリ。
アダージョでシヴァコフのサポートを受けたピルエットはもっと高速で回転数も多く回って欲しかった。 多少軸が曲がってもいいからもっとスカッとやってくれないとダメです!
シヴァコフは片手リフトが本当に素晴らしかった。 ペレンも空中でしっかりポーズを決めているし、シヴァは微動だにしない。 音楽が録音でなければ、リフトしたままの状態を余裕で長く保てたはずなのでそこがとても悔しいわ! 
録音といえば、ドン・キの録音は昨年のルジすべと夏の親子祭りと今回の3回立て続けに聞いたわけですが、全部違う録音なんですよね! ルジガラは最初から最後までおっそろしいほどスローだったけれど、今回はコーダがゆっくりめ。 キトリのヴァリはアレンジが強くてちょっと好みじゃなかった。 夏祭りの時が一番普通だったな!
ヴァリエーションはシヴァコフもペレンも良かったです。 シヴァはちょっと体が重かったけれど正確に綺麗に踊っていた。 ペレンもここのヴァリがとてもこなれて雰囲気を良く出せるようにくなったと思う。 
ファーストヴァリのステパノワが全幕に続いて素晴らしい踊りでブラボー! 今シーズンの彼女はほんとに凄い! 彼女も明日の主演に備えてのここだけの出演だったと思います。
コーダは前述の通り音楽が遅め、グランフェッテは最後ぴたりと決まらなかったけれど、ある意味あの遅さでよく回ったなと思います。 グラン・パの女の子たちも再登場したところでシヴァのグラン・ピルエット。 軸もしっかりしていて綺麗なピルエットでした。 ペレンの上手奥からの回転の連続もここはスピードがあったけど、ずいぶん大きなスタンスで少し飛んでましたね(笑) 最後は気持ちよくフィニッシュ!


カーテンコールは白鳥のコール・ドも含め出演者全員が参加! ペレンとシヴァコフがみんなを迎えるわけですが、ここでもシヴァがちょっとお疲れ気味でホストの役目を忘れていた?(笑) 3日の白鳥がちょっと心配になった私でした。 どうか怪我なく無事に踊り終えてくれますように! 
次から次に登場してくるダンサーは皆笑顔で、充実感に溢れていたように思います。 
小さい子供たちがバレリーナに渡す花束を持って出てきて、会場の雰囲気は一層和やかに! でも、一人間違えて渡しちゃった子がいてシェスタコワへの花束がなくて・・・。 みんなであれあれ?と慌てているときにもにこにこ笑顔だったシェスタコワ、可愛かったです!
最後は舞台上のダンサーがバイバーイと手を振ってくれてフィナーレでした。
この記事のURL | バレエ鑑賞記 2008年 | CM(4) | TB(1) | ▲ top
マールイ「白鳥の湖」 和歌山公演、大阪公演速報!!
2008/02/03(Sun)
関西に遠征中のうみーしゃさんより昨日と本日の公演の速報が入りました。 ありがとうございます!! 本当に大感謝!
マールイファンの方々といち早くシェアしたいので、ご紹介!


2月2日 「白鳥の湖」和歌山公演キャスト

オデット&オディール: オリガ・ステパノワ
ジークフリート: ドミトリー・シャドルーヒン
ロットバルト: ウラジーミル・ツァル
パ・ド・トロワ: ロマチェンコワ、ヤパーロワ、ヤフニューク
スペイン白: アレクセイ・マラーホフ、エレーナ・モストヴァーヤ
ナポリ: アリョーナ・サマーロワ
ハンガリー: エレーナ・フィルソワ 

ステパノワのオデットとシャドルーヒンの王子には愛があってとても素敵だったそうです。 ツァルのロットバルトも素晴らしい出来で、スペインの白組にいたっては最高~~との事!
 

2月3日 「白鳥の湖」大阪公演キャスト

オデット&オディール: 草刈民代
ジークフリート: ミハイル・シヴァコフ
ロットバルト: ミハイル・ヴェンシコフ
パ・ド・トロワ: ペレン、ステパノワ、ルダチェンコ
大きい白鳥: ハビブリナ、ミリツェワ、コチュビラ、マディショワ
スペイン男性: ニキータ・クリギン、アントン・チェスノコフ
ナポリ: エレーナ・フィルソワ
ハンガリー: マリア・リヒテル
指揮: アンドレイ・アニハーノフ

ルダコも今日はとても良かったそうで、一安心!
民代さんはこの年代の女性でしか出せないような深い思慕の情と女王のような気高さでシヴァコフのジークフリートとの間に愛もあって良い雰囲気との事。
シヴァコフ、今日は踊りも演技も絶好調のようで、民代さんの白鳥全幕引退公演に相応しい愛情たっぷりのパートナーぶりだそうです。 成長したなーと感慨も一入だわ! 見に行かなくて本当にごめん!!
アニちゃんの音楽が素晴らしいそうです。 くぅぅぅぅ、羨ましい!
この記事のURL | バレエ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
三田遠征より戻りました♪
2008/02/02(Sat)
昨夜は三田公演のあと大阪に1泊し、大阪在住の友人とランチをして帰ってきました!
充実の関西遠征でした♪

さて、三田市総合文化センター(郷の音ホール)は本当に立派で木の温もりが感じられる私の
好きなタイプのホール綺麗なホールでした。 ホールに入る前になんとなく撮った外観写真。


すでにM.Nさんが速報をコメント欄に入れてくださっていますので(ありがとうございます。 嬉しいです~♪)、私の詳しい報告は明日という事で・・・・お許しを!

演目とキャストだけアップします。
「白鳥の湖」は公演チラシにははっきりと2幕舞踏会と説明されていたので、バレエ団の都合で変更したのではないかと思います。 行くまでは、男の子たちもたくさん見られるしそっちの方がいい!と思っていたのですが、出ずっぱりのコール・ドたちに少しでも休んでもらうのも大切な事だったかもしれません。
というのも、疲れているなぁと思うダンサーが多かったように思うので・・・・。 東京を発ってからはバスでの移動が多いので大変ですしね。

<第1部>
「白鳥の湖」より 第1幕2場
エレーナ・コチュビラ、ドミトリー・ルダチェンコ、レニングラード国立バレエ

「海賊」より グラン・パ・ド・ドゥ
オクサーナ・シェスタコワ、アントン・プローム


<第2部>
「眠りの森の美女」より グラン・パ・ド・ドゥ
イリーナ・コシェレワ、アルテム・プハチョフ

「くるみ割り人形」より グラン・アダージョ
アナスタシア・ロマチェンコワ、アンドレイ・マスロボエフ、
4人の王子?って・・(シャドルーヒン、ルダチェンコ、モロゾフ、わかりません)

「ファウスト」より ワルプルギスの夜
エレーナ・エフセーエワ、イーゴリ・フィリモーノフ、マラト・シェミウノフ
男女のペア(アレクサンドラ・ラトスカヤではないかと? 男性わからず・・とても上手かったのに)

「ドン・キホーテ」より グラン・パ・ド・ドゥ
イリーナ・ペレン、ミハイル・シヴァコフ
ヴァリエーション:オリガ・ステパノワ、タチアナ・ミリツェワ

カーテン・コールでは、白鳥のコール・ド(18人体制)やドン・キのグラン・パ、ヴァリを務めたダンサーも、多分この日の公演に出演したすべてのダンサーが揃ったと思います。 いきな計らいですね! すべてのダンサーに心からの拍手を送ってきました。

では、これから罪滅ぼしで(笑)、家人と「エリザベス」を見るので(続編を見に行く前にちゃんと見ておかないと!)、感想は明日。
ブログのコメント、メールのお返事が遅くなっておりましてすみません。
この記事のURL | バレエ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |